リアルタイム・ストリーミング分析ソリューションでデータ価値を最大化

リアルタイム・ストリーミング分析ソリューションでデータ価値を最大化

リアルタイム・ストリーミング分析ソリューションでデータ価値を最大化

今日のビジネス環境において、データの流れが止まることはありません。これまで意思決定は、毎月のデータから取得したレポートに基づいて行われてきました。このアプローチは、時間が重要な要素ではないアーカイブ済みの履歴データには引き続き有効です。しかし、時間的制約のあるデータの場合、組織に大きな価値をもたらすには、数秒以内に答えが得られなくては意味がありません。企業が競争力を維持するには、リアルタイム・ストリーミングのマシンラーニング・アプリケーションをデータセンターに導入する必要があります。CIO の 91% が、ストリーミング・データ分析は自社の収益にプラスの効果をもたらす可能性があると述べています。

インテルと Lenovo ...は、マシンラーニングを含むリアルタイム・ストリーミング分析ソリューションの、信頼性の高い独自の高性能リファレンス・アーキテクチャーを協働で提供しています。このリファレンス・アーキテクチャーは、金融サービス業界の不正検出に重点を置いていますが、ほかのユースケースにも簡単に適応させることができます。ソリューション・スタックには、Cloudera や Elastic をはじめ、業界の主要企業が提供する信頼できるソフトウェア・テクノロジーが含まれています。このソリューション・スタックの基盤となるのは、強力なインテル® Xeon® プロセッサー・スケーラブル・ファミリーを搭載した Lenovo ThinkSystem* サーバーです。図 1 は、企業がビジネスの洞察を獲得し、競争力を維持できるよう支援する、リアルタイム・ストリーミングのリファレンス・アーキテクチャーの仕組みを示しています。

現代の爆発的なデータ急増とリアルタイム・データに基づく意思決定のニーズの増加により、競争力の維持を望む企業、特に金融サービス機関にとって、マシンラーニングで強化されたリアルタイム・ストリーミング分析は不可欠となっています。インフラストラクチャー・プラットフォームにこのリファレンス・アーキテクチャーを採用している組織では、リアルタイムの意思決定が可能となり、不正取引の防止にも役立っています。

ここで説明するリファレンス・アーキテクチャーを使用することで、顧客は必要なパフォーマンスと信頼性を確実に手に入れることができます。

インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーにより、イノベーションと新たな市場への参入を可能にする、新サービスの差別化を図ることができます。ただし、そのためには、生み出されるサービスと同様に性能効率がほかを圧倒するレベルでなければなりません。インテル® 3D NAND テクノロジーおよびインテル® Optane™ SSD ストレージとともに、インテル® Xeon® スケーラブル・プラットフォームを使用することで、ワークロード全体で圧倒的な性能効率を実現できます。このテクノロジーを早くから導入している企業はすでにパフォーマンスの向上を体験しています。

インテルと Lenovo のパートナーシップ

インテルと Lenovo のパートナーシップによる、データセンターでのパフォーマンス向上を目指したコラボレーションについてご覧ください。

詳しくはこちら

リアルタイム・ストリーミング分析

Lenovo とインテルのテクノロジーを基盤とした、高性能なリアルタイム・ストリーミング分析ソリューションのリファレンス・アーキテクチャーについてご覧ください。

詳しくはこちら

関連ビデオ