2 in 1 Performance Compared to Previous Generation

Intel® Core™ M-5Y70 processor compared to Intel Core i5-4302Y processor.

An Intel® Core™ M processor in your 2 in 1 means you get the best of both worlds—a razor-thin laptop and an ultra-fast tablet in one super-mobile device. Go from games to presentations quickly with a device you can take anywhere and everywhere. The Intel® Core™ M processor delivers a transformative experience for working and playing on the go. That’s serious processing. Only with Intel Inside®.

Experience it yourself

  • Beauty and performance in one
  • Amazing media and graphics experience
  • Blazing-fast performance on the go
  • Outstanding battery life

Intel® Core™ M processor performance-related link

See how the latest 2 in 1 system stacks up against an old laptop ›

System Configurations

Latest 2 in 1: Intel® Core™ M-5Y70 processor (up to 2.60 GHz, 4T/2C, 4M cache)

Battery life measurements on Intel Reference Platform and OEM Pre-production Platform.

Other performance measurements on Intel Reference Platform.

Intel Reference Platform: 4.5W thermal design power. BIOS: v80.1. Graphics: Intel® HD Graphics (driver v. 15.36.3650). Memory: 4 GB (2x 2 GB) dual channel LPDDR3-1600. SSD: Intel® SSD, 160 GB. OS: Windows* 8.1 Update RTM. System power management policy: DC Balanced for battery life measurements, AC Balanced for performance measurements. Wireless: On and connected. Battery size assumption: 35 WHr.

OEM Pre-production Platform: OEM BIOS. Graphics: Intel HD Graphics (driver v. 10.18.10.3907). Memory: 8 GB (2x 4 GB) dual channel LPDDR3-1600. SSD: Intel SSD, 256 GB. OS: Windows 8.1 Update RTM. System power management policy: DC Balanced. Wireless: On and connected. Battery size: 35 WHr.

Prior generation: Intel Core i5-4302Y processor (up to 2.30 GHz, 4T/2C, 3M cache) on Intel Reference Platform.

4.5W Scenario Design Power. BIOS: WTM 137*. Graphics: Intel HD Graphics (driver v. 15.36.3650). Memory: 4 GB (2x 2 GB) dual channel LPDDR3-1600. SSD: Intel SSD, 160 GB. OS: Windows 8.1 Update RTM. System power management policy: DC Balanced for battery life measurements, AC Balanced for performance measurements. Wireless: On and connected. Battery size assumption: 35 WHr.


Additional information: 1 2 3 4 5 6 7 8 9

免責事項

1

SYSmark* 2014 は、実際のアプリケーションを使用して PC の性能を測定・比較するシステムレベルのパフォーマンス・ベンチマークです。詳細については、http://www.bapco.com/ (英語) を参照してください。

2

CyberLink MediaEspresso* 7 の HD ビデオ変換:iPhone* 4S から得た ~1GB、1920x1080p、23738 kbps の 6 分間の MOV ビデオファイルを変換。インターネット転送時の圧縮や低ビットレートの携帯型機器 (iPod* など) での視聴に対応するように、容量の小さい 1920x1080、8 Mbps、H.264、m2ts ファイルにトランスコードしました。

3

3DMark* Ice Storm (1.2D ゲームのパフォーマンスを測定する 3D グラフィックス・ベンチマーク) を使用して測定されました。詳細については、http://www.futuremark.com/ (英語) を参照してください。

4

Microsoft PowerPoint* to PDF conversion—to convert a 3.56 MB 200-slide Microsoft PowerPoint .pptx presentation to a 3.91 MB PDF file.

5

ArcSoft ShowBiz* ビデオ編集:オートフォーカス・カメラで撮影された 6 つの 1920x1080 mp4 ファイル (38.1~58.8MB) を編集。ビデオ・プロジェクトには、トランジッション効果、テキスト・オーバーレイ、2 分 3 秒の 160 kbps mp3 ファイルが使用されています。出力ビデオファイルは 2 分 19 秒、1920x1080、268MB、~16 Mbps、H.264、mp4 ビデオファイルです。

6

Adobe* Photoshop* CC 2014 写真編集:デジタル一眼レフカメラで撮影された 19.70MB、36.3 メガピクセルの JPG 写真を編集。アーティスティックの「色鉛筆」フィルターを適用し、芯の太さと明るさを調整し、プレビューします。仮定:写真の平均サイズは 400 K です。

7

フル HD ビデオ再生バッテリー稼動時間:1080p 10 Mbps H.264 Elephants Dream ビデオを使用して測定。構成:デバイスの設定で、無線通信をすべて無効にします。インテル® ディスプレイ・パワー・セービング・テクノロジー (インテル® DPST) を無効にし、全画面白背景を使用してシステムを特定の画面輝度に設定、そしてインテル® DPST を再有効化します。[コントロール パネル] の [電源オプション] で自動輝度調整の設定をオフにします。[ディスプレイを暗くする] を [バッテリー駆動] と [電源に接続] の両方で [なし] に設定します。[コンピューターをスリープ状態にする] を [バッテリー駆動] と [電源に接続] の両方で [なし] に設定します。起動後 15 分待ちます。デフォルトのビデオプレイヤー (Windows* 向け Windows* 8.1 Style UI ビデオプレイヤー) を起動し、ループでワークロード・ビデオを開始し、AC プラグを抜いて、テストを開始します。バッテリーが切れるまでの時間を測定します。

8

Estimated based on MobileMark* 2012 Office Productivity—a performance-qualified battery life application-based benchmark that reflects usage patterns of modern users.

9

ベンチマーク結果は、「Spectre」および「Meltdown」と呼ばれる脆弱性への対処を目的とした最近のソフトウェア・パッチおよびファームウェア・アップデートの適用前のものです。パッチやアップデートを適用したデバイスやシステムでは、同様の結果が得られないことがあります。

性能は、使用状況、構成、その他の要因によって異なります。詳細については、www.Intel.co.jp/PerformanceIndex を参照してください。