コートとスカーフを身に付けて、インタラクティブ・ディスプレイの前に立ち、手を使用して画面上の画像や情報とやり取りする人物

AI で顧客エンゲージメントを強化する方法

AI が強化する顧客体験は、イニシアチブやソリューションに最適なプランを立てることから始まります。AI 搭載チャットボット、パーソナライズ・エンジン、推奨システム、顧客分析など、AI ユースケースに関する企業の取り組みを計画するために、知っておくべきことについて説明します。

重要ポイント

  • チャットボット、仮想アシスタント、パーソナライズ・エンジンおよび推奨エンジンなどのテクノロジーは、顧客体験の効率化と高速化を支援します。

  • イニシアチブを計画する際に考慮すべき、さまざまな開発と導入のオプションがあります。

  • インテルは、専用のテクノロジーとソフトウェア・ツールを提供し、導入アプローチに関係なく、AI 機能を迅速に活用するのに役立ちます。

author-image

投稿者:

顧客エンゲージメントを向上する新しい時代

新しい顧客が、企業のウェブサイトにアクセスしたと想像してください。彼らは、AI チャットボットにより迎えられます。AI チャットボットは、顧客を適切な方向に誘導し、体験を効率化して、購入までの道筋を短縮します。バックグラウンドでは、追加の AI テクノロジーが動作し、顧客の閲覧パターンに基づいてパーソナライズされた提案を行います。

注文が完了すると、AI 対応プロセス・オートメーションにより、注文品は数時間で店頭で受け取ることができます。店舗では、AI 搭載キオスクが、顧客が適切なカウンターに簡単に移動する支援をします。顧客が追加アイテムを購入することを決定すると、コンピューター・ビジョン対応チェックアウトが、購入体験を迅速かつ容易にするのに役立ちます。

わずか数年前、このような体験は、法外なコストがかかったり、実装が複雑すぎたりすると感じられていたかもしれません。しかし今日では、革新的な方法で顧客体験を強化する AI を使用することは、あらゆる規模のビジネスにとって手の届く範囲にあります。あらゆる業界組織は、生成 AI、自然言語処理、コンピューター・ビジョン、推奨エンジンなどのテクノロジーを使用して、顧客体験に革命をもたらし、エンゲージメントを強化し、収益を向上させています。

もちろん、AI 投資からこれらの強力なビジネス成果を実現するには、適切なアプローチ、ツール、テクノロジーを自由に使用できる必要があります。イニシアチブを成功に導く手助けとして、AI を使用して顧客体験を強化し、エンゲージメントを高めるための重要な考慮事項について説明します。

ビジネスに最適なユースケースを特定する

すべてのビジネスはユニークであり、お客様は自らの業務と顧客について誰よりもご存じです。AI により顧客体験を向上させたい場合、AI をビジネスの部分に戦略的に適用し、最大の価値を実現して、顧客体験に最も強力な影響を与えることが重要です。また、ソフトウェア・スタック、AI 対応ハードウェア、および既に使用されている AI ツールなどの分野への既存の投資にも留意する必要があります。

AI の使用方法に関するすべての可能性を考慮して、次のようなことを行います。

モデルとソフトウェアのすべてのオプションを検討する

AI によりエンゲージメントを強化しようとする組織が、希望するユースケースに適合する AI モデルを得るのに多くの時間とエネルギーを費やす必要があった時代は、過ぎ去りました。

実際、今日のビジネスは、次のようないくつかの方法で必要な AI 機能を取得できます。

  • 既存モデルまたは基礎モデルの微調整: 組織は、Llama 2、GPT-J、または Dolly など幅広いビジネス・アプリケーションに対応し、ますます増加する専用のオープンソース・モデルを活用できます。これらのモデルは、業界固有の要件や目的のユースケースに合わせてカスタマイズできます。このプロセスは、通常、ファインチューニング (微調整) と呼ばれます。
  • 内蔵アルゴリズム搭載の AI 対応ソフトウェアの購入: 多くの一般的なユースケースも、AI 機能の迅速な導入に役立つソフトウェア製品によってサポートされています。ビジネスに最適なオプションについては、注目のパートナーのページをご覧ください。
  • モデルをゼロからトレーニング: 一部の組織では、その状況が非常に独特だったり、IP があまりにも敏感だったりするために、モデルをゼロから構築することを選択します。ここで、インテル® Geti™ プラットフォームなどのツールが、トレーニングと開発を迅速化するのに役立ちます。

