Intel® Atom™ Processor C2000 Product Family

Maximize rack space and reduce energy costs with microservers for lightweight scale-out workloads. Ensure smooth integration into your data center with x86 compatibility. Plus, with our common instruction set architecture, your applications also run across the full spectrum of Intel® processor-based servers. Extreme density and energy efficiency for lightweight scale-out workloads. The Intel® Atom™ processor C2000 product family.

Server Side Java* Performance: Single Node

Server side Java* 1:

  • Measures server side Java
  • Emulates three-tier client/server with emphasis in middle tier
  • Measures CPU performance, caches, memory hierarchy, and symmetric multiprocessing (SMP) scalability

Server side Java 2:

  • Measures latest Java application features
  • New usage model

Intel Estimated as of August 2013

Configuration Details

Server Side Java* Benchmark 1:

Intel® Atom™ processor S1260: Intel Atom processor S1260-based server platform with one B0 stepping (2-core, 2.0 GHz), Intel® Hyper-Threading Technology (Intel® HT Technology) enabled, Intel SpeedStep® technology disabled, C-state enabled. 8 GB memory (1x 8 GB DDR3L-1333 ECC), 128 GB 6 GB/s SSD, Red Hat Enterprise Linux* 6.3 (Kernel: 2.6.32-279.el6), IBM J9 VM* (build 2.4, JRE 1.6.0 Linux* amd64-64 jvmxa6460sr11-20120801_118201 (JIT enabled, AOT enabled)). Source: Intel internal testing as of November 2012. Score: 30819.

Intel Atom processor C2750: Intel Atom processor C2750-based server platform with one B0 stepping (8-core/8-thread, 2.40 GHz, 8 MB cache), 32 GB memory (4x 8 GB Hynix* DDR3-1600 UDIMM ECC), 64 GB SSD. Red Hat Enterprise Linux 6.3 (Kernel: 2.6.32-279.el6.x86_64). IBM J9 VM (build 2.6, JRE 1.7.0 Linux amd64-64 20120809_118929 (JIT enabled, AOT enabled). Source: Intel internal testing as of July 2013. Score: 148115.


Server Side Java Benchmark 2:

Intel Atom processor S1260: Intel Atom processor S1260-based server platform with one B0 stepping (2-core, 2.0 GHz), Intel HT Technology enabled, Intel SpeedStep disabled, C-state enabled. 8 GB memory (1x 8 GB DDR3L-1333 ECC), 128 GB 6 GB/s SSD, Red Hat Enterprise Linux 6.3 (Kernel: 2.6.32-279.el6), Java SE* Runtime Environment (build 1.7.0_21-b11). Java HotSpot* 64-Bit Server VM (build 23.21-b01, mixed mode). Source: Intel internal testing as of July 2013. Score: 928.

Intel Atom processor C2750: Intel Atom processor C2750-based server platform with one B0 stepping (8-core/8-thread, 2.40 GHz, 8 MB cache), 32 GB memory (4x 8 GB Hynix DDR3-1600 UDIMM ECC), 64 GB SSD. Red Hat Enterprise Linux 6.3 (Kernel: 2.6.32-279.el6.x86_64). Java SE Runtime Environment (build 1.7.0_21-b11). Java HotSpot 64-Bit Server VM (build 23.21-b01, mixed mode). Source: Intel internal testing as of July 2013. Score: 5481.

Additional information: 1 2 3 4 5

関連ビデオ

免責事項

1

ベンチマーク結果は、「Spectre」および「Meltdown」と呼ばれる脆弱性への対処を目的とした最近のソフトウェア・パッチおよびファームウェア・アップデートの適用前に取得されたものです。アップデートの適用により、この結果がお使いのデバイスやシステムに該当しなくなる場合があります。 

性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、http://www.intel.co.jp/benchmarks/ を参照してください。

2

拡張版 Intel SpeedStep® テクノロジー: 詳細については http://ark.intel.com/ja/ のプロセッサー・スペック・ファインダーを参照するか、担当のインテル販売代理店までお問い合わせください。

3

インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーに対応したシステムが必要です。インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーおよびインテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0 は、一部のインテル® プロセッサーでのみ利用可能です。各 PC メーカーにお問い合わせください。実際の性能はハードウェア、ソフトウェア、システム構成によって異なります。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/turbo-boost/turbo-boost-technology.html を参照してください。

4

インテル® ハイパースレッディング・テクノロジーを利用するには、インテル® ハイパースレッディング・テクノロジーに対応したインテルのプロセッサーを搭載したコンピューター・システム、および同技術に対応したチップセットと BIOS、OS が必要です。性能は、使用するハードウェアやソフトウェアによって異なります。インテル® HT テクノロジーに対応したプロセッサーの情報など、詳細については、http://www.intel.co.jp/jp/products/ht/hyperthreading_more.htm を参照してください。

5

インテル・プロセッサー・ナンバーはパフォーマンスの指標ではありません。プロセッサー・ナンバーは同一プロセッサー・ファミリー内の製品の機能を区別します。異なるプロセッサー・ファミリー間の機能の区別には用いません。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/processors/processor-numbers.html を参照してください。