もっと知ろう、802.11ac Wi-Fi のこと

インテル® Wireless-AC 搭載で始まる驚きの Wi-Fi 体験

最大で 3 倍の通信速度、より多くのデバイスの接続を可能にする大容量、長距離での優れたパフォーマンス、切断の少ない信頼性の高い接続、低消費電力による長いバッテリー持続時間。これらを提供する新しい 802.11ac Wi-Fi は 802.11n に比べて飛躍的に向上したパフォーマンスを実現します。

購入を検討している 2 in 1、Ultrabook™、ノートブック PC、一体型 PC に、必ずしも 802.11ac が搭載されているわけではありません。最適な Wi-Fi アダプターを選択して、デバイスへの投資を長期にわたって活かせるようにしましょう。1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

How to Be Smart About Your Wi-Fi Choice

ストリーム数

802.11ac Wi-Fi は、複数の無線とアンテナをサポートしているため、複数のデータストリームを送受信できます。Wi-Fi の世界では、このような構成を 1×1、2×2 などと表し、 アンテナやデータストリームが多いほど高速で、デッドゾーンや接続の途切れが少なく、広範囲をカバーできます。時間を節約でき、よりなめらかな HD ビデオを視聴できるほか、中断も少なくより自由に移動できます。2×2 802.11ac アダプターでは最高データレートが最大 867 Mbps となり、これは 802.11n の 3 倍の通信速度です。

デュアルバンド

デュアルバンドでは 2.4 GHz と 5 GHz の両方の Wi-Fi 周波数を使用します。5 GHz は、古い 2.4 GHz の 5 倍の容量を実現し、混雑や干渉も少なくなります。2.4 GHz 周波数は、容量が少ない過密帯で、他のさまざまなワイヤレス機器の干渉を受けます。デュアルバンド 802.11ac Wi-Fi アダプターなら、5 GHz Wi-Fi ネットワークを活用しながら、必要に応じて古い 2.4 GHz Wi-Fi ホットスポットにも接続できます。

スループット

ワイヤレス・ネットワークが「理論上」の最高データレートで動作することはまずありません。ネットワーク・オーバーヘッド、ユーザーの過密、距離、障害物、干渉など、さまざまな要因の影響を受けます。Wi-Fi 製品の検討に際しては、スループットに注目してください。ネットワーク・オーバーヘッドだけで、利用可能な帯域幅の 30~ 50% を使ってしまうだけでなく、 Wi-Fi ネットワークは共有されるため、 同じ Wi-Fi ホットスポットを使用するユーザーが増え、トラフィックが増大すれば、すべてのユーザーの通信スピードが低下します。

これからの通信ライフに最適な Wi-Fi 製品を選ぶ

関連ビデオ

免責事項

1

1 空間ストリームによる 1x1 802.11n の実装によって実現する理論上の最大帯域幅に基づいています。実際の無線スループットや有効範囲は、ご利用の OS、ハードウェアやソフトウェアの構成によって異なります。詳細については、各 PC メーカーにお問い合わせください。

2

インテル® Dual Band Wireless-AC 7260 との比較。

3

InstantGo は Microsoft* Windows* 8.1 オペレーション・システムの機能です (Microsoft* Windows* 8 および Microsoft* Windows* RT では Connected Standby という名称でした)。

4

インテル® ワイヤレス・ディスプレイには、同機能に対応した PC、タブレット、スマートフォンのいずれかと、互換性のあるアダプター、およびテレビが必要です。1080p と Blu-ray*、その他の著作権保護されたコンテンツの再生は、ビルトイン・ビジュアルが有効になっている一部のインテル® プロセッサーでのみ利用可能です。各 PC メーカーにお問い合わせください。詳細については、http://www.intel.com/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/intel-wireless-display.html を参照してください。

5

インテル® WiFi ホットスポット・アシスタントには、インテル® ワイヤレス・アダプター、インテル® PROSet/Wireless WiFi ソフトウェア (バージョン 15.6 またはそれ以降)、Easy WiFi* Network の初期セットアップのためのインターネットへの接続が必要です。

6

Wi-Fi Alliance* Passpoint* が利用可能な場合。

7

インテル® vPro™ テクノロジーは高度な機能であり、利用するにはセットアップと有効化を行う必要があります。利用できる機能と得られる結果は、ハードウェア、ソフトウェア、IT 環境のセットアップと構成によって異なります。詳細については、 http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/vpro/vpro-technology-general.html を参照してください。 

8

インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー (インテル® AMT) を利用するには、インテル® AMT の有効化と、企業 LAN に接続されておりインテル® AMT 対応チップセット、ネットワーク・ハードウェア、およびソフトウェアを搭載しているシステムが必要です。ノートブック PC の場合、ホスト OS ベースの VPN 上や、ワイヤレス接続時、バッテリー駆動時、スリープ時、ハイバネーション時、電源切断時には、インテル® AMT を利用できないことや、一部の機能が制限されることがあります。実際の結果はハードウェア、セットアップ、構成によって異なります。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/intel-active-management-technology.html を参照してください。

9

性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要素によって異なります。製品の購入を検討される場合は、他の製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。

10

本資料は、明示されているか否かにかかわらず、また禁反言によるとよらずにかかわらず、いかなる知的財産権のライセンスも許諾するものではありません。製品に付属の売買契約書『Intel's Terms and Conditions of Sale』に規定されている場合を除き、インテルはいかなる責任を負うものではなく、またインテル製品の販売や使用に関する明示または黙示の保証 (特定目的への適合性、商品適格性、あらゆる特許権、著作権、その他知的財産権の非侵害性への保証を含むがこれらに限定されない) に関してもいかなる責任も負いません。インテル製品は、医療、救命、延命措置などの目的に使用することを前提としたものではありません。インテル製品は随時、予告なく仕様及び製品の説明が変更される場合があります。最新情報については、http://www.intel.com/content/www/us/en/wireless-network/wireless-products.html をご覧ください。