General Compute Performance for the Intel® Xeon® Processor E5-2600 v4 Product Family

Bring your business’s best ideas to life by transforming big data and real-time analytics into new business opportunities while ensuring the reliability and uptime of the most business-critical services with the Intel® Xeon® processor E5-2600 v4 product family.

General purpose workloads, such as SPECint*2006, characterize compute, memory and software characteristics which serves as a yardstick for a very wide variety of server usages such as compression, compilation, AI, gene sequencing, and many other integer-based applications workloads. The measured or published results help IT decision makers create a first-level assessment of various server options, analyze consolidation opportunities, do capacity planning and assess the valuation of the services offered.

General Compute with SPECint_rate_base2006*

This CPU-intensive benchmark suite, stressing a system's processor, memory subsystem, and compiler, provides a comparative measure of compute-intensive performance across the widest practical range of hardware using workloads developed from real user applications. Rate results measure the throughput of multiple tasks. The metrics are based on a geometric mean of normalized ratios. CINT2006 is for measuring and comparing compute-intensive integer performance across 12 throughput workloads or tasks (nine use C and three use C++). For more information, see www.spec.org/cpu2006.

Performance Measurements as of March 16, 2016.

View configuration details >

Configuration Details for SPECint*_rate_base2006

System Overview

1-Node, 2x Intel® Xeon® Processor E5-2699 v3

1-Node, 2 x Intel® Xeon® Processor E5-2699 v4

1-Node, 2 x Intel® Xeon® Processor E5-2699 v4

1-Node, 2 x Intel® Xeon® Processor E5-2699 v4

System Description

Cisco UCS* C220 M4

Cisco UCS* C220 M4

Fujitsu PRIMERGY* RX2560 M2

Huawei* RH2288H V3

Processor Information

Intel® Xeon® Processor E5-2699 v3 (2.3GHz, 45M cache)

Intel® Xeon® Processor E5-2699 v4 (2.2GHz, 55M cache)

Intel® Xeon® Processor E5-2699 v4 (2.2GHz, 55M cache)

Intel® Xeon® Processor E5-2699 v4 (2.2GHz, 55M cache)

Sockets

2 2 2 2

Number of Cores / Threads per Socket

18 / 36

22 / 44

22 / 44

22 / 44

Memory Configuration

256 GB (16 x 16 GB 2Rx4 PC4-2133P-R)

256 GB (16 x 16 GB 2Rx4 PC4-2133P-R)

256 GB (16 x 16 GB 2Rx4 PC4-2400T)

256 GB (16 x 16 GB 2Rx4 PC4-2400T-R)

Operating System

Red Hat Enterprise Linux* Server Release 6.5 (Santiago) 2.6.32-431.el6.x86_64

SUSE* Linux Enterprise Server 12 SP1, Kernel 3.12.49-11-default

SUSE* Linux Enterprise Server 12 SP1, Kernel 3.12.49-11-default

Red Hat Enterprise Linux Server release 7.0, Kernel 3.10.0-123.el7.x86_64

Intel Compiler Version

C/C++: Version 14.0.0.080 of Intel C++ Studio XE for Linux

C/C++: Version 16.0.0.101 of Intel® C++ Studio XE for Linux

C/C++: Version 16.0.0.101 of Intel® C++ Studio XE for Linux

C/C++: Version 16.0.0.101 of Intel® C++ Studio XE for Linux

Intel® Hyper-Threading Technology

Yes

Yes

Yes

Yes

Intel® Turbo Boost Technology 2.0

Yes

Yes

Yes

Yes

Benchmark

SPECint*_rate_base2006

SPECint*_rate_base2006

SPECint*_rate_base2006

SPECint*_rate_base2006

SPECint_rate_base2006

1380

1760 1760 1760

Data Source

View Source

Submitted to www.spec.org

Submitted to www.spec.org

Submitted to www.spec.org

Additional information: 1 2 3 4 5 6

免責事項

1

ベンチマーク結果は、「Spectre」および「Meltdown」と呼ばれる脆弱性への対処を目的とした最近のソフトウェア・パッチおよびファームウェア・アップデートの適用前に取得されたものです。パッチやアップデートを適用したデバイスやシステムでは、同様の結果が得られないことがあります。

性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、http://www.intel.co.jp/benchmarks を参照してください。

2

インテルは、本資料で参照しているサードパーティーのベンチマークまたは Web サイトの設計や実装について管理や監査を行っていません。本資料で参照している Web サイトまたは類似の性能ベンチマークが報告されているほかの Web サイトも参照して、本資料で参照しているベンチマークが購入可能なシステムの性能を正確に表しているかを確認されるようお勧めします。

3

インテル・プロセッサー・ナンバーはパフォーマンスの指標ではありません。プロセッサー・ナンバーは同一プロセッサー・ファミリー内の製品の機能を区別します。異なるプロセッサー・ファミリー間の機能の区別には用いません。詳細については、https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/processors/processor-numbers.html を参照してください。

4

インテル® コンパイラーでは、インテル® マイクロプロセッサーに限定されない最適化に関して、他社製マイクロプロセッサー用に同等の最適化を行えないことがあります。これには、インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 2、インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 3 などの最適化が該当します。インテルは、他社製マイクロプロセッサーに関して、いかなる最適化の利用、機能、または効果も保証いたしません。

本製品のマイクロプロセッサー依存の最適化は、インテル製マイクロプロセッサーでの使用を前提としています。インテル® マイクロアーキテクチャーに非固有の特定の最適化は、インテル製マイクロプロセッサー向けに予約されています。この注意事項の適用対象である特定の命令セットの詳細は、該当する製品のユーザー・リファレンス・ガイドを参照してください。

注意事項の改訂 #20110804

5

SPEC* およびベンチマーク名の SPECint*、SPECfp*、SPECjbb*、SPECjEnterprise*、SPECvirt_sc*、SPECpower_ssj*、SPECompM*、SPECompL* は、Standard Performance Evaluation Corporation の登録商標です。

6

インテル® プロセッサーは同じ SKU でも周波数や電力レベルに差異が生じうる場合があります。これは、製造工程のばらつきによる自然的特質です。