Parley SnotBot* 調査隊

私たちが呼吸する大気は海から生まれます。現在、海と海洋生物はかつてないほど大きな危険に直面し、このどちらも守るには、何が生態系を脅かしているのか理解する必要があります。インテルが Parley for the Oceans や海洋生物学者のチームと協力し、人工知能とドローンを使用して、海の最も重要な哺乳類であるクジラからデータを収集するミッションに取り組んでいるのはそのためです。1

調査隊を支えるテクノロジー2

人工知能とドローンは、海洋の健康に関する新たなレベルのデータを提供して研究者を支援しています。インテル® Movidius™ テクノロジーとインテル® Xeon® プロセッサー、現場で実用的なリアルタイム・データを提供することによって、データ収集の効率、関連性、効果を高めています。このテクノロジーにより、クジラの研究方法がどのように変わりつつあるかご覧ください。

海面の下を行く: テクノロジーの裏側

インテルの人工知能テクノロジーは、クジラと海洋の研究の大きな進歩に貢献しています。インテルの AI 専門家である Ted Willke が、Parley SnotBot* ミッションを陰で支えるテクノロジーについて語ります。

インテルの人工知能の詳細 ›

野生のクジラを識別

野生のクジラを識別

カスタムドローンは、クジラの生体サンプルを採取するのと、クジラ自体のビデオ映像を撮影するために使用されます。生体サンプルを使用して、個体の遺伝子学的プロファイルを作成し、感染症などの病気を検査できます。ビデオは、船上でインテル® Movidius™ ニューラル・コンピュート・スティックを備えたインテル® Core™ i7 プロセッサー搭載ノートブック PC にリアルタイムでダウンロードされます。インテル® Movidius™ ニューラル・コンピュート・スティックは、マシンラーニング・アルゴリズムを使用して、クジラのパターン (または「個体識別子」) をデータベースと照合し、個々のクジラをリアルタイムで識別します。

インテル® Movidius™ ブランドの詳細 (英語)

健康データをリアルタイムで評価

健康データをリアルタイムで評価

クジラを識別するテクノロジーは、個体の健康をリアルタイムで評価する際にも使用されます。インテル® Xeon® プロセッサー搭載 PC が、ドローンによって収集されたクジラの映像を処理し、群れと比較したその個体の体長、体重、全体的な健康状態を示す体積データを提供します。

インテル® Xeon® プロセッサー搭載 PC による処理の詳細

調査隊の詳細

Parley SnotBot* は、クジラが水面に上がって呼吸するときに吐き出される潮吹き (鼻水) を採取するように改良されたドローンや、結果をリアルタイムで分析する人工知能などの革新的な非侵襲型のテクノロジー・ツールを使用してクジラと海からデータを収集する共同ミッションです。海洋研究の方法を変えつつある、科学者とインテルの技術者による取り組みをご覧ください。

新しいテクノロジーの世界の詳細

Parley SnotBot* の舞台裏

世界中の海が健康かどうか、クジラの鼻水で解明します。Parley SnotBot* ミッションを陰で支えるテクノロジーについて詳しく説明します。

詳しくはこちら

外洋におけるイノベーション

クジラと海洋の研究の重要性と、地球の研究におけるイノベーションを推進するインテルのテクノロジーについて詳しく説明します。

詳しくはこちら (英語)

北極圏上空

北極調査隊の Ole Liodden 氏は、ドローンを使用して、気候変動や、環境に適応しようともがく野生動物の研究方法を変えようとしています。

詳しくはこちら

ビジネスの未来

人工知能、マシンラーニング、高度分析などのテクノロジーが、さまざまな業界で課題を解決する方法をご覧ください。

詳しくはこちら

免責事項

1

NMFS 承認番号 18636

2

インテル® テクノロジーの機能と利点はシステム構成によって異なり、対応するハードウェアやソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。実際の性能はシステム構成によって異なります。絶対的なセキュリティーを提供できるコンピューター・システムはありません。詳細については、各システムメーカーまたは販売店にお問い合わせいただくか、http://www.intel.co.jp/ を参照してください。* その他の社名、製品名などは、一般に各社の表示、商標または登録商標です。