新次元のパフォーマンス

最適化されたストレージによる PC 体験の向上

PC の応答性がかつてないほど向上します。仕事にも遊びにも最適に設計されたインテル® SSD 600p シリーズは、オフィス・アプリケーション、4K ビデオ再生、HD コンテンツ制作、毎日のゲームプレイを加速します。 インテル® SSD 600p シリーズは従来のハードディスク・ドライブに比べて、優れた電力効率、システムの柔軟性のある小型フォームファクター、17 倍向上したパフォーマンスを提供します。1 高速 PCIe* 3 x4 インターフェイスを装備したインテル® SSD 600p シリーズは、インテル® 3D NAND SSD ファミリーの製品です。インテル® テクノロジーの本当の素晴らしさは、使ってはじめて分かります。

すべての製品概要を読む >

機能と利点

ハードディスク・ドライブに比べて最大 17 倍、SATA SSD に比べて 3 倍高速のパフォーマンスによって、起動、アプリケーションの読み込み、ファイル転送、コピー時間の高速化を実現します。2

世界中で最も採用されているプロセッサーを展開するテクノロジー・リーダーとして、インテルは、SATA と同程度の価格で優れたパフォーマンスを発揮する PCIe* 搭載の高度なインテル® 3D NAND SSD を開発しました。

インテル® SSD は、年間製品故障率 (AFR) で従来のハードディスク・ドライブに比べて 8 倍優れた数字を記録しました。これは、数千もの膨大な構成で検証され、業界標準を超えて実施されたテストの結果です。すべて 5年保証および優れたカスタマーサポート付きです。3

小型 M.2 (80mm) フォームファクターは、M.2 (主要マザーボード上の M key スロット) に接続するだけでさまざまな能力を提供します。

インテル® 3D NAND SSD は、ストレージセルを縦に積み重ねることでより高密度なストレージを可能にし、優れた信頼性、スピード、総合的なパフォーマンスを提供するとともに大幅なコスト削減および低電力消費を実現します。

3D NAND の仕組みを見る

製品仕様4

容量

順次読み出し (最大 Mb/s)[5 6 7

順次書き込み (最大 MB/s)5 6 7

ランダム 読み出し (最大 IOPS)5

ランダム 書き込み (最大 IOPS)5

フォームファクター

インターフェイス

128 GB

770

450

35,000

91,000

M.2 (80mm)

PCIe* 3 x 4

256 GB

1,570

540

71,000

112,000

M.2 (80mm)

PCIe* 3 x 4

512 GB

1,775

560

128,500

128,000

M.2 (80mm)

PCIe* 3 x 4

1024 GB

1,800          

560

155,000

128,000

M.2 (80mm)

PCIe* 3 x 4

今すぐ購入:インテル® SSD 600p シリーズ


免責事項

1

Crystal Disk Mark により測定、Toshiba* 2.5 インチ 5400RPM 500GB HDD 搭載インテル® Core™ i7 プロセッサーのシステムとインテル® SSD 600p シリーズ 512GB.搭載の同じシステムを比較。テストは、特定のシステムでの個々のテストにおけるコンポーネントのパフォーマンスを測定します。ハードウェア、ソフトウェア、システム構成などの違いにより、実際の性能は掲載された性能テストや評価とは異なります。システムやコンポーネント製品の購入を検討される場合は、ほかの情報や性能テストも参考にして、性能を総合的に評価してください。

2

パフォーマンス・テスト:性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。IOMeter* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。システム構成:IOMeter* テストおよびシステム構成:インテル® Core™ i7-6700K プロセッサー (4.Ghz、8MB L3 キャッシュ)、Gigabyte* Z170X-UD5-CF マザーボード、インテル® HD グラフィックス 530 ドライバー 20.19.15.4300。BIOS:American Megatrends F4、チップセット:インテル Skylake Rev 07、メモリー:8 GB (2x4GB) Corsair* Vengence DDR4-3200、本来の NVMe* ストレージ・ドライバーを使用した Microsoft® Windows® 10 Pro v1511。

3

インテル® Solid-State Drive の信頼性の検証 インテル コーポレーション (2011年7月) (http://www.intel.com/content/dam/doc/technology-brief/intel-it-validating-reliability-of-intel-solid-state-drives-brief.pdf を参照) 1 ~ 3 ページ。HDD をインテル® SSD に置き換える、インテル社内での IT プロジェクトに関する概要。

4

テストは、特定のシステムでの個々のテストにおけるコンポーネントのパフォーマンスを実証します。ハードウェア、ソフトウェア、システム構成などの違いにより、実際の性能は掲載された性能テストや評価とは異なります。システムやコンポーネント製品の購入を検討される場合は、ほかの情報や性能テストも参考にして、性能を総合的に評価してください。性能やベンチマーク結果について、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、http://www.intel.com/performance/ (英語) を参照してください。

 

5

パフォーマンスは IOMeter* を使用し、TLC アクセスを維持して測定

6

IOMeter* テストおよび システム構成:インテル® Core™ i7-5960X プロセッサー (3 GHz)、ASRock* Deluxe X99 マザーボード、NVIDIA* Geforce* 2109.18.13.4195、BIOS:AMI* P1.90、チップセット:インテル® INF 10.0.20.0、メモリー:16 GB (4x 4 GB) Corsair* DDR4-2400、本来の NVMe* ストレージ・ドライバーを使用した Microsoft® Windows® 10 Enterprise 64-bit。

7

実際の性能値は容量によって異なります。