• <Intel.co.jp のその他の情報
Masthead Light

インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー(インテル® VT)

すでに仮想化を計画中の場合でも、まだまだ多くの活用機会が広がっています

仮想化とは、複数のワークロードが共通のリソース一式 (メモリーや I/O など) を共有できるように、ハードウェアを抽象化して複数に分割する機能です。仮想化によって共有されるハードウェア上では、さまざまなワークロードを共存させながら、それぞれのワークロードを完全に隔離することができます。また、ワークロードをインフラストラクチャー間で自由に移行したり、必要に応じて実行の規模を拡大/縮小したりすることも可能です。

企業が仮想化を導入すると、サーバーの稼動率と統合比率の向上、動的なリソース割当および管理、ワークロードの隔離、セキュリティー、自動化などを実現できるため、資本効率と運用効率がともに大きく改善される傾向があります。仮想化を利用すると、サービスをオンデマンドでセルフ・プロビジョニングする機能や、ソフトウェア定義によってリソースをオーケストレーションする機能を実現できるため、特定のビジネスニーズごとにオンプレミスまたはオフプレミスのリソースを使い分けるハイブリッド型クラウドを構築し、高度なスケーラビリティーを確保することも可能になります。

インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー (インテル® VT) は、実用的な仮想化を実現するテクノロジーや機能のポートフォリオであり、その内容はパフォーマンス・オーバーヘッドの削減やセキュリティーの改善を通じて日々進化を続けています。インテル® VT は、仮想化ソフトウェアをハードウェア・ベースの機能によって支援することで、ソフトウェアの規模、コスト、複雑さを軽減します。また、キャッシュ、I/O、メモリーで発生する仮想化オーバーヘッドの削減に関しても、特別な対策が講じられています。この 10 年ほどで、インテル® VT を採用・導入するハイパーバイザー・ベンダー、ソリューション開発者、ユーザーが急増した結果、現在では、コンシューマー、エンタープライズ、クラウド、通信、テクニカル・コンピューティング、およびその他さまざまな分野でで、幅広いお客様がこのテクノロジーを活用できるようになっています。

インテル® VT ポートフォリオには現在、以下のような機能が含まれています(ただし、これらに限定されません)。

CPU 仮想化

CPU 仮想化機能は、インテルの CPU が備える能力を丸ごと仮想マシン (VM) に忠実に抽象化することを可能にします。VM 内のソフトウェアはすべて、専用 CPU 上でネイティブ実行されているかのように、パフォーマンスや互換性への悪影響なしに実行されます。インテル® プロセッサーの世代間におけるライブ移行や、いわゆる「ネストされた仮想化」も可能です。

メモリー仮想化

メモリー仮想化機能は、VM 単位でのメモリー抽象化および隔離を実現します。また、VM のライブ移行にも対応しており、フォールトトレランスの実現に寄与します。メモリー仮想化機能の例: 拡張ページテーブル(英語) (EPT)、アクセスされた「dirty」ビットのロギング、ページ変更ロギング (PML)、EPT ページ・スイッチング。

I/O 仮想化

I/O 仮想化機能は、ネットワーク・アダプターに対するマルチコア・パケット処理のオフロードと、ディスク I/O を含む仮想機能に対する仮想マシンの直接割り当てを可能にします。機能の例: バーチャル・マシン・デバイス・キュー (VMDq)、Single Root IO Virtualization (SR-IOV、これは PCI SIG 標準でもあります)、データ・ダイレクト I/O 拡張機能(英語) (DDIO) など。

グラフィックス仮想化

インテル® グラフィックス・バーチャライゼーション・テクノロジー (インテル® GVT)(英語) は、インテルのシステムオンチップ製品(英語)に統合されているグラフィックス・プロセシング・ユニット (GPU) やビデオ・トランスコード・アクセラレーター・エンジンを完全専有および / または共有割当の形で VM が利用できるようにする機能です。この機能によって可能になる用途(英語)としては、ワークステーションのリモート操作、DaaS (Desktop as a Service)、メディア・ストリーミング、オンラインゲームなどが挙げれらます。

ネットワーク機能仮想化

ネットワーク機能仮想化 (NFV) というインテルのテクノロジーは、データセンター、ネットワーク・ノード、クラウドなど任意の場所にある標準的な大容量サーバーに、ネットワークとセキュリティーの機能をソフトウェアとして導入できるようにします。NFV アプライアンスは、仮想ドメインのビジネス・ワークロードと共存できます。機能の例: インテル® データプレーン開発キット(英語) (インテル® DPDK)、インテル® QuickAssist テクノロジー(英語)Hyperscan (ディープパケットインスペクションの一種)(英語)