これまでの PC はもう古い。これからは Ultrabook™ の時代です。

  • 望みどおりのことができる究極のデバイス

Ultrabook™

各種ツール

 

Ultrabook™ の最新ニュース

免責事項

open

1. Ultrabook™ 製品は複数のモデルで提供されています。 市場によっては一部のモデルが入手できない場合もあります。 各 Ultrabook™ システムメーカーにお問い合わせください。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/sponsors-of-tomorrow/ultrabook.html を参照してください。

2. すべての PC 上でビルトイン・ビジュアルが有効になっているわけではありません。最適化されたソフトウェアを必要とすることがあります。各システムメーカーにお問い合わせください。詳細は、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/visual-technology/intel-visual-technology-consumer.html を参照してください。

3. インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーに対応したシステムが必要です。インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーおよびインテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0 は、一部のインテル® プロセッサーでのみ利用可能です。各 PC メーカーにお問い合わせください。実際の性能はハードウェア、ソフトウェア、システム構成によって異なります。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/turbo-boost/turbo-boost-technology.html を参照してください。

4. インテル® スマート・コネクト・テクノロジーを利用するには、一部のインテル® プロセッサー、インテル製のソフトウェアおよび BIOS のアップデート、インテル® ワイヤレスアダプター、インターネット接続が必要です。ソリッドステート・メモリーまたはドライブと同等のデバイスを必要とすることがあります。実際の結果はシステム構成によって異なります。詳細については、各システムメーカーにお問い合わせください。

5. インテル® ラピッド・スタート・テクノロジーを利用するには、第 2 世代または第 3 世代インテル® Core™ プロセッサー、インテル製のソフトウェアおよび BIOS のアップデート、インテル® Solid-State Drive (インテル® SSD) が必要です。実際の結果はシステム構成によって異なります。詳細については、各システムメーカーにお問い合わせください。

6. 結果はインテル社内での分析に基づいて推定されており、情報提供のみを目的としています。システム・ハードウェア、ソフトウェアの設計、構成などの違いにより、実際の性能は掲載された性能テストや評価とは異なる場合があります。

7.   すべての条件下で絶対的なセキュリティーを提供できるコンピューター・システムはありません。内蔵セキュリティー機能は、一部のインテル® Core™ プロセッサーで提供されているものであり、この機能を利用するには、別途ソフトウェア、ハードウェア、サービスの購入、またはインターネットへの接続が必要となる場合があります。結果は、システム構成によって異なります。対応状況と機能については、各システムメーカーとサービス・プロバイダーにお問い合わせください。データやシステムの紛失や盗難など、サービス利用の結果生じたいかなる損害に対しても、インテルは責任を負いません。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/data-security/security-overview-general-technology.html を参照してください。

8. 絶対的なセキュリティーを提供できるコンピューター・システムはありません。各種のテクノロジーを最大限に使用するように対応したインテル® プロセッサー、チップセット、ファームウェア、ソフトウェアが必要です。インテル® アンチセフト・テクノロジーを利用するには、同テクノロジーに対応したインテル® プロセッサー、チップセット、ファームウェア、および同テクノロジーの利用に最適化されたソフトウェアが必要です。詳しくは各PCメーカーおよびソフトウェアベンダーにお問い合わせください。

9. すべての条件下で絶対的なセキュリティーを提供できるシステムはありません。インテル® アイデンティティー・プロテクション・テクノロジーを利用するには、インテル® アイデンティティー・プロテクション・テクノロジーに対応した第 2 世代または第 3 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーを搭載したシステム、および同テクノロジーに対応したチップセット、ファームウェア、ソフトウェア、インテル® アイデンティティー・プロテクション・テクノロジーに対応した Web サイトが必要です。各システムメーカーにお問い合わせください。データやシステムの紛失や盗難など、サービス利用の結果生じたいかなる損害に対してもインテルは責任を負いません。詳細については、http://ipt.intel.com (英語) を参照してください。

10. インテル® スマート・レスポンス・テクノロジーを利用するには、一部のインテル® プロセッサー、同テクノロジーに対応したチップセット、インテル® ラピッド・ストレージ・テクノロジー (インテル® RST) ソフトウェア、適切に構成されたハイブリッド・ドライブ (HDD + 小型 SSD) が必要です。実際の結果はシステム構成によって異なります。詳細については、各システムメーカーにお問い合わせください。