データの洪水を制御する

戦略的アプローチによるデータ資産の活用。

データには最大の企業資産となる可能性が秘められています。その可能性を知るには、複雑なデータ状況を収集、保管、管理することが不可欠です。それにより、AI やマシンラーニングのような高度な分析能力の組込みを想定して設計された、将来性のあるデータ戦略の構築が可能になり、洞察を基にしたイノベーションの成功へとつながります。

データの洪水を制御する方法

毎日のように企業に流れ込んでくるデータを効果的に収集、管理しなければ、すぐに手に負えなくなり、把握できなくなってしまいます。このホワイトペーパーでは、データ・インフラストラクチャーを最新化し、俊敏で体系化されたデータレイクを作成する手順を説明します。

ホワイトペーパーを読む

仮想化によるビッグデータの利点の最大化

仮想化とビッグデータ・ソリューションの普及が、ビッグデータ環境を最大限に活かしてどのように IT とビジネスから価値を引き出しているかご覧ください。

ソリューション概要を読む

ビジネスニーズに合ったデータ戦略を立てる

ビジネスのレーダーに映るデータは未加工なので、そのデータから価値を引き出すには IT に多大な役割が求められます。インテリジェントなビジネス中心のデータ戦略構築のために、IT リーダーが取り組むべき重要な検討事項について説明します。

詳しくはこちら (英語)

ビッグデータ分析の障壁を解消

従来の分析方法では、増え続けるデータ量の処理に追われ、データベースやサポートするアプリケーションの速度低下が避けられません。データ・ティアリングがどのように最新の分析ワークロードを高速化するか説明します。

ソリューション概要を読む

未来へようこそ

データ企業ともいえる今日の企業。このような自覚があり、実際にデータをビジネスの中核に据えようとしている企業は、分析の時代で成功を収めるでしょう。ぜひ遅れを取らないように臨んでください。

詳しくはこちら (英語)

データ戦略を決定する実践的手順

データを価値あるものへと変換させる IT 環境の影響力を知り、この変化し続ける世界がもたらす変革とビジネスチャンスの両方に企業が対応できるように、データ戦略構築のフレームワークを定義してください。

ガイドを読む (英語)

インテル IT 部門 による Apache Hadoop* プラットフォームのセキュリティー強化

インテル IT 部門が戦略的にデータに立ち向かうために、どのような取り組みを始めているか紹介します。インテルがどのようにして、コスト削減と、ビッグデータおよび分析能力の拡大に成功したかを説明します。

ポッドキャストを聴く (英語)

データ管理戦略の構築で考慮すべき重要事項

データ戦略構築の考え方はまだなじみがなく、どこから取り掛かるべきか苦戦している企業も多いようです。このブログを読んで、行動を起こすヒントをつかんでください。

詳しくはこちら (英語)

ビッグデータの障壁を打ち破る BlueData* EPIC*

データ管理戦略を立てて実行に移すのは手強いように思えるかもしれませんが、そのプロセスをスムーズかつ簡単に進める手助けとなるソリューションがあります。ビッグデータをサービスとして活用し短期間で成果を出すソリューションについて説明します。

ソリューション概要を読む

高度な分析によるビジネスへの影響

データ戦略が整えば、価値あるデータ資産を新たな洞察の獲得に活用できます。データ主導のイノベーションを起こすチャンスはあらゆる業界や環境に広がっています。

ガイドを読む

銀行での高度分析の活用

世界中の金融機関が、高度な分析を活用して、クライアントのより深い理解やビジネスにおける新たな洞察の獲得、リスクの軽減に成功しています。その方法をご覧ください。

詳しくはこちら (英語)

Montefiore が精密医療による患者のケア向上を実現

ニューヨークの大規模医療センターである Montefiore Health System では、包括的なデータレイク構築と予測アルゴリズムの活用により実用的な洞察を獲得し、救急医療や患者の予後の向上に役立てています。

ソリューション概要を読む

まとめを読む

高度な分析による治療

医療機関が、よくある症状を予測して予防的に対処したり、時間的制約のある病院スタッフの効率を最適化する機能の強化に成功した方法をご覧ください。

詳しくはこちら (英語)

データ駆動型の洞察

高度な分析によるデータ駆動型の洞察を革新的な力に変えて、既存のデータからより多くの有益な情報を引き出してください。

詳しくはこちら

高度な分析

ビジネスに新たなレベルのイノベーションを起こすには、高度なデータ分析による洞察を迅速に獲得する必要があります。インテルのソリューションがビジネスのために何ができるのかご確認ください。

詳しくはこちら