コストを抑えながら大容量メモリーシステムを導入、CASE 時代を勝ち抜く開発力を強化

コストを抑えながら大容量メモリーシステムを導入、CASE 時代を勝ち抜く開発力を強化

コストを抑えながら大容量メモリーシステムを導入、CASE 時代を勝ち抜く開発力を強化

オートマチック・トランスミッション (AT) で世界トップシェアを誇るアイシン・エィ・ダブリュ株式会社は技術開発力の強化を推進しています。100 年に一度の変革期といわれる CASE 時代を見据え、2019年に CAE_システムの大幅な増強を実施。高度なシミュレーション技術で試作によるテスト工程を置き換えて、開発リードタイムを大幅に短縮することを目指しています。注目すべきは、第 2 世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーからサポートされたインテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーを 1.5TB 搭載した HPE ProLiant DL360 Gen10 サーバーの採用です。