データにまつわる最大の課題に対応するメモリーの飛躍的な進化

インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーは、画期的なテクノロジー・イノベーションです。1 2 3 4 次世代の第 2 世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーで提供される、このワークロードに最適化したテクノロジーによって、クラウドやデータベースから、インメモリー分析、コンテンツ配信ネットワークまで、企業はデータからより実用的な洞察を引き出すことができるようになります。

インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーの紹介

インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーは、手ごろな価格の大容量とデータ永続性への対応とを独自に組み合わせた革新的なメモリー・テクノロジーです。このテクノロジーによって、企業はデータ負荷の高いアプリケーションから迅速に洞察を獲得できるだけでなく、仮想マシンやコンテナーの密度を高めることで、サービスの拡張性を一貫して向上させるというメリットも実現できます。このアニメーションを視聴して、その方法を確認してください。

インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーの実例

アルゴリズムの効率を向上する CERN

CERN がインテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーを「コンピューティング・テクノロジーの画期的な進歩」と呼ぶ理由を説明します。

詳細情報

インメモリー・データベースを最適化してマルチクラウド環境で高度な分析を活用

インテルが SAP とのコラボレーションにより、どのように SAP HANA* ワークロードを変革して高度な分析を実現しているかご覧ください。

詳細情報

Windows Server* 2019 で新たな IOPS の記録を達成

インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーを使用して達成した Windows Server* 2019 記憶域スペース ダイレクトでの IOPS パフォーマンスの記録について Microsoft が説明します。

詳細情報

インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーの可能性を探求

世界中のクラウド・サービス・プロバイダーのサポートにより、インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーをご自身で体験できます。インテルの副主任、Raejeanne Skillern がご案内します。

詳細情報

購入情報

第 2 世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーとインテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーを搭載したシステムを提供するパートナーおよびサービス・プロバイダーのリストを参照できます。

インテル® Optane™ テクノロジーの詳細

インテル® Optane™ DC SSD

インテル® Optane™ テクノロジーは、データセンター向けインテル® Optane™ DC SSD など、さまざまな製品でデータのパフォーマンスを向上します。

詳細情報

デベロッパー・ゾーン

インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーをアプリケーションに活用する方法が記載されたオンライン・トレーニング、ツール、ドキュメントにアクセスして、今すぐ始めましょう。

詳細情報

教育ビデオ

インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーのその他の教育ビデオをご確認ください。

ビデオを見る

インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリー・モジュール

製品の詳細と仕様を確認し、現行のデータセンターに適したメモリーモジュールを見つけてください。

製品仕様を見る

インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーのパートナー

主要なデータセンター・システムやクラウド・サービス・プロバイダーが、このテクノロジーを使用してどのようにワークロードに最適化したソリューションを提供しているか、その詳細をご覧ください。

免責事項

1

パフォーマンス実績は構成情報に記載された日に実施したテストに基づくものであり、公開中のセキュリティー・アップデートがすべて適用されているとは限りません。詳細については、公開されている構成情報を参照してください。絶対的なセキュリティーを提供できる製品やコンポーネントはありません。

2

パフォーマンス・テストに使用されるソフトウェアとワークロードは、パフォーマンスがインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などのパフォーマンス・テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。これらの要因のいずれかを変更すると、結果が異なることがあります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品のパフォーマンスなど、ほかの情報やパフォーマンス・テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、http://www.intel.co.jp/benchmarks (英語) を参照してください。

3

パフォーマンス実績は、Microsoft が 2018年9月25日に Microsoft* 記憶域スペースダイレクト、Windows Server* 2019、インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーを使用して実施した内部テストに基づく評価値であり、公開されているすべてのセキュリティー・アップデートが反映されていない可能性があります。絶対的なセキュリティーを提供できる製品はありません。構成: VMFleet。仮想マシン 312 台 (ノード当たり 26 台 x 12 ノードクラスター)、9.36 TiB アクティブ・ワーキング・セットへのランダム 4 KB リード I/O、インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー 28 コア (開発コード: Cascade Lake) x2、DRAM 384GB (32GB x12)、インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリー 1.5TB、インテル® SSD DC P4510 シリーズ NVMe* (開発コード名: Cliffdale) 8TB x4。2018 年の記録は13.7M IOPs、2016 年の記録は 6.7M IOPs。パフォーマンス実績は Microsoft によって出荷前のシステムで実施されたテストに基づく評価値であり、情報提供のために記載しています。

4

パフォーマンス実績は、VMware が2018年10月17日に Redis* memtier ワークロードを VMware* vSphere* 未発表バージョンで実行した社内テストの結果に基づく評価値であり、公開されているすべてのセキュリティー・アップデートが反映されていない可能性があります。絶対的なセキュリティーを提供できる製品はありません。構成: インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー 28 コア (開発コード: Cascade Lake) x2 を搭載した WolfPass プラットフォーム、DDR4 RDIMM 16GB x12 @ 2666 MT/s、インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリー・モジュール 512GB x12、VMware* vSphere* 稼働、ゲスト仮想マシン 112 台によって Centos* 7、Redis* 4.0.11、memtier ベンチマークを GET/SET = 80/20 で実行。結果: ゲスト仮想マシン 112 台の測定値はレイテンシー 4.1ms、CPU 使用率 99%。ゲスト仮想マシン 28 台の測定値はレイテンシー 2.3ms、CPU 使用率 25%。