ムーアの法則は、トランジスター (デジタル時代の基本要素) のコストが、急激に低下し続けるという考えです。こうしたコストの低下と、過去 50 年間にわたるトランジスターの微細化により、コンピューターの処理能力と電力効率が大幅に増加し、これまで以上に強力なスマートフォン、タブレット、PC、データセンターが登場して、世界は大きく変貌しています。さらに、コンピューティングは、パワフルになるとともに、自宅、オフィス、車、工場などで目に見えない力ともなっています。

ムーアの法則がインテルのよりスマートで高速かつ効率性に優れたプロセッサーの開発を促進する仕組みを確認する

14nm の 3D トランジスター・テクノロジー

インテル・ニュースルーム

マイクロプロセッサーの歴史、動作の仕組みなどを紹介

見学を開始

関連資料

関連ビデオ

インテルのフェローを務めるマーク・ボーア (Mark Bohr) が、新しい 14 nm のトランジスター・プロセスおよびトライゲート・トランジスターのフィン構造について説明します。薄く高さのあるフィンを採用して、フィン間隔も狭めています。さらに、パフォーマンスの向上、省電力化、バッテリー持続時間の延長がもたらす、より良いコンピューティング体験の実現についても語ります。

ビデオを見る

インテルは、インテル® 3D トライゲート・トランジスターの開発と、その量産を可能にして、コンピューター・チップの基本構造を劇的に変化させました。トランジスターの歴史をご紹介します。

ビデオを見る