インテルのコラボレーションが自動車セキュリティーを変革

2016 年初め、インテルは自動車セキュリティーの研究に関するワークショップをサンディエゴとバルセロナで開催しました。輸送の安全性の向上を目指して、セキュリティーへの脅威と脆弱性について学び、そうした脅威を軽減する戦略について知識を深め、今後の研究分野を明らかにしました。このワークショップでは、世界中のエンジニア、学生、暗号の専門家、その他の研究者が集まり、インテルおよび Linux* ベースの車内インフォテイメント (IVI) シミュレーション・プラットフォームでコラボレーションしながら、成果を競いました。インテルの輸送ソリューション部門と Wind River Systems のエンジニアリング・スタッフが研究をサポートしました。 

イベント概要を読む ›

このワークショップは、Automotive Security Review Board (ASRB) の一環として開催される予定の今後のワークショップの試験版として実施されました。インテルは、設立メンバーとして ASRB に参加していることを誇りに思います。ASRB は、コネクテッド・カーや自動運転車のサイバー・セキュリティー・リスクを軽減し、技術的な進歩とイノベーションを促す非営利の研究推進機構です。ASRB の技術委員会は、自動車、セキュリティー、IT 業界の世界的なセキュリティー・エキスパートで構成されます。 

技術委員会の独自の専門知識が柱となる ASRB は、長期的な研究ロードマップを作成し、具体的なプロジェクトを推進して、そうしたプロジェクトから得たインサイトを公開します。ASRB は、学術界や産業界のパートナーと協力し、パートナーの活動を資金面で援助します。

さらに、ASRB は、メンバーが推進する共同研究について助言し、実施も担当します。柔軟な知的財産規約が適用され、各プロジェクトのニーズを満たします。こうした活動の結果、研究報告やリファレンス・アーキテクチャーの導入、その他の成果物が得られます。

ASRB の詳細を見る ›

ニュース / イベント