生産的なチーム向けのビジネス用デスクトップ PC

適切なデスクトップ PC を選択して、各従業員の生産性、創造性、そして達成感をさらに向上させましょう。

従業員のニーズに最適なビジネス向けデスクトップ PC を探す方法 - タワー型 PC、小型フォームファクター PC、一体型 PC (AIO) 、ワークステーションなどをご覧ください。各フォームファクターのメリットを比較して、プロセッサー (CPU) 、ストレージ、メモリー、グラフィックス、ディスプレイがどのように選択に影響するかを学びます。ビジネス向けデスクトップは、インテル® vPro® プラットフォーム上で動作する PC を選択しましょう。

ビジネス向けデスクトップ PC の選択

作業環境においてさまざまな役割がある場合、従業員ごとに適切なビジネス向けデスクトップ PC を選択することは複雑に思えるかもしれません。従業員のニーズを判断し、適切な技術仕様や仕事に最適なフォームファクターと一致させる必要があります。

もう 1 つの決定要因は、ビジネス向けデスクトップ PC に搭載される基本的なテクノロジー・プラットフォームです。これにより、パフォーマンスとセキュリティー、PC の管理能力に対する影響が変わることもあります。例えば、インテル® vPro® プラットフォームで動作するビジネス用 PC は従業員の生産性向上のために設計されています。ハードウェア強化型のセキュリティー機能を内蔵しており、IT チームによる管理を簡素化します。

OEM が提供するさまざまな構成により、ビジネス向けデスクトップ PC をカスタマイズし、あらゆる人のニーズに的確にお応えします。

コンポーネントに関して考慮すべき事項

検索を開始する際は以下のコンポーネントについて考慮してください。

プロセッサー (CPU)
プロセッサー、つまり中央処理ユニット (CPU) は、ビジネス向けデスクトップ PC の頭脳です。プロセッサーが強力になればなるほど、より高速に命令を受信し、計算を実行し、プロジェクトを完了できます。最新のインテル® Core™ vPro® プロセッサーは、従業員がマルチタスク、ビデオ会議、あるいは大規模なスプレッドシートでの作業などを行う際に優れたパフォーマンスを発揮します。

メモリーとストレージ
PC のランダム・アクセス・メモリー (RAM) には、CPU がほぼ即座に呼び出せるデータが格納されています。コンピューターをオフにしたとき、RAM からデータが消去されます。ほとんどのデスクトップ PC には 8 GB の RAM が搭載されていますが、アプリケーションが必要とする場合は 16 GB のシステムを購入したり、メモリーを追加したりすることができます。新しいタイプのメモリー・テクノロジーであるインテル® Optane™ メモリーは、アプリケーションの起動時の反応速度を高めて標準的な RAM を補完し、インテル® Core™ プロセッサーを搭載した PC のコンピューティング体験を高速化します。

ストレージはデスクトップ PC のデータバンクであり、オペレーティング・システムおよびすべてのプログラムとファイルを保持しています。PC の電源を切ってもデータは残ります。ハードディスク・ドライブ (HDD) は密度が高くて比較的安価であり、ソリッドステート・ドライブ (SSD) ははるかに高速で、プライマリードライブとして現在好まれているソリューションです。インテル® Optane™ SSD を含むインテル® ソリッドステート・ドライブは、極度の安定性と電力効率で高性能を実現します。一部のデスクトップ PC のユーザーは、SSD にプライマリー OS を、HDD でローカルストレージを拡張して両方使用する構成を選択しています。

グラフィックス
ディスプレイの画像を作成するために、グラフィックス・プロセシング・ユニット (GPU) が複雑な計算を実行します。GPU には統合型 (CPU と一緒に統合) とディスクリート型 (グラフィックス・カードに搭載された別のチップ) があります。多くのデスクトップ PC はグラフィックス・カードを採用することで、ハイエンド・ビジュアル・アプリケーションでパフォーマンスを提供します。ワークステーションでは特に上位性能のグラフィックスが必要であり、強力な計算を実行して複雑な画像を表示します。

接続性
イーサネットは依然として、ビジネス向けデスクトップ PC で最も高い性能を持つ接続性オプションです。しかし、イーサネット・ケーブルは必要な場所で必ず利用できるわけではありません。そこで新しい Wi-Fi 規格が活躍します。Wi-Fi 6 は多くのデバイスが接続する場所で良質のワイヤレス接続を確保します。

インテル® Wi-Fi6 対応 PC は、特に高密度環境で、高速ワイヤレス速度、応答性の高いパフォーマンス、強化されたセキュリティーと信頼性を提供します。最新のインテル® vPro® プラットフォームで動作するビジネス向けデスクトップ PC は、インテル® Wi-Fi 6 の機能をチップセットに統合しています。

