コネクティビティーの向上が、より素晴らしいユーザー体験に

データ主導のビジネスには、顧客満足度を高め、競合他社の一歩先を進むためのあらゆるチャンスがあります。ただし、そのチャンスを活かすには、柔軟性に優れた高性能のデータセンター・インフラストラクチャーと、インテリジェントで高速のコネクティビティーが必要です。ここで紹介するインテルのトップレベルのコネクティビティー・ソリューションなら、差別化サービスの提供を加速し、絶えず変化する顧客からの需要に適応できる柔軟性を提供できます。その詳細をご確認ください。

クラウド・サービス・プロバイダー

ネットワークの性能と効率の最適化および顧客体験の向上を図り、サービスレベル・アグリーメント (SLA) により厳密に準拠できるようになります。組み合わせることでさらに高い効果を発揮する、実績のある革新的なインテル® テクノロジーを使用して、収益性の高い差別化サービスを実現するインフラストラクチャーを構築してください。

効率の向上と迅速なサービス提供

俊敏性と効率性に優れ、コストを最適化した高性能のデータセンターで、サービスの差別化と、顧客からの採用促進を図ってください。高速のインテル® イーサネットとインテル® シリコン・フォトニクスにより、ネットワークを拡張し、ネットワークに対する増え続ける需要の一歩先を進むことができます。

アニメーションを見る

コンピューティング性能の最大化と TCO の削減

第 2 世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー、25Gb インテル® イーサネット、インテル® SSD の組み合わせが、卓越したサーバー・パフォーマンスと 2.5 倍の仮想マシン (VM) 密度により TCO を削減します。 1

比較ツールを見る

高性能、高可用性のインフラストラクチャーでユーザーニーズに応える Kingsoft Game Cloud

中国を拠点とする業界トップクラスのクラウド・サービス・プロバイダーが、オンラインゲーム向けのサービス提供をどのように高速化しているか紹介します。

導入事例を読む

通信サービス・プロバイダー

レイテンシーの低減、スループットの拡大、予測精度の向上によって優れた顧客体験を提供できます。2 ネットワーク機能仮想化 (NFV) 環境で、さらに一貫したサービスレベル・アグリーメント (SLA) への対応を実現してください。第 2 世代インテル® Xeon® プロセッサーを基盤に構築することで、さらに成果が高まります。

5G フロントホール帯域幅のニーズへの対応

5G では新たな利用用途や利用用途を強化するために容量の増加とレイテンシーの低減が必要になります。ネットワークが確実に、しかも低コストで、これらに対応できるようにしてください。

ホワイトペーパーを読む

データベースを高速化する最先端テクノロジー

まもなく発表されるインテル® イーサネット 800 シリーズに備わる最先端のテクノロジーの 1 つであるアプリケーション・デバイス・キュー (ADQ) が、Aerospike* データベースに実装されることでどのようにデータ転送を高速化するか詳しく説明します。

プレゼンテーションを見る

エッジ・コンピューティングのパワーを最大化するインテル® イーサネット 700 シリーズ

最大の貴重な資産「ラストワンマイル」を収益化できます。エッジ・コンピューティング、分析、各業界向けアプリケーションの強化、ネットワーク効率の向上を最大限に活用してください。

テクノロジー概要を読む

企業

組み合わせることでさらに高い効果を発揮するよう設計された革新的なインテル製品を使用して、ビジネスの将来性を確保してください。10/25Gb インテル® イーサネット製品を第 2 世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーと組み合わせると、企業のワークロードでパフォーマンスを高速化できます。インテル® イーサネット製品はすべて、世界各国共通の販売前 / 販売後サポートと制限付き永久保証の対象となっています。

10Gb インテル® イーサネットでデータセンター・サーバーを最新化

データセンターのビジネス価値を最大化し、最大級のパフォーマンスと最適なコネクティビティーを実現してください。10Gb インテル® イーサネット 700 シリーズのネットワーク製品と第 2 世代インテル® Xeon® Platinum プロセッサーを組み合わせることで、1Gb イーサネットに比べてサーバーのパフォーマンスを 1.6 倍に高速化できます。1 3

