ご利用のブラウザーのバージョンは、このサイトでは推奨されていません。
次のリンクのいずれかをクリックして、最新バージョンにアップグレードしてくださいますようお願いいたします。

Enterprise data is increasing at a staggering rate, and applications need to access that data faster than ever before. Hard drive speeds cannot keep up with the significant performance gains provided by Intel® Xeon® processor-based servers. Critical business applications are "data starved" as they wait for legacy mechanical hard drives to catch up.

Get the SSD Bundle

Get the newest Intel® SSD for data centers bundled with Intel® Cache Acceleration Software (Intel® CAS).

Buy now >

Intel® Cache Acceleration Software offers an innovative solution to this challenge by using an Intel® SSD for data centers as a cache for data that is frequently accessed. By storing a copy of this "hot" data in the SSD, server applications run faster. Get up to 3 times more performance on transactional database processing and up to 20 times faster processing of read-intensive business analytics.1

  • No need to modify applications: Intel Cache Acceleration Software is transparent to users and applications.
  • Preserve the investment in hard drives: Intel Cache Acceleration Software delivers performance levels almost as high as if all the hard drives were replaced with SSDs.
  • Lock specific data in the cache: Provides key applications the extra performance at critical times or to meet the requirements of a specific SLA.
  • Installs into the Windows* or Linux* server OS: Both as a physical server and running virtually under VMware*, KVM, Citrix XenServer*, or Windows Hyper-V.

Intel Caching Explained

Intel® Cache Acceleration Software (Intel® CAS) allows enterprise applications to maximize performance and eliminate I/O bottlenecks with very low effort and upfront costs.

関連ビデオ

免責事項

1

性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、他の製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。
 
以下の構成に基づきます:インテル® サーバーボード 2600CO (Copper Pass)、インテル® Xeon® プロセッサー E5-2680 (2.70GHz)、32GB DDR2/1333 メモリー、Microsoft* Windows* 2008R2 SP1、インテル® CAS 2.0 リリース候補版 1、I/O メーター 10.22.2009、4K ランダム読み出しテスト、キューの深さ 32、800GB インテル® SSD 910 シリーズ、MR54p1 ファームウェア搭載インテル® RAID RS25AB080、8 x 10K SAS HDD (MR54p1 ファームウェア搭載 RAID 0 アレイ)、8 x 10K SAS HDD (RAID 0 アレイ)。詳細については、http://www.intel.com/performance/ (英語) を参照してください。