• <コレクションに戻る
Masthead Light

インテル® ワイヤレス。
ライフスタイルに合わせて選べる Wi-Fi

Ultrabook™ とインテル® ワイヤレス・テクノロジーで
究極の通信ライフが実現します

究極の通信。究極のユーザー体験。

どこにいても E-メールやニュース、ソーシャル・ネットワークなど、お気に入りのコンテンツにすぐにアクセスできます。まるで SF のような話ですが、 うれしいことに これは現実なのです。

インテル® ワイヤレス・テクノロジーを搭載した Ultrabook™ では、究極の通信ライフを手に入れることができます。 Wi-Fi ネットワークを認識して瞬時に更新するため、最新のニュース、アプリ、映像を入手でき、 インテル® My WiFi テクノロジーにより、スマートフォン、Ultrabook™、デスクトップ PC、HDTV からなるパーソナル・ネットワークを構築できるなど、 快適な通信ライフが実現します。

インテル® ワイヤレス・ディスプレイ

お好きなコンテンツを迫力の大画面で

インテル® ワイヤレス・ディスプレイ1 により、自宅でいつでも特等席の感動を味わえます。お好きな映画やビデオ、写真などをワイヤレスで大画面に映し出し、フル HD および 5.1 サラウンドサウンドで満喫。ハードディスクやホーム・ネットワーク、インターネットなどどんな場所にあるコンテンツも、 Ultrabook™ でワンクリックすれば、リビングの大画面に表示できます。

インテル® スマート・コネクト・テクノロジー

常にオン、常に最新の状態

オンラインの世界が眠りにつくことはありません。その接続もまた眠りにつくべきではありません。インテル® スマート・コネクト・テクノロジー2 により、E-メールやソーシャル・ネットワークなどが自動的に更新され、いつも最新の情報を入手できます。どこにいても、蓋が閉まっていてもスリープモードでも Ultrabook™ は Wi-Fi ネットワークを認識して接続します。もう待つ必要はありません。蓋を開けるだけで、すぐに作業できます。

シームレスな接続性

移動中もシームレスに接続

世界数百万カ所にある無料および有料の Wi-Fi ホットスポットに瞬時に接続できます。移動中も Ultrabook™ は利用可能な Wi-Fi ホットスポットに自動的に接続するため、毎回手動でログインする必要がありません。インテル® スマート・コネクト・テクノロジーとの連携により、Ultrabook™ がスリープ状態でも、お気に入りのクラウドコンテンツ (E-メール、ソーシャル・ネットワーク、ニュースなど) が自動的に更新されます。

Ultrabook™ とは?

Ultrabook™ のある生活

Ultrabook™ を仕事に活用しているアーティスト、イノベーター、起業家を紹介します。

デザイナーの Sung Choi 氏

ビデオを見る >

イノベーターの Susannah Vila 氏

ビデオを見る >

内蔵された機能がもたらす安心感

インテル® アンチセフト・テクノロジー

世界中どこからでもノートブック PC を安全に守ることができます。

詳しくはこちら >

Ultrabook™ Roommate

Suddenly, everything else seems old-fashioned.

Watch it now >

免責事項

open

1. インテル® ワイヤレス・ディスプレイ対応システムおよびインテル® ワイヤレス・ディスプレイ対応レシーバーデバイスが必要です。1080p、Blu-ray* その他の著作権保護されたコンテンツの再生は、ビルトイン・ビジュアルが有効になっている第 3 世代または第 4 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー搭載 PC で、互換性のあるレシーバーデバイスとメディアプレーヤーを使用し、対応するインテル® ワイヤレス・ディスプレイ・ソフトウェアおよびグラフィックス・ドライバーがインストールされている場合にのみ利用できます。各 PC メーカーにお問い合わせください。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/intel-wireless-display.html を参照してください。

2. 第 2 世代インテル® Core™ プロセッサー、インテル® ソフトウェアおよび BIOS アップデート、インテル® ワイヤレスアダプター、ならびにインターネット接続が必要です。ソリッドステート・メモリーまたはドライブと同等のデバイスが必要となる場合もあります。実際のパフォーマンスは、システム構成により異なる場合があります。詳細については、各システムメーカーへお問い合わせください。