ビジネス向けデスクトップ PC にはモニターやその他の周辺機器に接続するためのさまざまなポートがあります。これには USB-C、HDMI および Thunderbolt™ 3 のポートも含まれます。

消費電力
ビジネス向けデスクトップ PC の消費電力は、CPU、ビデオカード、ストレージドライブなどのコンポ―ネントの種類と、どのように使用するかによって異なります。ビジネス向けデスクトップ PC のパワー・エンベロープが増加するにつれて、パフォーマンスが向上することになります。

デスクトップ PC 向けインテル® プロセッサーは 3 つの電源レンジ (35 ワット、65 ワット、95+ ワット) で提供され、さまざまなフォームファクターを可能にします。下位レンジには消費電力の低い一体型 (AIO) と小型フォームファクター PC があります。中間レンジにはワークステーションを除くほとんどのフォームファクターがあります。ハイエンドにはトップレベルの性能が高いタワー型やワークステーションがあります。消費電力がビジネスの重要な要因である場合、必要なパフォーマンスに対してバランスを調整をします。

最新のインテル® Core™ vPro® プロセッサーは、従業員がマルチタスク、ビデオ会議、あるいは大規模なスプレッドシートでの作業などを行う際に優れたパフォーマンスを発揮します。

インテル® vPro® プラットフォーム

インテル® vPro® プラットフォーム上で動作するデスクトップ PC はビジネスクラスのパフォーマンスハードウェア強化型のセキュリティー機能リモート管理機能プラットフォームの安定性を提供します。このようなビジネス用 PC は従業員の生産性向上のために設計されており、IT チームによる管理を簡素化します。

インテル® vPro® プラットフォームは、企業のファイアウォールの内外を問わず PC に信頼できる基盤を提供しています。インテル® ハードウェア・シールドはオペレーティング・システムより前の部分の保護を強化し、高度な脅威検出機能でサイバー攻撃に対する防御を支えます。

ビジネス向けのデスクトップ PC は数年間、昼間を問わず毎日動作させる必要があります。予期しないダウンタイムはビジネスの機会と生産性の損失を意味します。インテル vPro® プラットフォームは、インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジーを介してリモート管理機能を提供し、IT により、労働者のサポートを容易にします。ビジネス向けデスクトップ PC の電源がオフであったり、オペレーティング・システムが無反応な場合でも、システム管理と修理については改善を期待できます。

ビジネス向けデスクトップ PC の種類

ビジネス向けデスクトップ PC の多くのフォームファクターにより、サイズ、形状、パフォーマンスでさまざまな選択肢があります。その範囲は従来のタワー型や小型フォームファクター PC から、洗練された一体型 (AIO) やコマンド型のワークステーションにまでおよびます。デスクトップ PC は一般に定置型で固定も可能であるため、ほとんどのフォームファクターは追加の物理的なセキュリティーも提供しています。

タワー型

タワー型は CPU、RAM、ストレージを最適化するためにスロットを使用しており、あらゆるフォームファクターについて最高の構成を提供します。コールセンター、ナース・ステーション、小売店など、PCを共有する場所に最適です。

デスクトップ PC をみる

小型フォームファクター PC

小型フォームファクターは狭いスペースに設置でき、高いパフォーマンスを提供します。デジタル・ディスプレイの背面や会議室のテーブルの下に設置すれば、フルサイズの PC のパフォーマンスを実現できます。あるいは、オフィスに設置して、最小限で場所を有効活用したワークスペースを創出できます。

ミニ PC をみる

インテル® NUC ミニ PC をみる

一体型 (AIO)

一体型 (AIO) はコンピューター、タッチスクリーン、マイク、スピーカー、I/O ポートを全て統合し、スタイリッシュで洗練されたシステムにします。オールインワン (AIO) 型は通常、キーボードやヘッドセットなどの周辺機器に簡単に接続できるように Bluetooth をサポートしています。音声コントロールや内蔵カメラなどの機能により、生産性を最大限に高めることができます。

一体型 (AIO) をみる

ワークステーション

ワークステーションには負荷の高いグラフィックやコンピューティングなどのタスクをこなすためのパフォーマンスが詰まっています。データ分析、3D デザイン、ビデオ制作やオーディオ制作、アニメーション、レンダリングなどが含まれます。

ワークステーションをみる

免責事項

1

MobileMark* 2018 は、ベンチマーク・コンソーシアムの Business Applications Performance Corporation (BAPCo) により公開されています。 MobileMark* テストは、実際のシナリオを使用して Windows* パフォーマンスの条件を満たしたバッテリー持続時間 (生産性、創造性、ウェブ・ブラウジング) をテストしています。 このシナリオで使用されたメインストリーム・アプリケーションには、Microsoft* Office、Adobe* Creative Cloud*、Google Chrome* があります。 各シナリオでは、個々のパフォーマンス条件の評価、バッテリー持続時間の評価を測定しています。 アイドル時間はバッテリーの反復時速時間に含まれます。 Windows* の場合、MobileMark* 2018 は Win64 に対応しています。

