ご利用のブラウザーのバージョンは、このサイトでは推奨されていません。
次のリンクのいずれかをクリックして、最新バージョンにアップグレードしてくださいますようお願いいたします。

豊富なビジネス・バリエーションを実現

インテル® Xeon® プロセッサー E3 ファミリーは、CPU 性能、データへの高速アクセス、セキュリティーや信頼性をマイクロサーバー上に統合する機能など、より多くの選択肢を提供します。

機能を追加する

よりスマートなデータセンターを実現

インフラストラクチャー最適化のための最新オプションを提供するインテル® Xeon® プロセッサー D 製品ファミリーは、パフォーマンスと最新のインテリジェンスを高密度なシステム・オン・チップ (SoC) にまとめます。

最適化を実現

より低い電力消費で、より多くパワーを

インテル® Atom™ プロセッサー C2000 ファミリーは、データの増加やパフォーマンス需要に対処しつつ、高い密度と低い電力消費を実現します。

効率性を獲得する

あらゆるワークロードにとって理想のソリューション

60%

最適化された消費電力当たり性能。1 2

円熟のパフォーマンス

インテル® Xeon® プロセッサー E3 ファミリー、インテル® Atom™ プロセッサー C2000 ファミリー、またはインテル® Xeon® プロセッサー D 製品ファミリー搭載のマイクロサーバーは、前世代のインテル製プロセッサーを搭載したデバイスに比較して、より高い性能とより低い電力消費を実現。多彩なビジネスにとって理想の選択肢となっています。

6 倍

優れた電力効率1 3 4

高密度、低い電力コスト

マイクロサーバーに最新のインテル® プロセッサーを使用して、ストレージおよびネットワーク接続用に余剰容量と柔軟性を活用する一方で、軽量なスケールアウト型ワークロードに対する処理効率を向上します。

6 倍

優れたストレージ性能

より大規模で、よりスマートなストレージ

インテル® プラットフォームのストレージ拡張機能を搭載したインテル® プロセッサーには、データセンター内外に配備可能な高密度、低消費電力ストレージ・ソリューション向けの最新インテリジェント機能が備わっています。

免責事項

1

性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要素によって異なります。製品の購入を検討される場合は、他の製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、http://www.intel.com/performance/ (英語) を参照してください。

結果はサードパーティーのソフトウェア、ベンチマーク、その他のデータに基づきインテルが測定したものであり、情報提供のみを目的としています。システム・ハードウェア、ソフトウェアの設計、構成などの違いにより、実際の性能は掲載された性能テストや評価とは異なる場合があります。インテルは、本資料で参照しているサードパーティーのデータの設計や実装について管理や監査を行っていません。本資料で参照しているサードパーティーやほかの Web サイトも参照して、本資料で参照しているデータが購入可能なシステムの性能を正確に表しているかを確認されるようお勧めします。   

2

ベースライン構成:インテル® Xeon® プロセッサー E3-1275 (クアッドコア、3.40GHz、8M キャッシュ) 1 基を搭載したインテル® C206 チップセット・ベースのインテル® Xeon® ワークステーション・プラットフォーム、ASNBCPT1.86C.0085.P00 2012年7月5日、インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー最良設定、8GB メモリー (2x4GB DDR3-1333 ECC UDIMM)、インテル® HD グラフィックス P3000、ドライバー 2455、2TB 7200RPM SATAIII HDD (WD2000FYYZ)、Microsoft* Windows* 7 Service Pack 1。出典: 2013年4月に実施したインテル社内でのテスト、SPECviewperf* 11、7 つのワークロード (ensight-04、lightwave-01、maya-03、proe-05、sw-02、tcvis-02、snx-01) の幾何平均

旧構成: インテル® Xeon® プロセッサー E3-1275 v2 (クアッドコア、3.50GHz、8M キャッシュ) 1 基を搭載したインテル® C226 チップセット・ベースのインテル® Xeon® ワークステーション・プラットフォーム、ACRVMBY1.86C.0096.P00 2012年9月9日、インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー最良設定、8GB メモリー (2x4GB DDR3-1600 ECC UDIMM)、インテル® HD グラフィックス P4000、ドライバー 2712、2TB 7200RPM SATAIII HDD (WD2000FYYZ)、Microsoft* Windows* 7 Service Pack 1。 出典: 2013年4月に実施したインテル社内でのテスト、SPECviewperf* 11、7 つのワークロード (ensight-04、lightwave-01、maya-03、proe-05、sw-02、tcvis-02、snx-01) の幾何平均 

新しい構成: インテル® Xeon® プロセッサー E3-1275 v3 (クアッドコア、3.50GHz、8M キャッシュ) 1 基を搭載したインテル® C226 チップセット・ベースのインテル® Xeon® ワークステーション・プラットフォーム、HSWLPTU1.86C.0116.R00 2013年3月3日、インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー最良設定、8GB メモリー (2x4GB DDR3-1600 ECC UDIMM)、インテル® HD グラフィックス P4600/4700、ドライバー 2989、2TB 7200RPM SATAIII HDD (WD2000FYYZ)、Microsoft* Windows* 7 Service Pack 1。出典: 2013年4月に実施したインテル社内でのテスト、SPECviewperf* 11、7 つのワークロード (ensight-04、lightwave-01、maya-03、proe-05、sw-02、tcvis-02、snx-01) の幾何平均 

3

結果はインテル社内での分析に基づいて推定されており、情報提供のみを目的としています。システム・ハードウェア、ソフトウェアの設計、構成などの違いにより、実際の性能は掲載された性能テストや評価とは異なる場合があります。

4

動的 Web ベンチマークに基づく消費電力当たり性能: インテル® Atom™ プロセッサー S1260 (8GB、SSD、1GbE)、スコア = 1522、推定ノード消費電力 = 20W、消費電力当たり性能 = 76.1。インテル® Atom™ プロセッサー C2730 (32GB、SSD、10GbE)、スコア = 8778、推定ノード消費電力 = 19W、消費電力当たり性能 = 462。出典: 2013年8月現在のインテル社内での測定。詳細については、補足資料を参照してください。