• <検索へ戻る
Masthead Light

インテル® Centrino® Ultimate-N 6300

毎日の通信に究極の Wi-Fi とインテルの機能を

インテル® Centrino® Ultimate-N 6300

インテル® Centrino® Ultimate-N 6300 Wi-Fi アダプターを搭載した Ultrabook™ では、最高水準の通信速度 (最大 450 Mbps1)、最大限の距離、信頼性ならびにインテル独自のワイヤレス機能により、究極の通信体験が得られます。 

製品概要:  プレビュー |  ダウンロード

サポートされるシステムタイプ:

systemtype

systemtype

systemtype

機能と利点

究極のパフォーマンス

802.11agn、3x3、デュアルバンドにより、最大 450 Mbps の速度で最大限の距離にわたり信頼性の高い通信を実現します。5 GHz 対応により、通信速度が向上し、混雑が緩和されます。電力効率に優れているため2、モビリティーと利便性が向上します。

インテル® ワイヤレス・ディスプレイ3

ローカル PC やインターネット上のコンテンツを面倒なケーブル接続なしに大画面のテレビで楽しめたらどうでしょうか。

インテル® スマート・コネクト・テクノロジー4

スリープ状態でも重要なコンテンツを自動的に更新し、アクセスポイントの識別が可能なため、作業再開時に素早くインターネットにアクセスできます。
インテル® Wi-Fi ホットスポット・アシスタント5 世界数百万カ所にある無料および有料の Wi-Fi ホットスポットに瞬時に接続できます。移動中も Ultrabook™ は利用可能な Wi-Fi ホットスポットに自動的に接続するため、毎回手動でログインする必要がありません。インテル® スマート・コネクト・テクノロジーとの連携により、Ultrabook™ がスリープ状態でも、お気に入りのクラウドコンテンツ (E-メール、ソーシャル・ネットワーク、ニュースなど) が自動的に更新されます。

ビジネス・クラス・ワイヤレス・スイート

インテル® vPro™ テクノロジー、インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー、インテル® PROSet/Wireless Enterprise ソフトウェアのサポートにより、企業の Wi-Fi クライアント管理に対応し、セキュリティーの向上と導入の効率化を実現します。

免責事項

open

1. 1 空間ストリームによる 1x1 802.11n の実装によって実現する理論上の最大帯域幅に基づいています。実際の無線スループットや有効範囲は、ご利用の OS、ハードウェアやソフトウェアの構成によって異なります。詳細については、各 PC メーカーにお問い合わせください。

2. 消費電力に関する記述は、Wi-Fi モジュールの消費電力を他社製 802.11n WLAN ソリューションと比較したものです。実際のプラットフォームのバッテリー持続時間は、使用するオペレーティング・システム、ハードウェアやソフトウェアの構成によって異なります。詳細については、各 PC メーカーにお問い合わせください。

3. インテル® ワイヤレス・ディスプレイ対応システムおよびインテル® ワイヤレス・ディスプレイ対応レシーバーデバイスが必要です。1080p、Blu-ray* その他の著作権保護されたコンテンツの再生は、ビルトイン・ビジュアルが有効になっている第 3 世代または第 4 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー搭載 PC で、互換性のあるレシーバーデバイスとメディアプレーヤーを使用し、対応するインテル® ワイヤレス・ディスプレイ・ソフトウェアおよびグラフィックス・ドライバーがインストールされている場合にのみ利用できます。各 PC メーカーにお問い合わせください。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/intel-wireless-display.html を参照してください。

4. インテル® スマート・コネクト・テクノロジーを利用するには、一部のインテル® プロセッサー、インテル製のソフトウェアおよび BIOS のアップデート、インテル® ワイヤレスアダプター、インターネット接続が必要です。ソリッドステート・メモリーまたはドライブと同等のデバイスを必要とすることがあります。実際の結果はシステム構成によって異なります。詳細については、各システムメーカーにお問い合わせください。

5. インテル® WiFi ホットスポット・アシスタントを利用するには、インテル® ワイヤレスアダプターが必要です。詳細については、各 PC メーカーにお問い合わせください。