エンタープライズ向けインテル® Optane™ ストレージ

重要なデータへのアクセスを高速化。

ストレージを高速化

インテル® Optane™ ソリッドステート・ドライブは、従来の NAND 型ストレージのボトルネックを画期的な技術で克服し、アプリケーションの高速化とサーバー 1 台当たりの処理能力向上を実現し、クリティカル用途のストレージ階層のギャップを埋める製品です。インテル® Optane™ SSD は低レイテンシーと高耐久性、高スループットと QoS を実現するように設計されています。このパフォーマンスとレイテンシーの向上により、顧客企業はトランザクション処理に必要な重要データへのアクセスを高速化し、新しい洞察を得て、サービスを差別化できるようになります。

製品概要を読む ›

インテル® Optane™ パーシステント・メモリーの詳細を見る ›

よくある質問 (FAQ)

よくある質問

インテル® Optane™ SSD は、従来の NAND 型ストレージのボトルネックを画期的な技術で克服し、アプリケーションの高速化とサーバー 1 台当たりの処理能力向上を実現し、クリティカル用途のストレージ階層のギャップを埋める製品です。業界をリードする高スループット、低レイテンシー、高 QoS、高耐久性を兼ね備えるインテル® Optane™ SSD により、トランザクション処理に必要な重要データへのアクセスを高速化し、新しい洞察を得て、サービスを差別化できるようになります。

インテル® Optane™ テクノロジーは、インテル® Optane™ メモリーメディアと、インテルの先進的なシステム・メモリー・コントローラー、インターフェイス・ハードウェア、ソフトウェア IP を独自に組み合わせたものです。このメモリー・メディア・アーキテクチャーにより、インテル® Optane™ テクノロジーはバイト単位のアドレス指定が可能で、高耐久性、インプレース・ライトに対応し、DRAM のように機能します。それに対して従来のストレージではユースケースや製品のフォームファクターにもよりますがブロック単位のアドレス指定でした。

インテル® Optane™ テクノロジー製品の基盤となる主なテクノロジーは、新しいメモリーおよびストレージ・メディアで、これは本質的に NAND とは異なります。新しいストレージ・メディアにはトランジスタがなく、ビット単位のアドレス指定が可能で、NAND より高速かつ耐久性が高くなっています。しかも NAND 型ドライブの多くの欠点も回避しています。インテル® Optane™ SSD はいかなる Queue Depth でも (特に Low Queue Depth 時) パフォーマンスが飛躍的に向上し (NAND の最大 6 倍高速)1 また、高い書き込みおよび読み込み負荷時のストレージの読み取りおよび書き込みの応答性が一貫して優れており、劣化も起きません。インテル® Optane™ SSD は QoL を向上 (NAND の最大 60 倍)2 し、高いストレージ耐久性能を有します (NAND の最大 20 倍超のテラバイトの書き込みが可能)。3

インテル® Optane ™ パーシステント ・ メモリー (PMem) とインテル® Optane™ SSD は共にインテル® Optane™ メモリーメディアで構成されますが、多くの相違点があります。インテル® Optane™ パーシステント・メモリーは DRAM バスで動作する DIMM パッケージで、揮発性にも不揮発性にもなることができ、DRAM を代替します。一方、インテル® Optane™ SSD は標準的な NAND パッケージモデル (AIC、M.2、U.2、EDSFF など) に属し、高速ストレージとしての使用に限定されます。NVMe* プロトコルを使用した PCIe バスで動作し、ストレージであることから常にパーシステントであり、高速ストレージを代替します。4 5 6

インテル® Optane™ SSD 利用の実例: 顧客事例

企業が自信を持ってインテル® Optane™ SSD 搭載ソリューションを導入して、アプリケーションのパフォーマンス向上と投資の最適化をどのように実現したのかをご覧ください。

信頼できるパートナーからインテル® Optane™ SSD を購入する

Dell EMC PowerMax

Dell EMC PowerMax エンタープライズ向けストレージ・プラットフォームが、どのように膨大なデータを迅速かつスマートに処理しているのかをご確認ください。

概要を読む

Cisco HyperFlex

Cisco HyperFlex システムは、ハイパーコンバージド・インフラストラクチャー (HCI) において、パフォーマンス負荷が高くミッション・クリティカルな幅広いアプリケーションをサポートしています。

概要を見る

HPE

HPE サーバーとインテル® Optane™ SSD を活用して、以前はボトルネックだったエンタープライズ向けストレージでデータセンターの飛躍的進化を実現しました。

ビデオを見る

DataON

DataON Storage は、インテル® Optane™ テクノロジーの低レイテンシー、高耐久性、QoS、高スループットの特性により、データのボトルネックを排除して CPU 利用率を最大限に高める上位 10 個の方法を示します。

インフォグラフィックを表示

インテル® Optane™ SSD ストレージ・ソリューションの全ラインナップでワークロードとアプリケーションを最適化する

VMware vSAN*

インテル® Optane™ SSD で VMware vSAN ストレージ仮想化ソフトウェアを強化します。

記事を読む

Microsoft Azure Stack HCI

インテル® Optane™ テクノロジーと Microsoft Azure Stack HCI で拡張性と信頼性を向上し、手ごろな価格を実現します。

概要をダウンロードする

Red Hat Ceph

インテル® Optane™ SSD と Red Hat Ceph ストレージの使用により、レイテンシーの低減と高 IOPS のパフォーマンス効率の向上を実現する方法をご覧ください。