詳しくはこちら

ビジネス価値を拡大するインテル® Select ソリューションとインテル® イーサネット製品

IT の効率性を引き上げ、クラウドの俊敏性を活用して、競争力を獲得してください。インテル® イーサネット 700 シリーズは、データの耐障害性、サービスの信頼性、幅広い相互運用性に関する品質レベルを満たすことのできる検証済みのパフォーマンスを提供します。4

詳しくはこちら

25Gb インテル® イーサネット 700 シリーズでビジネス上の洞察を素早く獲得

25Gb インテル® イーサネット 700 シリーズのネットワーク製品を搭載したサーバーで高度な分析や AI ワークロードを実行してください。第 2 世代インテル® Xeon® Platinum プロセッサーとインテル® SSD データセンター (インテル® SSD DC) P4600 を組み合わせると、1Gb イーサネット製品に比べて 2.5 倍パフォーマンスを高速化できます。 1

詳しくはこちら

クラウド・サービス・プロバイダーの成功事例

各企業がビジネスをどのように変革したか確認し、イノベーションへ向かう独自の道筋を計画してください。

DigitalOcean

極めて要求の厳しい分析演算ワークロードに対処しています。

導入事例を読む

NxtGen

マルチテナント環境で効率性を向上しています。

導入事例を読む

Mail.Ru

TCO の 40% 削減を実現しました。

導入事例を読む

Kingsoft Game Cloud

高性能、高可用性のインフラストラクチャーを提供しています。

ビデオを見る

インテルおよびインテル® Select ソリューションが提供するコネクティビティー製品

関連製品

インテル® Solid-State Drive

デジタルビジネスの要求に応えるインフラストラクチャーを手に入れてください。データセンター向けインテル® SSD は、パフォーマンス、信頼性、耐久性に最適化されています。

