高度なデータ分析: ビジネスをよりスマートにする

組織のより良い決断をサポートするよう設計されたハードウェアとソフトウェアにより、現在の分析力はますます発展しています。

機械学習による強化から未来を予測する予測モデリングまで、高度な分析により新しいユースケースとデータ主導型の意思決定が可能になります。

現代の組織における情報に基づくデータ主導型の意志決定はデータ分析に依存しています。そして今、大規模なデータセットへのアクセスと把握力をもつ組織が競合において有利になります。これには、インテリジェント・エッジにある構造化されていないものや、従来は「ダーク」であったデータや情報が含まれています。

従来型から高度な分析へと移行することにより、組織は顧客、プロセス、製品についてよりスマートになることができます。正確なビジネス・インテリジェンス (BI) と予測モデリングにより、簡単に新しいアプローチと戦略を模索出来るようになります。

変化する高度な分析環境

分析論の最も輝ける最前線は、従来のデータソースや分析方法に依存しません。高度な分析により、データ分析分野で 2 大変化が起こっています。

  • 未来に集中: 今までの分析では、一般的に過去のデータを理解するために過去を振り返っていました。高度なデータ分析は、先を見据えたアプローチをとることが多く、問題が発生する前に解決したり、ビジネスの決定がどのような影響をもたらすか予測します。

  • より広範なデータ・アプローチ: 分析の進歩により、以前は活用できなかったデータソースからさらに学ぶことが出来るようになりました。これらには画像、音声、ビデオ、IoT センサーのデータなどが含まれ、最適化されたハードウェアとソフトウェアにより、高速な分析パフォーマンスを実現できます。

分析能力が進歩するにつれ、デバイスの数と関連するデータの量を大幅に増やすことができます。

高度な分析を使用する理由?

データ主導型の意思決定能力を求める組織にとって有望な高度分析のメリットは計り知れず、さらなる情報を集め、インサイトを得たり未来の予測まで可能にします。

しかし、多くの企業が可能性を拡大する際に経験することですが、効率的な高度分析戦略を一夜で構築することはできません。従来の分析とデータ処理の基盤が必要です。

組織的分析戦略の開発は、現在の分析の取り組みの成熟度の理解から始まります。分析の成熟度を評価すれば、障壁を突破して情報の次なるレベルのインサイトを手に入れることができます。インテルのガイド、データからインサイトへを参照してください。

大量のデータ分析を最大限に活用するには、ハードウェアとソフトウェアのスケーラビリティ、パフォーマンス、コスト効率の最適化に基づくアプローチが必要です。

高度なデータ分析方法

分析において最も高度なユースケースで、より多くのソースからの情報を理解できるようになります。その結果、インサイトと意思決定は短期間で自動的に生成されます。

  • リアルタイム分析
    インテリジェント・エッジに接続されているデバイスの数が増えるにつれ、収集されるデータをリアルタイムで理解する必要性も高くなります。リアルタイム分析により、情報を今までにないやり方で処理したりモデリングできるようになり、新しい情報がデータストリームに入るとすぐに新しいインサイトが生成されるようになります。
    フリート運用の改善から患者の安全確保まで、リアルタイム分析は、インサイトを最も有効なタイミング、つまり即時に提供します。

  • 予測的分析
    予測的分析を使うことで、企業は未来に起こる可能性の高い結果を理解できるようになり、最大の目標を達成するためにその結果を最適化できます。
    大規模な予測分析には、幅広い分析ワークロードに対応できる専用のインフラストラクチャーが必要です。鍵は柔軟性です。予測分析を成功させるには、SAP HANA や Oracle Analytics Cloud などプラットフォームに対応できるデータ・インフラストラクチャーが必要になります。また、ストリーミング分析ソリューションをサポートし、Spark などのオープンソース分析ツールに対応できるようにするべきでしょう。

  • 強化された分析
    データ・サイエンティストによる最も有望な開発のいくつかは、分析とAIの融合から生まれました。ニューラル・ネットワークと機械学習は、コンピューターがさまざまな非構造データを理解し、推測する能力を革命的に向上させました。
    AI を使用して分析を強化することで、小売業は店舗内での顧客の動きを把握でき、製造業はより簡単に不良品を識別できるようになります。医師は医療画像をより深く理解でき、倉庫ではスマートな在庫追跡が可能になります。
    OpenVINO™ ツールキットのインテル® ディストリビューションなど、インテリジェント・エッジでの AI の開発と導入を加速するように設計されたテクノロジーで実現できます。1 インテルは、世界で最も革新的なビジネスにおける AI 分析の実現に尽力しています。

