データセンター・セキュリティーのテクノロジー

インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー搭載プラットフォームは、ハードウェア・ベースの信頼のルート環境を実現します。保護機能は、シリコンからプラットフォームのハードウェアとファームウェアを介して拡張され、データセンターのインフラストラクチャーの防御に役立ちます。

データセンター・セキュリティーとは?

データセンター・セキュリティーとは、データセンターのサーバー、データセンターでホストされているデータやアプリケーションの保護するためのテクノロジーや手法を指します。サーバーの安全は物理的にも仮想的にも確保しなければなりません。データセンター・インフラストラクチャーの保護は、強力な IT セキュリティー戦略における重要な要素です。

ハードウェア・ベースのセキュリティーとソフトウェア・セキュリティー

サイバー攻撃は進化を続けており、もはやソフトウェアだけでは最新のセキュリティー脅威に対して十分な防御ができません。下位層での侵害、つまり、ファームウェア、BIOS、OS またはハイパーバイザーへの侵害があった場合には、ソフトウェアがスプーフィングされ、ハッカーがシステムへの特権アクセスを得る可能性があります。データセンター・インフラストラクチャーの安全を維持するには、プラットフォーム・シリコンでルートを確立することから始めて、ソフトウェアとハードウェア・ベースのセキュリティー機能を組み合わせることが必要です。

信頼のルートを確立して信頼のチェーンを構築

セキュリティーの強度は、その下の層の強度に依存します。シリコン内で信頼のルートを確立することから始めることで、セキュリティー・アーキテクトはコンピューティングのための信頼ある基盤を作ることができます。各層でセキュリティー機能を強化すれば、システム全体またはスタック全体の安全性を高めることが可能で、ファームウェア、BIOS、OS、ハイパーバイザーを介して信頼のチェーンを作成できます。これにより、ソフトウェアへの負荷が軽減され、システム・パフォーマンスへの影響が最小限に抑えられるので、セキュリティーのためにパフォーマンスで妥協する必要がありません。

インテル® セキュリティー・テクノロジーは、サーバー・セキュリティーの堅牢化を可能にし、インテル® トラステッド・プラットフォーム・モジュール (TPM) 標準規格に完全対応します。インテル® ソフトウェア・ガード・エクステンションズ (インテル® SGX) などのテクノロジーにより、インテルは、アーキテクトがゼロトラスト戦略の達成に取り組み、業界のデータセンター・セキュリティー基準との整合性を確立するための支援をします。

データセンター向けの階層型セキュリティー戦略

データセンターやクラウド・インフラストラクチャーの保護には、階層型アプローチが必要です。ファームウェアから BIOS、データまで、各層の高度なテクノロジーは、データセンターとクラウドサーバーのセキュリティー強化に役立ちます。

詳細についてインフォグラフィックを見る

データセンター・セキュリティー・ソリューション

堅牢型セキュリティー向けインテル® Select ソリューション

Lockheed Martin* の堅牢型セキュリティー向けインテル® Select ソリューションは、フルスタックのセキュリティーを提供し、実行時に仮想マシン (VM) を隔離、保護します。また、このソリューションはコンピューティングのリソースを分配するので、より一貫したパフォーマンスが実現します。

詳しくはこちら

インテル® Xeon® プロセッサー・ファミリー

今日の機密性が最も高いデータやワークロードの安全を確保するため、第 3 世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー・ファミリーは、多数の革新的なハードウェア・ベースのセキュリティー・テクノロジーを備えています。

インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー