インテル® Xeon® プロセッサー・ファミリーによる大規模分析

インテルと SAS はエンジニアリング面で緊密に連携して 20 年以上になりますが、両社 CIO の最優先事項はその歴史を通じて変わっていません。それは、可能な限り迅速に未加工データからビジネス上の洞察を引き出す、ということです。データから素早く洞察を得る必要性がこれまでになく高まる中、ソフトウェアとハードウェアを最新化して大規模分析を実現できるインフラストラクチャーを構築することが、組織にとって重要事項になっています。そのことを踏まえ、SAS はインテル® Xeon® プロセッサー・ファミリーの各世代で実行される新リリースの分析ソフトウェアをすべて最適化し、最速で洞察を提供しています。SAS は、数年前には分析結果の提供に数日または数時間かかっていましたが、現在では数分、ときには数秒で結果を提供しています。このような高速化を達成するために、SAS の分析はインテル® ...アーキテクチャーを基盤とするサーバー、ストレージ、ネットワーキングの大規模なシステムのメリットを活用するように設計されています。インテル® Xeon® プロセッサー E7 v3 ファミリーで利用できる大容量のメモリープールとプロセッサー・コアを使用して簡単に拡張できるのと同様に、SAS はインテル® Xeon® プロセッサー E5 ファミリーを使用してビッグデータの保存と処理ができるように設計された Hadoop* ノードのクラスターを使用してスケールアウトすることもできます。農業から金融サービスまで、あらゆる産業における企業の CIO がこの柔軟な分析アプローチのメリットを実感しています。インテルは、世界最大の分析企業である SAS がインテル® アーキテクチャーでより迅速に洞察を提供できるよう支援しています。