組織が高度分析の可能性を探り始めたばかりという場合でも、既に次世代分析テクノロジーに大きく投資しているという場合でも、インテルはサポートを提供します。インテルのハードウェア、ソフトウェア、およびパートナー・テクノロジーの深いエコシステムにより、高い分析の熟練度の達成やデータ主導型の成長を目指すデータ・サイエンティストを支えます。

分析のためのインテル® テクノロジー

インテル® テクノロジーは、現代の企業が分析を行う方法を変革していきます。多様な業界および全世界に広がるユースケースとともに、インテルは企業における業績とコスト効率の最適化を手助けしながら、継続的に分析を推進するために取り組んでいます。

大量のデータ分析を最大限に活用するには、ハードウェアとソフトウェアのスケーラビリティ、パフォーマンス、コスト効率の最適化に基づくアプローチが必要です。

未来のソリューションを開発する企業を支援する、広範囲にわたるテクノロジーとパートナーのエコシステムとともに、インテルは世界中の企業における高度な分析を強化しています。データセンターからエッジまで、インテルは分析エコシステムのあらゆる側面で活躍し、最大限の価値とパフォーマンスを提供しています。

よくある質問 (FAQ)

よくある質問

高度なデータ分析には、AI で強化した分析から、瞬時に先を見据えたインサイトを提供するリアルタイムな予測分析まで、幅広いアプローチが含まれます。

高度な分析は、今まで以上に多い情報を今までにないほど詳細に理解できる機会を提供します。高度な分析が、運用の一本化から顧客満足度の向上まで、さまざまなビジネスの目標を達成するのに役立ちます。

従来の分析では、すでに起きたことに焦点を当てるのに対し、高度分析では現在と未来を重視しています。また、高度なデータ分析は、構造化されていないデータなど、従来の分析と比べてさまざまな種類のデータを幅広く分析できます。

リアルタイム分析は、インサイトをデータストリームと同じ様に常に最新に維持しているのに対し、予測分析はビジネスに将来起こる可能性の高い結果を予測した統計モデルの作成に役立ちます。強化された分析では、機械学習やその他の種類の AI を活用して分析をよりスマートにします。

分析は、ビジネス・インテリジェンス (BI) やそれ以外のアプリケーションで活用できるように生データをインサイトに変換します。分析により、運用効率を向上させ、組織全体における体験を改善できるようになります。

関連コンテンツ

分析のためのインテル® テクノロジーの詳細。

データ分析

組織が信頼性の高い実践的なインサイトを提供するために分析がどう役立つか、分析戦略をどのように発展できるかについて説明します。

分析を最大限に活用する

AI 分析

AI がどのように分析に革命をもたらし、幅広い産業やユースケースで独自のインサイトを提供しているかについて説明します。

AI による分析の強化

予測的分析

データを活用し、将来について実践的な予測を行うことで競争上の優位性を得ることができます。

予測的分析の詳細を見る

通知と免責条項
インテル® テクノロジーを使用するには、対応するハードウェア、ソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。// 絶対的なセキュリティーを提供できる製品またはコンポーネントはありません。// コストと結果は異なることがあります。// インテルはサードパーティーによるデータの管理や監査を行っていません。正確さを評価するには、他のソースを参照する必要があります。

高度な分析に関する最新ニュースとトレンド

ご登録いただくと、インテルから高度な分析についての最新情報をメールでお届けします。テクノロジーや業種別の最新動向、話題のソリューションや、ビジネスインサイト、ウェビナーおよびイベント更新情報などについて、ぜひご確認ください。

18 歳以上であることを確認し、インテルがマーケティング関連の電子メールまたは電話でご連絡することを同意した上で、このフォームを送信してください。いつでも登録を解除することができます。インテルのウェブサイトおよびインテルによるコミュニケーションは、インテルのプライバシー通知および利用規約が適用されます。

18 歳以上であることを確認し、インテルがマーケティング関連の電子メールまたは電話でご連絡することを同意した上で、このフォームを送信してください。いつでも登録を解除することができます。インテルのウェブサイトおよびインテルによるコミュニケーションは、インテルのプライバシー通知および利用規約が適用されます。

免責事項

1インテル® コンパイラーでは、インテル® マイクロプロセッサーに限定されない最適化に関して、他社製マイクロプロセッサー用に同等の最適化を行えないことがあります。これには、インテル® SSE2、インテル® SSE3、インテル® SSSE3 命令セットなどの最適化が該当します。インテルは、他社製マイクロプロセッサーに関して、いかなる最適化の利用、機能、または効果も保証いたしません。本製品のマイクロプロセッサーに依存した最適化は、インテル® マイクロプロセッサーの使用を前提としています。インテル® マイクロアーキテクチャーに限定されない最適化の中にも、インテル® マイクロプロセッサー用のものがあります。この注意事項で言及した命令セットの詳細については、該当する製品のユーザー・リファレンス・ガイドを参照してください。