ご利用のブラウザーのバージョンは、このサイトでは推奨されていません。
次のリンクのいずれかをクリックして、最新バージョンにアップグレードしてくださいますようお願いいたします。

インテルならではのパフォーマンスが、創造、遊び、インスピレーションを支援

インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーを搭載した Windows* 8 タブレットが登場

第 4 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーの違いを体験してください

鮮明なビジュアル、優れた互換性によって、Windows* 8 の世界を堪能できます。すべてのプログラム、アプリケーション、デバイスがシームレスに動作。さらに、内蔵のセキュリティー機能が、マルウェアを完璧にシャットアウトします。

簡単に、すべてが問題なく動作

従来の PC 向けソフトウェアをフル機能で完全サポートするのは、インテル® プロセッサー搭載 Windows* 8 タブレットだけ。ソフトウェアやハードウェアを追加購入する必要はありません。インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー搭載タブレットの Thunderbolt™ テクノロジーは、デバイス間の素早いデータ転送を可能にして、情報の移動に要する時間を大幅に短縮します。

インテルならではの性能。

インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー搭載タブレットはインテルならではの性能をもたらします。インテル® ラピッド・スタート・テクノロジーによって、わずか数秒で起動。インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.01 は、必要なときに自動的にクロック数を高め、処理スピードをアップ。さらに、インテル® ハイパースレッディング・テクノロジーによって、複数のアプリケーション間をスムーズに移動できます。Intel Inside® のタブレット なら、外出先でもマルチタスクを楽々こなせます。2

強力で鮮明なビジュアル     

ビルトイン・ビジュアル機能3 は、体験をスムーズ、シームレスかつ臨場感のあるものにします。インテル® Iris™ グラフィックスは、追加のグラフィック・カードなしでも、最高のアドベンチャーの世界を再現できます。3D ゲームから HD 映画まで、あらゆるエンターテインメントをお楽しみください。写真や動画を素早く作成・共有。写真も、エンターテインメントも、Web も無線で送受信できます。

自分に適したプロセッサーを見つける


タブレット PC を購入する

2 in 1

タブレットとノートブック PC、シーンに応じていいとこ取り

詳しくはこちら >

妥協なき信頼性

もう、悩む必要はありません。遊びも仕事も 1 台の優れたデバイスで。

フルパフォーマンス

インテルならではのパフォーマンス、優れたバッテリー持続時間、ノートブック PC のパワーとタブレットの気軽さを手に入れてください。

まさにモバイル

外出先でもコンテンツを視聴したり、ゲームをプレイしたり、さまざまな作業をこなせます。Intel Inside® の2 in 1 におまかせください。

インテル製品選択ツール


標準的なタブレットと高性能なタブレットはどこが違う?迷ったときは、インテル製品選択ツールをご利用ください。

Intel Inside® のタブレット を探す

関連ビデオ

免責事項

1

インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーに対応したシステムが必要です。インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーおよびインテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0 は、一部のインテル® プロセッサーでのみ利用可能です。各 PC メーカーにお問い合わせください。実際の性能はハードウェア、ソフトウェア、システム構成によって異なります。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/turbo-boost/turbo-boost-technology.html を参照してください。

2

一部のインテル® Core™ プロセッサーで利用できます。インテル® ハイパースレッディング・テクノロジーに対応したシステムが必要です。各 PC メーカーにお問い合わせください。性能は、使用するハードウェアやソフトウェアによって異なります。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/hyper-threading/hyper-threading-technology.html を参照してください。

3

すべての PC 上でインテル® クリアー・ビデオ HD テクノロジーが有効になっているわけではありません。最適化されたソフトウェアを必要とすることがあります。各システムメーカーにお問い合わせください。詳細は、http://www.intel.com/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/visual-technology/intel-visual-technology-consumer.html を参照してください。