ソフトウェアの購入を計画していない場合、組織は、パフォーマンスからスケーラビリティー、導入の柔軟性まで、AI ソリューションの開発要件を考慮する必要があります。インテルは、これを達成するために、PyTorch や TensorFlow などの一般的なフレームワークやライブラリー向けの最適化など、強力で幅広いデータサイエンスと AI 開発ツールを提供しています。また、当社の AI 開発ポートフォリオには、インテル® ディストリビューションの OpenVINO™ ツールキットoneAPI クロスアーキテクチャー・プログラミング言語も含まれています。これらはどちらも、開発者の生産性を高め、さまざまな種類のハードウェアがすでに動作している小売環境など、多様な IT 環境全体での導入を効率化するのに役立ちます。

インテル® で導入の柔軟性と効率を最大化

AI により顧客体験を強化するには、エッジとデータセンターの両方で、強力なパフォーマンスと柔軟性が必要です。IT 部門全体において、インテル® ポートフォリオを活用し、パフォーマンスとコスト効率を最適に組み合わせて AI ワークロードをサポートすることができます。

実際、インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー搭載の既存のデータセンター環境の多くは、さらなるハードウェア投資を必要とせず、AI ワークロードをサポートする準備ができている可能性があります。

これらのプロセッサーは、特に、インテル® アドバンスト・マトリクス・エクステンションやインテル® アドバンスト・ベクトル・エクステンション 512 などの統合 AI アクセラレーション・エンジンを活用する際、トレーニング、微調整、推論など、AI のパフォーマンスを高速化します。チャットボットや推奨システムなど、多くの AI ユースケースに不可欠な要素である、最大 20 の主要なマシンラーニング・ワークロードおよびディープラーニング・ワークロードが、NVIDIA や AMD 製品と比較して、インテル® Xeon® プロセッサーでより優れたパフォーマンスを発揮します。1

インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーは、データセンターで多くの AI ワークロードをサポートできますが、高度に複雑なワークロードにより、最高レベルのスループットとパフォーマンスを実現する専用ハードウェアの必要性が発生します。AI イニシアチブに、大規模なトレーニングと推論が必要な場合、次のようなインテル® テクノロジーを評価する必要性があるかもしれません。

インテル® Core™ Ultra プロセッサーは、クライアントのコンピューティング・ニーズに対し、強力な統合 AI 機能を提供し、チームが AI を日常のワークロードに導入するのに役立ちます。また、スマート・キオスクやコンピューター・ビジョン・アプリケーションなどのエッジ・アプリケーション向けには、インテル® Core™ プロセッサーが、強力な AI パフォーマンス、最適化された電力効率、厳しい環境条件向けのサポートの優れた融合を実現しています。

ハードウェアのニーズと既存のアセットを評価する際は、インテル® ポートフォリオが、クラウドとオンプレミスの両方で、パフォーマンスとコスト効率の適切なバランスにより AI の実現に役立つことを覚えておいてください。また、インテル® デベロッパー・クラウドを使用して、いつでもハードウェアを試用できることもお忘れなく。

概念実証のプロトタイピングを追求し、開発、生産、導入への移行を開始するにあたり、当社の AI ソフトウェア・ツールと開発リソースの完全なスイートを活用することができます。これには、AI ワークフローのすべての段階における一般的なフレームワークやツール向けの優れた最適化が含まれています。これらのツールとリソースは、AI ライフサイクル全体での生産性の向上、パフォーマンスの最適化、プロジェクトの簡素化に役立ちます。

最後に、現在競合他社のテクノロジーを使用しており、移行の選択肢について詳しく知りたい場合は、次のリソースを参照してください。

インテルが、あらゆる段階で支援します

AI を実装して顧客体験を強化することは、複雑な道のりです。インテルでは、AI イノベーションにおいて、業界間での経験を当社のテクノロジーや広大なパートナー・エコシステムとともに適用し、あらゆる規模のビジネスが AI から迅速かつ効率的に価値を引き出す支援を行うことに専念しています。

イニシアチブを計画し続けるに当たり、顧客体験の向上に不可欠な AI ワークロードに関する当社の詳細なガイドを必ず参照してください。