インテル® Xeon Phi™ コプロセッサーは、PCI Express* フォームファクター・アドイン・カードとして提供され、インテル® Xeon® プロセッサーと組み合わせることで、1 コプロセッサー当たり最大 1.2 テラ FLOPS (1 秒当たりの浮動小数点演算命令実行回数) の倍精度演算性能という、高並列コードのための劇的なパフォーマンス向上を実現します1。インテルの 3-D トライゲート・トランジスターを採用した 22nm プロセス・テクノロジーを利用して製造される各コプロセッサーは、単独のインテル® Xeon® プロセッサーよりも多くのコアとスレッド、ビット幅の広いベクトル演算ユニットを備えています。高度な並列化により、個々のコアの速度の遅さを補うことで、高並列ワークロードのための集約度の高いパフォーマンスが実現されます2 3 4

製品

{{#with products}} {{>product-card}} {{/with}}
{{#if product-card.title}}

{{product-card.title}}

{{/if}}
{{#each product-card.items}}
{{#if responsive-image}} {{#with responsive-image}} {{> responsive-image }} {{/with}} {{/if}} {{#if responsive-list-image}} {{#with responsive-list-image}} {{> responsive-image }} {{/with}} {{/if}} {{#with content-main}}

    {{#each productHighLights}}
  • {{this}}
  • {{/each}}
{{/with}}
{{#with content-extra}}
{{#if show-compare }} 今すぐ比較する {{/if}} {{#if price-tray}} {{> price-tray}} {{/if}}
{{/with}}
{{/each}}
{{#if product-card.loader}} {{/if}}
{{#each image-sizes}} {{#if smallren}} {{/if}} {{/each}}
{{#each product.productOffers}}
{{price}}{{#if cents}}{{decimalSeparator}}{{/if}}{{cents}} 購入
{{/each}}
{{#if price-tray.standalone}}
{{#if price-tray.fullwidth}}

Full Width

{{/if}} {{/if}} {{#if price-tray.standalone}} {{#if price-tray.fullwidth}}
{{/if}}
{{/if}}

機能と利点

多くのアプリケーションでは、インテル® Xeon® プロセッサーを使用することで業界トップクラスのパフォーマンスを得ることができますが、一部の高並列化されたアプリケーションにおいては、インテル® Xeon Phi™ コプロセッサーを併用することによって、処理速度の飛躍的な向上を実現できます。アプリケーションが 100 スレッドを超える規模であり、さらにベクトル演算を多用するか、インテル® Xeon® プロセッサーよりも大きいローカルメモリー帯域幅を効率的に使用するようなワークロードで、インテル® Xeon Phi ™ コプロセッサーの性能が最大限に発揮されます。高並列アプリケーションが利用される分野:アニメーション、電力、金融、生命科学、製造、医療、公共部門、天気予報など。

インテル® メニー・インテグレーテッド・コア・アーキテクチャー (インテル® MIC アーキテクチャー) 開発の詳細

インテル® Xeon® プロセッサーとインテル® Xeon Phi™ コプロセッサーでは、言語、ツール、アプリケーションの互換性があるため、「再コーディング」ではなく「再利用」が可能になります。すべてのコードに単一のプログラミング・モデルを インテル® Xeon Phi™ コプロセッサーは、コードの再構築や再記述を行うことなく、高度な並列処理向けに最適化されたハードウェア設計のベースを開発者に提供します。すべての問題点について再確認したり、新しいプログラミング・モデルを学ぶ必要はなく、使い慣れたツール、ライブラリー、ランタイムを用いて、既存のコードを再コンパイルし、最適化するだけで済みます。インテル® Xeon® プロセッサーとインテル® Xeon Phi™ コプロセッサー間でソースコードが共有される結果、開発者は並列処理のための最適化を1度行うだけで、プロセッサーとコプロセッサーの両方でパフォーマンスを最大化できます。コプロセッサーは、グラフィックス・プロセシング・ユニット (GPU) とは違い、完全な IP アドレス指定やコードのオフロード実行が可能で、Message Passing Interface (MPI) などの規格もサポートしています。

仕事に合わせてツールを選ぶ インテル® Xeon® プロセッサーによって、並列およびシリアル・コンポーネントのハイパフォーマンス・コンピューティング (HPC) ワークロードに必要な性能を手に入れることができます。インテル® Xeon Phi™ コプロセッサーは、単一ソース、ISA の融合、共通環境などのプログラマビリティーのメリットを備え、高並列ワークロードのために最適化されています。

購入情報


インテル® Xeon Phi™ コプロセッサー搭載システムを提供している会社の一覧を参照します。

免責事項

1

記述は、コプロセッサー 1 基の倍精度理論ピーク性能の計算値に基づきます。16 DP FLOPS/動作周波数/コア x 61 コア x 1.238 GHz = 1.208 テラ FLOPS。

2

インテル® テクノロジーの機能と利点はシステム構成によって異なり、対応するハードウェアやソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。実際の性能はシステム構成によって異なります。絶対的なセキュリティーを提供できるコンピューター・システムはありません。詳細については、各システムメーカーまたは販売店にお問い合わせいただくか、http://www.intel.co.jp/ を参照してください。

3

性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、www.intel.com/benchmarks (英語) を参照してください。

4

記載されているコスト削減シナリオは、指定の状況と構成で、特定のインテル® プロセッサー搭載製品が将来のコストに及ぼす影響と実現されるコスト削減の例を示すためのものです。状況は異なると考えられます。インテルは、いかなるコストまたはコスト削減も保証いたしません。