イメージの展開を簡素化する安定したプラットフォーム

企業全体で標準化されたシステムおよびオペレーティング・システム (OS) イメージを使用することで時間を節約できます。

イメージの展開を使用すると、IT による保有 PC およびデバイスの管理が簡単になります。インテル® vPro® プラットフォームの安定性とリモート管理機能が、企業のイメージの効率的な管理と展開にどのように役立つかご覧ください。123

イメージの展開とは

何百、何千台もの PC やデバイスの購入は、重要な投資です。結局、従業員が生産的に働けるようにするのはビジネス PC です。その投資を保護するには、エンタープライズ OS 構成を考慮に入れた PC ライフサイクル管理戦略が必要になります。

デバイスは種類ごとに使い方が異なります。したがって、各タイプのデバイスとユースケースに合わせて、特定の方法で OS、アプリケーション、システムのその他部分を構成する必要があります。システムと OS イメージの展開は、各タイプのデバイスとユーザーに合わせてプロファイルで、保有コンピューターのセットアップと管理を迅速に行える効率的な手法です。これらのプロファイルまたはイメージは、会社全体で標準化されます。

イメージの標準化の主なメリットは、時間の節約です。1 つのイメージをテストして、すべてのアプリケーションが動くことを検証するには、長い時間とかなりの IT の専門知識が必要になります。IT チームが標準化されたイメージを展開できるのであれば、沢山のイメージを再検証するのにかかる時間を節約できます。IT の日常的な保守が簡単になり、各従業員が必要とするソフトウェアとツールを提供することでユーザー体験を強化できます。

もう 1 つのメリットは、生産性の向上です。イメージングを利用すると、デバイス短時間で動かせるようになるため、ダウンタイムも削減できます。さらに、IT は特定のユーザーに必要なソフトウェアのみをインストールできます。

イメージの展開は通常、次のステップで行われます。

  • 1 台のコンピューターで、OS、アプリケーション、ドライバー、設定をカスタマイズして検証します。このプロセスは約 90 日間かかります。一度完成すれば、PC 1 台ごとにこれらを再検証する必要がなくなるため、長期的にははるかに多くの時間を節約できます。
  • 一度システムまたは OS のイメージの検証が完了すれば、正しいイメージを対応するコンピューターおよびデバイスに展開できます。これにより、OS 展開のプロセスを劇的に合理化できます。

保有 PC 全体にわたってイメージの一貫性を保つことで、新しいアプリケーションの追加や更新プログラムの実行が迅速に行え、同時にトラブルが発生するリスクを緩和できます。これは OS が一貫しているため、各マシンでソフトウェアを想定どおりに実行させられることと、セキュリティー手段が正しく実施されているためです。

システムと OS イメージの展開は、各タイプのデバイスとユーザーに合わせてプロファイルで、保有コンピューターのセットアップと管理を迅速に行える効率的な手法です。

イメージ展開のメリット

イメージングを利用すると、IT チームは仕事の中心を基本的な管理の雑用から、もっと注意が必要な戦略的な活動に移すことができます。

  • 迅速で楽なコンピューターのセットアップ。新しいコンピューターは、イメージに含まれる同一の構成を使用して、セットアップを完了できます。IT は、支給する新しいマシン 1 台 1 台に、さまざまなソフトウェアやアプリケーションをインストールする必要がなくなります。
  • 時間と労力の節約。一度に 1 台ずつイメージをインストールするのではなく、単一のイメージを数千台のマシンに一度に展開できれば、時間を節約し、重要なアプリケーションと設定を確実に構成できます。管理者は短時間でデバイスをセットアップできるため、余った時間をもっと価値の高い仕事に割り当てることができます。
  • PC の標準化の達成。組織のコンピューターをデバイスおよびユーザー・プロファイルに従って標準化することが確立されれば、管理およびメンテナンス作業は容易になります。
  • 24 時間 365 日のグローバルサポート。すべてのデバイスが最新の OS で構成されていれば、IT は、Microsoft その他の OS ベンダーの更新プログラムや追加サポートを利用できるようになります。ベンダーを問わず最新の OS に移行していない企業には、そのようなサポートを失うリスクがあります。また、ソフトウェアの機能性が犠牲になる可能性もあります。例えば、ユーザー体験、セキュリティー、効果、生産性などです。3

インテル® vPro® プラットフォーム

インテル® vPro® プラットフォームは、幅広いハードウェア・ベースの機能を備えた、ビジネス向けの PC プラットフォームです。インテル® vPro® プラットフォームは、統合された検証済みの単一ソリューションによる最新プラットフォーム・テクノロジーを提供し、IT チームと従業員に、ビジネスクラスのデバイスに相応しい安定性と信頼性を確保します。