2

性能の測定結果は 2020年3月時点のテストに基づいており、公開されているすべてのセキュリティー・アップデートが適用されていない場合があります。詳細については、公開されている構成情報を参照してください。絶対的なセキュリティーを提供できる製品はありません。その他の社名、製品名などは、一般に各社の表示、商標または登録商標です。パフォーマンスおよびベンチマーク結果の詳細については、http://www.intel.co.jp/benchmarks (英語) を参照してください。

構成: インテル® Core™ i5-10600 vPro® (6コア / 12 スレッド、最大 4.8Ghz) Lenovo* ThinkCentre* M80s-1 で測定、BIOS: M2TKT26A、グラフィックス: ATI Radeon* 520 (ドライバー: 23.20.13032.2006)、メモリー: 2x8GB DRAM 2666Mhz、ストレージ: Samsung* PM981 256GB SSD、ディスプレイ: 1920x1080、OS: Windows* 10 Pro 1909 v535。

AMD Ryzen* 5 PRO 3600 (6 コア /12 スレッド、最大 4.2Ghz) Lenovo* ThinkCentre* M75s-1 で測定、BIOS: M2CKT36A、グラフィックス: ATI Radeon* 520 (ドライバー: 23.20.13032.2006)、メモリー: 2x8GB DRAM 2666Mhz、ストレージ: Samsung* PM981 256GB SSD、ディスプレイ: 1920x1080、OS: Windows* 10 Pro 1909 v535。

3

性能の測定結果は 2020年3月時点のテストに基づいており、公開されているすべてのセキュリティー・アップデートが適用されていない場合があります。詳細については、公開されている構成情報を参照してください。絶対的なセキュリティーを提供できる製品はありません。性能は、使用状況、構成、その他の要因によって異なります。詳細については、www.Intel.com/PerformanceIndex を参照してください。

4

パフォーマンスの測定結果は 2020年5月4日時点のテストに基づいており、現在公開中のすべてのセキュリティー・アップデートが適用されているとは限りません。詳細については、公開されている構成情報を参照してください。絶対的なセキュリティーを提供できる製品はありません。 性能は、使用状況、構成、その他の要因によって異なります。詳細については、www.Intel.com/PerformanceIndex を参照してください。

5

プリプロダクション第 10 世代インテル® Core™i7-10700 プロセッサーと、第 6 世代インテル® Core™ i7-6700 プロセッサーにおいてMS PowerBI*のワークロードで比較測定。以下の構成のプラットフォームで測定:第 10 世代インテル® Core™i7-10700プロセッサー (CML-S) PL1=65W TDP、8 コア 16 スレッド、最大 4.80GHz のターボ周波数、マザーボード: プリプロダクション ASUS ROG Maximus XII フォーミュラ、メモリー: 32GB DDR4-2933 DDR4 SDRAM、ストレージ: インテル® SSD 905P シリーズ 960GB、ディスプレイ解像度: 1920x1080、OS: Microsoft Windows* 10 Pro 1909 V720 19H2 (RS6)。SYSmark* 2014 以外のすべてのベンチマークでの電力ポリシーを AC / HighPerf モードに設定。SYSmark* 2014 のパフォーマンスは AC / BAPCo モードで測定。すべてのベンチマークを管理者モード、タンパープロテクション無効 / Defender 無効で実行。グラフィックス・カード: NVIDIA RTX 2080Ti、グラフィックス・ドライバー: 442.59、BIOS バージョン 403、温度: すべてのパフォーマンス測定で 空冷ヒートシンクを使用、比較プロセッサー: 第 6 世代インテル® Core™ i7-6700 プロセッサー (SKL-S) PL1=65W TDP、 4 コア 8 スレッド、ターボ時最大 4GHz 、マザーボード: 製品 Asus Prime* Z170M-Plus、メモリー: 32 GB DDR4-2133 DDR4 SDRAM、ストレージ: インテル® SSD 905P シリーズ 960GB、ディスプレイ解像度: 1920x1080、OS: Microsoft Windows* 10 Pro 1909 V720 19H2 (RS6)。SYSmark* 2014 以外のすべてのベンチマークでの電力ポリシーを AC / HighPerf モードに設定。SYSmark* 2014 のパフォーマンスは AC / BAPCo モードで測定。すべてのベンチマークは、管理者モードで、改ざん保護および Windows Defender を無効にして実施されました。グラフィックス・カード: NVIDIA RTX 2080Ti、グラフィックス・ドライバー: 442.59、BIOS バージョン 3805、温度: すべてのパフォーマンス測定で 空冷式ヒートシンクを使用。