詳しくはこちら

第 2 世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー

実用的な洞察を導き出し、ハードウェア・ベースのセキュリティーを活用して、ダイナミックなサービスデリバリーを展開できます。

詳しくはこちら

インテル® QuickAssist アダプター

クラウド、ネットワーキング、ビッグデータ、ストレージ・アプリケーションで、移動中および保管中のデータのセキュリティーと圧縮のパフォーマンスが向上します。

詳しくはこちら

免責事項

1

HeadGear Strategic Communications によるパフォーマンス実績は、2019年2月12日時点のテスト結果に基づきます。本ドキュメントの比較分析は、インテルの委託により HeadGear Strategic Communications が実施しました。構成の詳細: 仮想マシンのホストサーバー: インテル® Xeon® Platinum 8160 プロセッサー、インテル Xeon® Platinum 8160F プロセッサー (CPUID 50654、マイクロコード・リビジョン 0x200004D)、インテル Xeon® Platinum 8260 プロセッサー (CPUID 50656、マイクロコード・リビジョン 04000014)、インテル® サーバー・ボード S2600WFT (ボードモデル番号 H48104-850、BIOS ID SE5C620.86B.0D.01.0299.122420180146、ベースボード管理コントローラー [BMC] バージョン 1.88.7a4eac9e、インテル® マネジメント・エンジン [インテル® ME] バージョン 04.01.03.239、SDR パッケージリビジョン 1.88)、DDR4 2133MHz レジスタード・メモリー 576GB、インテル® イーサネット・ネットワーク・アダプター XXV710-DA2 x 1、インテル® イーサネット・ネットワーク・アダプター X710-DA2 x 1、オペレーティング・システムのドライブ構成: インテル® SSD DC S3500 (インテル® ラピッド・ストレージ・テクノロジー・エンタープライズ [インテル® RSTe] RAID1 構成) x 2。Windows Server* 2016 Datacenter エディション 10.0.14393 ビルド 14393、Hyper-V* バージョン 10.0.14393.0、Hyper-V* スケジューラー・タイプ 0x3、インストール済み更新プログラム KB4457131、KB4091664、KB1322316、KB3211320、KB3192137。電子メール仮想マシンの構成: Windows Server* 2012 Datacenter エディション 6.2.9200 ビルド 9200、vCPU x 4、12GB システムメモリー、BIOS バージョン / 日付: Hyper-V* リリース v1.0、2012/11/26、SMBIOS バージョン 2.4、Microsoft* Exchange Server* 2013、仮想マシン・クライアント (Microsoft* Exchange Load Generator* 2013、アプリケーション・バージョン 15.00.0805.000 を稼働) 経由のワークロード生成。データベース仮想マシンの構成: Windows Server* 2016 Datacenter エディション 10.0.14393 ビルド 14393、vCPU x 2、7.5GB システムメモリー、BIOS バージョン / 日付: Hyper-V* リリース v1.0、2012/11/26)、SMBIOS バージョン 2.4、Microsoft* SQL Server* 2016、ワークロード生成 DVD ストア・アプリケーション* (dell.com/downloads/global/power/ps3q05-20050217-Jaffe-OE.pdf)。ストレージサーバー: インテル® サーバー・システム R2224WFTZS、インテル® サーバー・ボード S2600WFT (ボードモデル番号 H48104-850、BIOS ID SE5C620.86B.00.01.0014.070920180847、BMC バージョン 1.60.56383bef、インテル® ME バージョン 04.00.04.340、SDR パッケージリビジョン 1.60)、96GB DDR4 2,666MHz レジスタード・メモリー、インテル® イーサネット・ネットワーク・アダプター XXV710-DA2 x 1、インテル® イーサネット・コンバージド・ネットワーク・アダプター X710-DA2 x 1、オペレーティング・システムのドライブ構成: インテル® SSD DC S3500 (インテル® RSTe RAID1 構成) x 2。ストレージ構成: インテル® SSD データセンター (インテル® SSD DC) P4600 (2.0TB) (インテル® Virtual RAID on CPU (インテル® VROC) 使用の RAID 5 ボリュームとして構成) x 8、インテル® SSD DC S4500 (480GB) (インテル® RAID モジュール RMSP3AD160F 使用の RAID5 構成) x 8、インテル® SSD DC P4510 (仮想マシン・オペレーティング・システム・ストア向けインテル® VROC 使用の RAID5 構成) x 8、Windows Server* 2016 Datacenter エディション 10.0.14393 ビルド 14393、Hyper-V* バージョン 10.0.14393.0、Hyper-V* スケジューラー・タイプ 0x3、インストール済み更新プログラム KB4457131、KB4091664、KB1322316、KB3211320、KB3192137。Windows Server* 2016 Datacenter および Windows Server* 2012 Datacenter (インテル® Xeon® Platinum 8160 およびインテル® Xeon® Platinum 8160F プロセッサーで構成): CVE-2017-5715 のスペキュレーション・コントロール設定 (分岐ターゲット・インジェクション) - 分岐ターゲット・インジェクション緩和に対するハードウェア・サポートがある: ○、分岐ターゲット・インジェクション緩和に対する Windows* オペレーティング・システム・サポートがある: ○、分岐ターゲット・インジェクション緩和に対する Windows* オペレーティング・システム・サポートが有効: ○、分岐ターゲット・インジェクション緩和に対する Windows* オペレーティング・システム・サポートがシステムポリシーによって無効化されている: ×、ハードウェア・サポートがないことで、分岐ターゲット・インジェクション緩和に対する Windows* オペレーティング・システム・サポートが無効化されている: ×。CVE-2017-5754 のスペキュレーション・コントロール設定 (不正なデータキャッシュの読み込み) - ハードウェアにカーネル VA シャドーイングが必要: ○、VA シャドーに対する Windows* オペレーティング・システム・サポートがある: ○、カーネル VA シャドーに対する Windows* オペレーティング・システム・サポートが有効: ○。CVE-2018-3639 のスペキュレーション・コントロール設定 (投機的ストアバイパス) - 投機的ストアバイパスに対するハードウェアの脆弱性がある: ○、投機的ストアバイパスの無効化に対するハードウェア・サポートがある: ○、投機的ストアバイパスの無効化に対する Windows* オペレーティング・システム・サポートがある: ○、投機的ストアバイパスの無効化に対するシステム全体での Windows* オペレーティング・システム・サポートが有効: ○。CVE-2018-3620 のスペキュレーション・コントロール設定 (L1 Terminal Fault) - L1 Terminal Fault に対するハードウェアの脆弱性: あり、L1 Terminal Fault 緩和に対する Windows* オペレーティング・システム・サポート: あり、L1 Terminal Fault 緩和に対する Windows* オペレーティング・システム・サポート: 有効。Windows Server* 2016 Datacenter および Windows Server* 2012 Datacenter (インテル® Xeon® 8160 およびインテル® Xeon® Platinum 8160F プロセッサーで構成): CVE-2017-5715 のスペキュレーション・コントロール設定 (分岐ターゲット・インジェクション) - 分岐ターゲット・インジェクション緩和に対するハードウェア・サポートがある: ○、分岐ターゲット・インジェクション緩和に対する Windows* オペレーティング・システム・サポートがある: ○、分岐ターゲット・インジェクション緩和に対する Windows* オペレーティング・システム・サポートが有効: ○。CVE-2017-5754 のスペキュレーション・コントロール設定 (不正なデータキャッシュの読み込み) - ハードウェアにカーネル VA シャドーイングが必要: ×。CVE-2018-3639 のスペキュレーション・コントロール設定 (投機的ストアバイパス) - 投機的ストアバイパスに対するハードウェアの脆弱性がある: ○、投機的ストアバイパスの無効化に対するハードウェア・サポートがある: ○、投機的ストアバイパスの無効化に対する Windows* オペレーティング・システム・サポートがある: ○、投機的ストアバイパスの無効化に対するシステム全体での Windows* オペレーティング・システム・サポートが有効: ○。CVE-2018-3620 のスペキュレーション・コントロール設定 (L1 Terminal Fault) - L1 Terminal Fault に対するハードウェアの脆弱性がある: ×。ネットワーク・スイッチ: 1/10GbE SuperMicro SSE-X3348S*、ハードウェア・バージョン P4-01、ファームウェア・バージョン 1.0.7.15、10/25GbE Arista DCS-7160-48YC6*、EOS 4.18.2-REV2-FX。

