マシンラーニングによる意思決定の自動化と最適化

厳しい納期、顧客からの高度な要件、絶え間なく続く競争により、製品の品質向上や提供の迅速化が求められる事業部門にますます圧力がかかっています。事業部門でのこのような要望を満たすことも IT 部門の役目です。現在、多くの企業が意思決定を自動化し洞察を深めようと、高度な分析や AI の技術を採用しはじめています。AI の一分野であるマシンラーニングが、こういったビジネス課題の大部分を解決する主要なカギとなっています。

既存のデータを競争優位な強みに転換

データ管理は、デジタル化が進む環境でビジネスを成功させるための第一歩にすぎません。状況を一変させる洞察を集め、データから最大限の価値を引き出すことも不可欠です。この工程でマシンラーニングが急速に重要なツールとなってきています。

マサチューセッツ工科大学 (MIT) のホワイトペーパーを読む

高度な分析と AI の最適化に関するトレンドとビジネスチャンスについてご覧ください。

マシンラーニングで成功する

マシンラーニングが AI を科学と研究の領域から日常へと押し進めています。都市のスマート化、迅速な医療診断、農作物の収穫高の増大などもその一部です。意思決定が迅速に行えるようになると、価値が引き上げられ、コストの削減にもつながります。

ビデオを見る ›

マシンラーニングとインテルのテクノロジー

マシンラーニングのパワーを最大限に活用するには、多種多様な大容量データセットへのアクセス、最適化されたデータ・プラットフォーム、強力なデータ分析、視覚化ツールが必要とされます。マシンラーニングに取りかかる場合、既存の IT 環境にどういった影響が及ぶかも必ず考慮してください。

リファレンス・アーキテクチャーの詳細