概要を読む

Microsoft SQL Server

インテル® Optane™ SSD とインテル® Memory Drive Technology で Microsoft SQL Server データベースのパフォーマンスを最適化し、ボトルネックを排除し、サーバーの応答時間とスループットを高めます。

概要を読む

インテル® ストレージ・ソフトウェア

インテルが開発したソフトウェア・スタックにより、インテル® Optane™ SSD が、クラウドやエンタープライズ・データセンターの実装ですぐ使えるストレージ・ソリューションになります。

インテル® Virtual RAID on CPU

このインテル® Xeon® ベースのプラットフォームに組み込まれたエンタープライズ向け RAID ソリューションは、インテル® Optane™ SSD と NVMe ストレージを CPU に近い場所に配置するため、比類のないパフォーマンス向上の可能性とデータ保護がもたらされます。

オープン・キャッシュ・アクセラレーション・ソフトウェア

洗練されたオープン・キャッシュ・アクセラレーション・ソフトウェア (Open CAS) により詳細なストレージの分類が可能になり、インテル® Optane™ SSD や NAND SSD など複数のストレージ・メディアタイプを効果的に活用できます。

メモリーとストレージ用インテル® Optane™ テクノロジー

インテル® Optane™ エンタープライズ向けストレージ・ソリューションとメモリーの全製品ラインナップを効果的に活用し、アプリケーションとワークロードを最適化します。

インテル® Optane™ 開発者向けツール

データセンター・ストレージ固有の問題を解決策を探しているクラウドのエンジニアと開発者のコミュニティーの方は、オープンソース・ソフトウェアを活用するストレージ・プロジェクト、定義済みのストレージ・フレームワーク、有用なツールキットを有益に思われるでしょう。

オープン・キャッシュ・アクセラレーション・ソフトウェア

オープンソースのキャッシュ・プロジェクトでは、ストレージ I/O を異なるカテゴリーに分類し、特定メディアタイプにストレージ I/O を指定するストレージ・ポリシーを作成する、柔軟なエンジンを提供しています。

免責事項

1

2018年11月15日現在のインテルによるテストです。低 QD での 4K 70/30 リード / ライト・パフォーマンス。測定には FIO* 3.1 を使用。共通の構成: インテル® 2U サーバーシステム、OS: CentOS* 7.5、カーネル 4.17.6-1.el7.x86_64、2 x インテル® Xeon® Gold 6154 プロセッサー 3.0 GHz (18 コア)、256 GB DDR4 RAM 2,666 MHz。構成: 375 GB インテル® Optane™ SSD DC P4800X を 1.6 TB インテル® SSD DC P4600 と比較。インテルのマイクロコード: 0x2000043、システム BIOS: 00.01.0013、インテル® ME ファームウェア: 04.00.04.294、BMC ファームウェア: 1.43.91f76955、FRUSDR: 1.43。ベンチマーク結果は、追加テストの実施に伴って改訂される場合があります。

2

2018年11月15日時点のインテルによるテストに基づいています。応答時間は、 FIO 3.1 を用いた 4K のランダムな書き込みワークロードを、QD 1 で測定した平均読み込みレイテンシーを指します。低 QD での 4K 70/30 リード / ライト・パフォーマンス。測定には FIO* 3.1 を使用。共通の構成: インテル® 2U サーバーシステム、CentOS* 7.5、カーネル 4.17.6-1.el7.x86_64、2 x インテル® Xeon® Gold 6154 プロセッサー 3.0GHz (18 コア)、256GB DDR4 RAM 2,666MHz。構成: 375GB インテル® Optane™ SSD DC P4800X を 1.6TB インテル® SSD DC P4610 と比較。インテル・マイクロコード: 0x2000043; システム BIOS: 00.01.0013; インテル® マネジメント・エンジン (インテル® ME) ファームウェア: 04.00.04.294; baseboard management controller (BMC) ファームウェア: 1.43.91f76955; FRUSDR: 1.43。ベンチマーク結果は、追加テストの実施に伴って改訂される場合があります。

3

インテル: 圧倒的なパフォーマンスでデータセットを拡大し、ボトルネックを解消する。2019年1月。intel.co.jp/content/www/jp/ja/products/docs/memory-storage/solid-state-drives/data-center-ssds/optane-ssd-dc-p4800x-p4801x-brief.html インテル: ”クラウドからの発想。ストレージ向けに最適化。” 2019年6月。intel.co.jp/content/www/jp/ja/products/docs/memory-storage/solid-state-drives/data-center-ssds/dc-p4610-p4618-series-brief.html

4

性能は、使用状況、構成、その他の要因によって異なります。詳細については、https://edc.intel.com/content/www/us/en/products/performance/benchmarks/overview/ を参照してください。

5

パフォーマンス実績は、記載の日に実施したテストに基づくものであり、公開されているすべてのセキュリティー・アップデートが適用されていない可能性があります。詳細については、公開されている構成情報を参照してください。絶対的なセキュリティーを提供できる製品はありません。

6

コストと結果は状況によって変わります。

インテル® テクノロジーを使用するには、対応するハードウェア、ソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。