農作物生産の最適化を支援するインテルによる AI

重要なポイント

  • 人類は 2050 年までに食料を 50% 増産する必要性に迫られている1

  • AI は、限られたリソースを持続的に利用しつつ、耕作地からの収穫増を目指す農家を支援する

  • ある農家は、AI の利用により、予期しなかった畑の一区画に生息するバッタの大群を発見したことで、トウモロコシの被害を防ぐことができた

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT

人工知能 (AI) は、世界の農業がより少ないリソースでより多くの食料を生産しなければならないこれからの時代、第 2 の緑の革命を推進する可能性を秘めています。

ロボットレンズは、トマトの苗の黄色い花に自動的にズームインします。そして、その画像を人工知能アルゴリズムに流し込むと、花がトマトとして結実し、収穫、パッキング、スーパーの野菜棚に並ぶまでにどれくらいかかるかを正確に予測できます。

このテクノロジーは、オンタリオとオハイオ間の 185 エーカーの土地で野菜を育成している創業 20 年の企業、Nature Fresh によって開発、研究されています。将来的にどれくらいのトマトを販売できるかを正確に知ることは、セールスチームの仕事を容易にし、利益にも直結すると Nature Fresh の IT マネージャー、キース・ブラッドリー氏は語ります。これは農業革命に拍車をかける新たな流れであり、農業を変革する AI 利用の一例に過ぎません。

害虫の検出から、最大の収益をもたらす作物の予測まで、人工知能は、人類が直面している人口増大という課題の解決に役立ちます。人類の総人口は 2050 年までにさらに 20 億の増加が予測される一方で2、気候変動は作物の生育環境を変え、肥沃な土地を砂漠化し、洪水はデルタ地帯に塩害をもたらしています。

すべての区画から最大限の収穫を得ることは学問的な問題ではありません。国連では、今世紀中ごろまでに、食料生産を 50% 増やす必要があると見積もっています。3

1960 年から 2015 年までに、世界の総人口は 30 億人から 70 億人へと増え、農業生産量も 3 倍に増加しました。4 テクノロジーも農薬、肥料、機械といった形で重要な役割を果たしましたが、こうした大幅な収穫増の最大の要因は、森を切り開き、畑、牧場、水田への灌漑施設を整備したことでした。そして今、人類はさらに戦略的に対応する必要があります。

AI 対 バッタ  

害虫は農家にとって常に悩みの種でした。農業が発明されて以来数千年、イナゴやバッタなど、作物をむさぼる害虫は、本来ならば人類が手にするはずの収穫を奪い、穀物を食べ尽くしてきました。しかし、AI は生産者に穀物を食い尽くす虫たちに対する強力な武器をもたらします。

つい最近まで、テキサスのある農夫は風向きを確認し、バッタの大群が彼の農場の南西の区画に襲来しそうだと判断していました。しかし、彼が作物をチェックしようとする直前、スマートフォンに AI および農場の監視のために雇ったデータ会社からの警告が送られてきました。

過去の 5 年間の同じ地域の写真と最新の衛星写真を比較した結果、AI アルゴリズムは、害虫がその農家の畑の別の区画に襲来していることを検出しました。彼は AI が知らせた区画を調査し、警告が事実であることを確認し、トウモロコシが実ったその畑から害虫を除去しました。

Nature Fresh Farms では、パルプ化されたココナッツ殻の苗床で温室トマトを育てています。この栄養素のない環境でこそ、どんな成分で作物を育てるかを完全にコントロールすることができます。センサーがトマトの実の完熟度合いを監視し、照明を調整することで、成熟のスピードをコントロールします。この種の農業には一定の処理能力が必要であり、Nature Fresh Farms は、その AI アルゴリズムの原動力としてインテル® Xeon® プロセッサーを採用しています。

2,500 のノードを備えた温室は、農業の 1 つの未来像であると、ブラッドリー氏は述べています。

AI に関する導入事例

行方不明の子どもの捜索で威力を発揮する AI

子供が行方不明になれば、少しの時間も無駄にはできません。一大事の際に、AI によって組織がより迅速に動けるようになります。

詳細を表示する

心臓病の診断を支援する AI

心臓専門医がマシンラーニングを使用して、かつてな精度の診断を実現しています。

詳細を表示する

詐欺を暴く AI

AI が 24 時間で 3 つの保険金詐欺組織を捕まえ、保険会社は数百万ドルの損失を逃れました。

詳細を表示する

製造エラーを減らし数百万ドルのコスト削減を実現する AI

AI は、コスト削減と効率アップに役立つ予測を提供する一方で、生産量と品質の向上を目指すメーカーを支援します。

詳細を表示する

AI のパワーを解放する

インテルの AI と関連テクノロジーは、製品のイノベーションを加速し、業務を自動化し、より深い洞察を収集し、より迅速なデータ駆動型の判断を下せるように、さまざまな業界の企業を支援します。企業が AI を業務にどのように採り入れているかご確認ください。

詳しくはこちら

インテルのテクノロジーによる業績の向上

インテルはデジタル変革を推進し、企業が時代を先取りすることができるように支援しています。インテルが未来のビジネスをどう変えているのかご確認ください。

詳しくはこちら

免責事項

1食糧生産を 50% 増加: http://www.fao.org/state-of-food-security-nutrition/en/
22050年までにさらに 20 億人に食糧を供給する必要があります: http://www.un.org/en/development/desa/news/population/2015-report.html
3国連は、今世紀半ばまでに食糧生産を 50% 増やす必要があると推定しています: http://www.fao.org/state-of-food-security-nutrition/en/
4農業生産量は 1960年から 2015年の間に 3 倍に増加しました: http://www.fao.org/3/a-i6583e.pdf