徹底した管理

オフィスや自宅、または地球の反対側から働くなど、現代の従業員はますます移動型の勤務形態となっています。インテル® vPro® Enterprise (Windows 向け) プラットフォームには、インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジーの最新管理ツールが備わっており、1完全なリモート管理機能を組織全体に提供します。企業のファイアウォールの外にあるデバイスや OS が応答しないデバイスへのアクセスも実現させます。インテル® エンドポイント・マネジメント・アシスタント (インテル® EMA) ツールを利用すれば、IT 部門は、クラウドを介してファイアウォール内外のデバイスをリモートで安全に管理できます。

インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジーとインテル® エンドポイント・マネジメント・アシスタント (EMA) ソフトウェアを備えたインテル® vPro プラットフォームによるリモート管理機能を利用して、企業のデバイスを制御することができます。

インテル® vPro® プラットフォームの導入事例

インテル® vPro® プラットフォームを導入した企業や組織をご紹介します。

ビジネスを前進させるための設計

インテル® vPro® プラットフォーム準拠の PC は、ビジネスニーズに応えます。セキュリティーの未来を自信を持って進んでいき、チームがもっとシームレスに接続してコラボレーションできるために役立つ、将来を見据えた機能を備えています。インテル® vPro® は、俊敏性を保ち、拡張を可能にし、目標をより迅速に実現できるよう後押しすることで、ビジネスを前進させます。すべてに備えれば、どんなことでも可能になります。

法的情報の開示3

免責事項

1

インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー (インテル® AMT) に対応したチップセット、ネットワーク・ハードウェア、ソフトウェアを搭載し、インテル® AMT の機能が有効化されたシステムが、企業 LAN に接続されている必要があります。ノートブック PC の場合、ホスト OS ベースの VPN 上や、ワイヤレス接続時、バッテリー駆動時、スリープ時、ハイバネーション時、電源切断時には、インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジーを利用できないことや、一部の機能が制限されることがあります。実際の結果はハードウェア、セットアップ、構成によって異なります。詳細については、http://www.intel.co.jp/technology/vpro/ を参照してください。

2

リモート KVM (キーボード、ビデオ、マウス) 制御を利用できるのは、インテル® Core™ i5 vPro® プロセッサーおよびインテル® Core™ i7 vPro®プロセッサーで統合的グラフィック機能を有効にした場合のみです。ディスクリート・グラフィックスはサポートされません。

3

© Intel Corporation.Intel、インテル、それらのロゴ、およびその他のインテルのマークは、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。その他の社名、製品名などは、一般に各社の表示、商標または登録商標です。