インテル® スレット・ディテクション・テクノロジー

インテル® スレット・ディテクション・テクノロジー (インテル® TDT) は、ハードウェア・レベルでサイバー攻撃を監視し、セキュリティー性能を向上します。エンドポイントのセキュリティー・ソリューションにより、他のほとんどの検出方法をすり抜ける高度な攻撃をインテル® TDT を活用して検出することができます。

インテル® vPro®1 は、ランサムウェアやソフトウェア・サプライ・チェーンへの攻撃を検知できるハードウェア・セキュリティーを内蔵した唯一のビジネス・プラットフォームです。

クリプトジャッキングとランサムウェアに対抗し、パフォーマンスを向上させる。

インテル® TDT の AI ソフトウェアは、CPU マイクロアーキテクチャー上で実行を試みるマルウェアのプロファイリングが可能です。この高性能なハードウェア・アラートがセキュリティー・ソフトウェアに中継され、その PC 上で迅速な修正を実施し、フリート全体を積極的に保護します。このソリューションは、高速なメモリースキャンや AI などコンピューティング負荷の高いセキュリティー・ワークロードを、CPU からインテルの統合 GPU にオフロードしてユーザー体験を向上させています。

脅威検知のユースケース: Microsoft Defender for Endpoint

Microsoft Defender for Endpoint は、ランサムウェアなどの攻撃からエンドポイントを保護する、業界をリードするエンドポイントでの検出と対応を提供します。インテル® TDT と Microsoft Defender for Endpoint の今後の統合により、ハードウェアから直接供給されるセキュリティ・シグナルを追加することで、さらに保護層を厚くすることができます。

異常な動作の検知機能でアプリケーションを保護

インテル® TDT Anomalous Behavior Detection (ABD) は、セキュリティ侵害を示す早期の兆候のためにアプリケーションを監視します。ABD は CPU の実行制御フローのトラッキングを利用し、アプリケーションの「良好な」動作の動的 AI モデルを構築します。

CPU の脅威検知向けのセキュリティー・ソフトウェアを有効にする

セキュリティー・ベンダーはインテル® TDT の使用により、CPU 上で実行されるマルウェアをプロファイルするハードウェア・ベースのセンサーで、自社のセキュリティー・ソリューションを補完および強化できます。

インテル® TDT は、インテルの統合 GPU を使用して、セキュリティー・エージェントの負荷を CPU からオフロードします。オフロードされる処理には、AI、メモリースキャン、パフォーマンス負荷の高いセキュリティー・ワークロードが含まれる場合があります。

免責事項

1

インテル® vPro® プラットフォームのすべてのバージョンは、このプラットフォームを規定している管理機能用途、セキュリティー機能、システム性能および安定性を提供するために必要な、対象となるインテル® Core™ プロセッサー、対応オペレーティング・システム、インテル® LAN または WLAN シリコン、ファームウェアの強化、およびその他のハードウェアとソフトウェアを備えている必要があります。詳細については、intel.com/performance-vpro (英語) を参照してください。