2

50% 超の予測可能性向上、45% 超のレイテンシー低減、30% 超のスループット向上 (第 2 世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーおよびインテル® イーサネット 800 シリーズ使用のオープンソース Redis* を ADQ あり / なしの場合で比較)。パフォーマンス実績は2019年2月にインテルが社内で実施したテストに基づくものであり、公開中のセキュリティー・アップデートがすべて適用されているとは限りません。詳細については、公開されている構成情報を参照してください。絶対的なセキュリティーを提供できる製品やコンポーネントはありません。Linux* 4.19.18 カーネルで動作する第 2 世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーおよびインテル® イーサネット 800 シリーズ 100GbE で Redis* オープンソースを使用して実施したテスト。構成の詳細については、「Performance Testing Application Device Queues (ADQ) with Redis* Solution Brief」をご覧ください。

3

第 2 世代インテル® Xeon® Platinum 8260 プロセッサーに基づくテストおよびインテル® イーサネット・ネットワーク・アダプター XXV710 の 1GbE から 10GbE へのアップグレード。

4

インテル® イーサネット 700 シリーズには、ネットワーク・アダプター、アクセサリー (光ファイバーとケーブル)、ハードウェア、ソフトウェアの広範囲にわたるテストのほか、幅広いオペレーティング・システムのサポートが含まれます。取り扱い製品のソリューションの全リストは、http://www.intel.co.jp/ethernet/ で確認してください。ハードウェアとソフトウェアは、インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーとネットワーク・エコシステムで完全に検証済みです。製品は、インテル® アーキテクチャーと幅広いオペレーティング・システム・エコシステム (Windows*、Linux* カーネル、FreeBSD*、Red Hat* Enterprise Linux* (RHEL*)、SUSE*、Ubuntu*、Oracle* Solaris*、VMware* ESXi*) に最適化されています。インテル® イーサネット 700 シリーズでサポートされている接続およびメディアタイプ: ダイレクトアタッチの銅およびファイバー SR / LR (QSFP+、SFP+、SFP28、XLPPI / CR4、25G-CA / 25G-SR / 25G-LR)、ツイストペア銅 (1000BASE-T / 10GBASE-T)、バックプレーン (XLAUI / XAUI / SFI / KR / KR4 / KX / SGMII)。インテルは QSFP+ メディアタイプを提供する唯一のベンダーです。インテル® イーサネット 700 シリーズでサポートされている速度は、10GbE、25GbE、40GbE です。