2 in 1 Performance Compared to a 4-Year-Old Laptop

Intel® Core™ M-5Y70 processor compared to Intel® Core™ i5-520UM processor

2 in 1 performance compared to a 4-year-old PC

   

An Intel® CoreTM M processor in your 2 in 1 means you get the best of both worlds—a razor-thin laptop and an ultra-fast tablet in one super-mobile device. Go from games to presentations quickly with a device you can take anywhere and everywhere. The Intel® CoreTM M processor delivers a transformative experience for working and playing on the go. That’s serious processing. Only with Intel Inside®.

 

2 in 1 performance compared to a 4-year-old PC

 

core-m-5y70-vs-core-i5-520um-battery-life-infographic

 

Intel® CoreTM M-5Y70 beauty and performance infographic

 

Intel® CoreTM M-5Y70 media infographic

System Configurations

表示/非表示の切り替え

Latest 2 in 1: Intel® Core™ M-5Y70 processor (up to 2.60 GHz, 4T/2C, 4M cache)

Battery life measurements on Intel Reference Platform and OEM Pre-production Platform.

Other performance measurements on Intel Reference Platform.

Intel Reference Platform: 4.5W thermal design power. BIOS: v80.1, Graphics: Intel® HD Graphics (driver v. 15.36.3650), Memory: 4 GB (2 x 2 GB) dual channel LPDDR3-1600, SDD: Intel 160 GB, OS: Windows* 8.1 Update RTM. System power management policy: DC Balanced for battery life measurements, AC Balanced for performance measurements. Wireless: On and connected. Battery size assumption: 35WHr.

OEM Pre-production Platform: OEM BIOS, Graphics: Intel® HD Graphics (driver v. 10.18.10.3907), Memory: 8 GB (2 x 4 GB) dual channel LPDDR3-1600, SSD: Intel 256 GB, OS: Windows* 8.1 Update RTM. System power management policy: DC Balanced. Wireless: On and connected. Battery size: 35WHr.

4-year-old: Intel® Core™ i5-520UM processor (up to 1.86 GHz, 4T/2C, 3M cache) on Acer Aspire One* 1830T-3721

18W Thermal Design Power. BIOS: Insyde v.1.11*, Graphics: Intel® HD Graphics (driver v. 8.15.10.2104), Memory: 8 GB (2x4GB) DDR3 1333 Mhz, HDD: Seagate* 500 GB, OS: Windows* 7 Ultimate 6.1 Build 7601, System power management policy: DC Balanced for battery life measurements, AC Balanced for performance measurements. Wireless: On and connected. Battery size: 62WHr.

Additional information: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

ビデオ

免責事項

open

1. SYSmark* 2014 は、実際のアプリケーションを使用して PC の性能を測定・比較するシステムレベルのパフォーマンス・ベンチマークです。詳細については、http://www.bapco.com/ (英語) を参照してください。

2. Microsoft PowerPoint* to PDF conversion—to convert a 3.56 MB 200-slide Microsoft PowerPoint .pptx presentation to a 3.91 MB PDF file.

3. Principled Technologies のベンチマーク、WebXPRT 2013 を使用して測定。写真エフェクト、顔認識、株式ダッシュボード、オフラインノートなどの Web アプリケーションを使用して、実際の使用方法に基づいて JavaScript* および HTML5 のパフォーマンスを測定します。全般的なスコアに加え、各テストシナリオの結果も算出します。インテルは BenchmarkXPRT Development Community のスポンサーかつメンバーで、XPRT ベンチマーク・ファミリーの主要開発者です。Principled Technologies は XPRT ベンチマーク・ファミリーの公開者です。製品の購入を検討される場合は、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。

4. Adobe* Photoshop* CC 2014 写真編集:デジタル一眼レフカメラで撮影された 19.70MB、36.3 メガピクセルの JPG 写真を編集。アーティスティックの「色鉛筆」フィルターを適用し、芯の太さと明るさを調整し、プレビューします。仮定:写真の平均サイズは 400 K です。

5. フル HD ビデオ再生バッテリー稼動時間:1080p 10 Mbps H.264 Elephants Dream ビデオを使用して測定。構成:デバイスの設定で、無線通信をすべて無効にします。インテル® ディスプレイ・パワー・セービング・テクノロジー (インテル® DPST) を無効にし、全画面白背景を使用してシステムを特定の画面輝度に設定、そしてインテル® DPST を再有効化します。[コントロール パネル] の [電源オプション] で自動輝度調整の設定をオフにします。[ディスプレイを暗くする] を [バッテリー駆動] と [電源に接続] の両方で [なし] に設定します。[コンピューターをスリープ状態にする] を [バッテリー駆動] と [電源に接続] の両方で [なし] に設定します。起動後 15 分待ちます。デフォルトのビデオプレイヤー (Windows* 向け Windows* 8.1 Style UI ビデオプレイヤー) を起動し、ループでワークロード・ビデオを開始し、AC プラグを抜いて、テストを開始します。バッテリーが切れるまでの時間を測定します。

6. Estimated based on MobileMark* 2012 Office Productivity—a performance-qualified battery life application-based benchmark that reflects usage patterns of modern users.

7. 3DMark* Ice Storm (1.2D ゲームのパフォーマンスを測定する 3D グラフィックス・ベンチマーク) を使用して測定されました。詳細については、http://www.futuremark.com/ (英語) を参照してください。

8. CyberLink MediaEspresso* 7 の HD ビデオ変換:iPhone* 4S から得た ~1GB、1920x1080p、23738 kbps の 6 分間の MOV ビデオファイルを変換。インターネット転送時の圧縮や低ビットレートの携帯型機器 (iPod* など) での視聴に対応するように、容量の小さい 1920x1080、8 Mbps、H.264、m2ts ファイルにトランスコードしました。

9. ベンチマーク結果は、「Spectre」および「Meltdown」と呼ばれる脆弱性への対処を目的とした最近のソフトウェア・パッチおよびファームウェア・アップデートの適用前に取得されたものです。パッチやアップデートを適用したデバイスやシステムでは、同様の結果が得られないことがあります。 性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、http://www.intel.co.jp/benchmarks を参照してください。

10. Intel is a sponsor and member of the BenchmarkXPRT* Development Community, and was the major developer of the XPRT family of benchmarks. Principled Technologies is the publisher of the XPRT family of benchmarks. You should consult other information and performance tests to assist you in fully evaluating your contemplated purchases.