インテルが全力で取り組むイノベーションの推進

1965 年、ゴードン・E・ムーアが現代のデジタル革命の進展を示す予測を行いました。当時確認できた新たな傾向を注意深く観察した結果、ゴードン・E・ムーアは、コンピューター性能の劇的な向上や、関連コストの減少が急速に進むと予想したのです。

この洞察は、ムーアの法則として知られ、電子産業の黄金律となり、イノベーションの促進にはずみをつける要因となりました。ムーアは、共同創業者として、インテルの将来を開き、近代的な工具や玩具を動作させる、それまでになかった高速かつ小型で手ごろな価格のトランジスターを開発しました。50 年を経た今日でも、その影響とメリットは依然として多方面に及んでいます。

針路

まるで現代世界の発展を刻むメトロノームのように、ムーアの予測が 50 年にわたってイノベーションの進展を示してきました。この洞察は、デジタル化や家電製品の幅広い普及など、あらゆる最新技術が生み出される優れた基盤となりました。

ムーアの法則と関連するイノベーションは、日常生活におけるコンピューティングのシームレスな統合へと移行しつつあります。常に相互に接続されている未来の実現には、明らかな課題や利点もあります。プライバシーとセキュリティーの問題は、今後も増え続ける大きな問題です。一方、長期的にみれば、社会のニーズを予測して、よりスマートになるユビキタス・コンピューティング技術により、人々の健康、安全、生産性は向上し続けるでしょう。

ビデオ

関連資料