インテル® vPro® プラットフォームは、予測可能な移行を実現することで、PC ライフサイクル管理を簡単にします。インテル® vPro® プラットフォームの一部であるインテル® ステーブル IT プラットフォーム・プログラム (インテル® SIPP) は、購入サイクル全体を通して、最短でも 15 カ月または次世代のリリースまで、ハードウェアの変更を不要とすることを目指した広範な検証プログラムです。更新回数が減るということは、ユーザーにとっても苦労や中断が減るということです。その結果、全体的な体験、特にイメージの展開と維持がシームレスになります。

インテルはデバイスメーカーと協力して、12 カ月以上の間、製品サポート付きで、企業が世界中で同じ PC SKU を購入できるようにしています。さらに、インテル® vPro® プラットフォームのアーキテクトは、デバイスメーカーとの緊密な連携により、インテルが提供するビジネスレベルのコンポーネントすべてに対し、厳格なテストを実施しています。コンポーネントには、プロセッサー、グラフィックス、チップセット、ネットワーキングが含まれます。IT に対する全体的な負担が減ります。

さらにインテルは、プラットフォームのあらゆる世代で複数バージョンの Windows 10 を検証しているため、企業が Windows 10 のアップグレードをより良く管理し、OS リリースが何であれ、Microsoft の延長サポートを活用できるようになります。

イメージ展開に対応するためのリモート管理

インテル® vPro® プラットフォームの一部であるインテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー (インテル® AMT) は、パワフルなリモート管理機能を提供します。IT 管理者は、イメージや更新プログラムをリモートでデバイスに展開できるため、出張サービスやダウンタイムに関連する時間を節約し、コストを削減できます。5 インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジーも OS 移行の簡素化します。管理者は、リモートでシステムの電源を入れたり、更新したりできます。これにより、会社全体で Windows 10 に移行する道筋が楽になります。

インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジーでは、夜間に更新プログラムがインストールされるため、ユーザーは勤務時間中に仕事を中断せずに済みます。同様に、ドライバーの更新も勤務時間外に行われます。会社全体でユーザー体験が一貫し、常に最新のソフトウェアをスムーズに実行し、その性能を完全に発揮できるようになります。

インテル® vPro® プラットフォームが実現する安定性と PC ライフサイクルの管理

すぐに導入可能な安定性に優れたビジネス向け インテル® vPro® プラットフォームにより、IT 部門は PC ライフサイクルを管理できるようになります。インテル® vPro® プラットフォームは、統合された検証済みの単一ソリューションによる最新プラットフォーム・テクノロジーを提供し、IT チームと従業員に、ビジネスクラスのデバイスに相応しい安定性と信頼性を確保します。こうしたデバイスは、数千にも及ぶテストとフィードバックの繰り返しによる、業界でも最高レベルの厳しい検証プロセスを通過し、ビジネスに適した構成であることが保証されています。

免責事項

1

性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、https://www.intel.co.jp/benchmarks/ (英語) を参照してください。

2パフォーマンス実績は構成情報に記載された日に実施したテストに基づくものであり、公開中のアップデートがすべて適用されているとは限りません。構成の詳細については、バックアップを参照してください。インテルは、サードパーティーのデータについて管理や監査を行っていません。正確さを評価するには、他のソースを参照する必要があります。結果は推定 / シミュレートされています。
3

インテル® テクノロジーを使用するには、対応するハードウェア、ソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。絶対的なセキュリティーを提供できる製品やコンポーネントはありません。コストと結果は状況によって変わります。

4インテルの委託で Forrester Consulting が実施した調査、「The Total Economic Impact™ of the インテル® vPro® Platform」(2018年12月) に基づく。それぞれの組織における節約は、インテル® vPro® プラットフォームに切り替える前の組織の規模、セキュリティー、管理機能、生産性のベースラインなど、さまざまな要因に応じて異なります。組織が得られるメリットを判断する場合には、その他の資料や貴社に関する具体的な情報をご確認ください。http://www.intel.co.jp/vProPlatformTEI/ で導入事例をご覧ください。
5インテルの委託で Forrester Consulting が実施した調査、「The Total Economic Impact™ of the インテル® vPro® Platform」(2018年12月) に基づく。それぞれの組織における節約は、インテル® vPro® プラットフォームに切り替える前の組織の規模、セキュリティー、管理機能、生産性のベースラインなど、さまざまな要因に応じて異なります。組織が得られるメリットを判断する場合には、その他の資料や貴社に関する具体的な情報をご確認ください。http://www.intel.co.jp/vProPlatformTEI/ で導入事例をご覧ください。