リアルタイムの監視と管理によってデータセンターの消費電力を抑制

インテル® データセンター・マネージャー

今日のデータセンターで最も急速に増加している費用は電力コストです。インテル® データセンター・マネージャーはリアルタイムで電力消費量と温度のデータを提供し、電力消費量の低減、ラック密度の向上、電力障害時の動作時間延長に必要な正確な情報を提供します。

データセンターの電力使用を確実に制御

リアルタイムの電力および温度の監視

電力消費と温度に関する正確なデータがあれば、データセンターの電力使用量とホットスポットの管理に必要な知識が得られます。

ラック密度の向上

ラックの最大消費電力を制御することにより、ラック当たりのサーバー数を最大限増やし、データセンターの利用度を高めます。

電力使用の最適化

サーバー、ラック、フロアごと、またはワークロードやアプリケーションごとに消費電力量を最適化し、電力コストを削減します。

停電時の電力確保

停電時の運用の継続や延長を可能にします。業務にとって停電の時間が短く、頻度が少ないにこしたことはありません。

リアルタイムの監視と管理 — 確実なコスト削減

インテル® データセンター・マネージャーはどのようにリアルタイムの監視と管理を実行するのでしょうか。デモを見て動作原理をご確認ください。

デモを見る

インテル® データセンター・マネージャーがデータセンターの管理を改善し、電力コストを低く抑える仕組みをご覧ください。

ビデオを見る

インテル® データセンター・マネージャーは管理対象ノードにおけるソフトウェア・エージェントのインストールを必要としません。ソフトウェアの仕組みをご覧ください。

製品概要

手動の容量計画と予測の実際のコストはいくらになるのでしょうか?

手動で計画を立てる方の 56% は、毎月自分の時間の 40% 以上を容量計画と予測に費やす必要があります。

データセンターの 5 分の 1 は、ラックレベルのサーマルセンサーとスプレッドシートを独占的に使用し、最大限の冷却効果を確保しています。

DCIM を使用していないデータセンターの 32% には、日常的な判断や長期的な予測を立てられるような十分な使えるデータがありません。

REDSHIFT 調査の詳細情報を入手する

データセンターのコストと労力に直結する非効率性をご確認ください。

PDF を見る

ソフトウェア開発キットを試す

評価ライセンスをリクエストしてください。

SDK を試す


Twitter でフォローする

@AskDCM