Intel® Xeon® D Processor Performance

The Intel® Xeon® D processor brings advanced intelligence and groundbreaking data center architecture into an lower-power, optimized solution, for high-density edge computing, integrating essential hardware-enhanced network, security and acceleration capabilities into a single socket, system-on-a-chip (SoC) processor for flexible and scalable network solutions.1

L3 Packet Forwarding

L3 Packet Forwarding measures layer 3 (IP) packet forwarding performance utilizing Intel Data Plane Development Kit (DPDK). It examines incoming from network ports and transfer packets based on packet headers and IP destination to networking ports. The communications equipment typically handles small packets (64 B), IT datacenters often handle larger packets (1528 B).

Intel internal testing as of September 14, 2015

View configuration details ›

Virtual Private Network

IPSec Forwarding benchmark uses Internet Protocol (IP) by authenticating and encrypting each networking packet from an incoming port to destination ports as it would be used in a VPN environment.

Intel internal testing as of September 14, 2015

View configuration details ›

Virtualized Customer Premise Equipment (vCPE)

Benchmark simulates the packet forwarding under a virtual machine using Open vSwitch* as it would be used in a vCPE environment.

Intel internal testing as of September 14, 2015

View configuration details ›

Configuration Details

L3 Packet Forwarding

New configuration: Intel® Xeon® D processor based reference platform with one Intel® Xeon® processor D-1548 (8C, 2.0GHz), Intel® Turbo Boost Technology disabled, Intel® Hyper-Threading Technology (Intel® HT Technology) enabled, 16GB memory (2x8GB DDR4-2400 RDIMM ECC), 2x Quad port X520 (8x10GbE), Ubuntu* 12.04 (3.2.553.2.0-23-generic), Data Plane Development Kit (DPDK) 1.7.0, 64B L3 forwarding=92.6MPackets/s, 1518B L3 forwarding=80Gb/s.

Base configuration: Intel Atom® processor C2000-reference platform based platform with one Intel Atom® processor C2758 (8C, 2.4GHz), 32GB memory (4x8GB DDR3-1600 SO-DIMM ECC), 2x Dual port X520 (4x10GbE), Fedora* Core 16 (Verne) x86_64 (3.1.0-7.fc16.x86_64), DPDK 1.3.0-183, 64B L3 forwarding=30MPackets/s, 1518B L3 forwarding=40Gb/s.

Virtual Private Network

New configuration: Intel® Xeon® D processor based reference platform with one Intel® Xeon® processor D-1548 (8C, 2.0GHz), Intel® Turbo Boost Technology disabled, Intel® Hyper-Threading Technology (Intel® HT Technology) enabled, 16GB memory (2x8GB DDR4-2133 RDIMM ECC), 2x Quad port X520 (8x10GbE), Intel® QuickAssist Adapter 8950-SCCP, Fedora* Core 16 (Verne) x86_64, Wind River INP-3.4*, Intel® QuickAssist Adapter L1.3.0_90, DPDK Revision L.1.4.0-30. IPSec forwarding rate (1024B Ethernet clear text packet size)= 37.4 Gbits/s. 2 Cores/4Threads are used.

Base configuration: Intel Atom® processor C2000-reference platform based platform with one Intel Atom® processor C2758 (8C, 2.4GHz), 4GB memory (2x2GB DDR3-1600 DIMM), 1x Dual port X520 (4x10GbE), Fedora Core 16 (Verne) x86_64, Wind River INP-3.4*, Intel® QuickAssist Adapter L1.3.0_90, DPDK Revision L.1.4.0-30. B IPSec forwarding rate (1024B Ethernet clear text packet size)= 6.98 Gbits/s 2 Cores are used.

Virtualized Customer Premise Equipment (vCPE)

New configuration: Intel® Xeon® D processor based reference platform with one Intel® Xeon® processor D-1548 (8C, 2.0GHz), Intel® Turbo Boost Technology disabled, Intel® Hyper-Threading Technology (Intel® HT Technology) enabled, 32GB memory (2x16GB DDR4-2400 RDIMM ECC, Integrated X522 (2x10GbE) ports, Fedora core 21 x86_64, OVS Release 2.4 with DPDK acceleration. Forwarding rate under Virtual Machine (256B packet size)= 3.8 MPackets/s. 1 Core/2Threads are used as OVS-DPDK PMD thread.

Base configuration: Intel Atom® processor C2000-reference platform based platform with one Intel Atom® processor C2758 (8C, 2.4GHz), 16GB memory (2x8GB DDR3-1600 DIMM), 1x Dual port X520 (2x10GbE), Fedora Core 21 x86_64, , OVS Release 2.4 with DPDK acceleration. Forwarding rate under Virtual Machine (256B packet size)= 0.76 MPackets/, 1 Core is used as OVS-DPDK PMD thread.

Additional information: 2 3 4 5

免責事項

1

記述は、新しいインテル® 製品および機能と、過去のインテル® 製品および機能との比較に基づくものです。

2

ベンチマーク結果は、「Spectre」および「Meltdown」と呼ばれる脆弱性への対処を目的とした最近のソフトウェア・パッチおよびファームウェア・アップデートの適用前に取得されたものです。パッチやアップデートを適用したデバイスやシステムでは、同様の結果が得られないことがあります。

性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、http://www.intel.co.jp/benchmarks を参照してください。

3

インテルは、本資料で参照しているサードパーティーのベンチマークまたは Web サイトの設計や実装について管理や監査を行っていません。本資料で参照している Web サイトまたは類似の性能ベンチマークが報告されているほかの Web サイトも参照して、本資料で参照しているベンチマークが購入可能なシステムの性能を正確に表しているかを確認されるようお勧めします。

4

インテル・プロセッサー・ナンバーはパフォーマンスの指標ではありません。プロセッサー・ナンバーは同一プロセッサー・ファミリー内の製品の機能を区別します。異なるプロセッサー・ファミリー間の機能の区別には用いません。詳細については、https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/processors/processor-numbers.html を参照してください。

5

インテル® コンパイラーでは、インテル® マイクロプロセッサーに限定されない最適化に関して、他社製マイクロプロセッサー用に同等の最適化を行えないことがあります。これには、インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 2、インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 3 などの最適化が該当します。インテルは、他社製マイクロプロセッサーに関して、いかなる最適化の利用、機能、または効果も保証いたしません。

本製品のマイクロプロセッサー依存の最適化は、インテル製マイクロプロセッサーでの使用を前提としています。インテル® マイクロアーキテクチャーに非固有の特定の最適化は、インテル製マイクロプロセッサー向けに予約されています。この注意事項の適用対象である特定の命令セットの詳細は、該当する製品のユーザー・リファレンス・ガイドを参照してください。

注意事項の改訂 #20110804