現在および未来のビジネスに対応可能なパフォーマンス

クラウド対応ソリューションを利用する SMB にとって、小規模ビジネス向けインテル® Xeon® プロセッサー E3 ファミリー搭載のサーバーを追加することで、効率よく、手ごろな価格で従業員の生産性を向上し、会社の貴重なデータを保護できます。

ビジネス・クリティカルなアプリケーションの性能を安全に向上

4 年前のサーバー1 に比べて最大 76% 向上した性能により、インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.02インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー (インテル® HT テクノロジー)3 が最も複雑なワークロードに合わせた処理能力を適用します。

ハードウェア支援型のセキュリティー機能が重要なデータを安全に保護します。インテルのプロテクション・テクノロジーは、機密性の高いファイルの高速暗号化 / 複合を実現し、サードパーティー製アプリケーションの安全な暗号化を可能にし、システムを権限のない更新や変更から保護します。

インテル® ラピッド・ストレージ・テクノロジーによって、ファイルへの高速アクセス、ビッグデータの保存、ハードディスク・ドライブの故障からの迅速な復旧が可能になります。サーバーにインテル® Xeon プロセッサーが搭載されている場合、Error Correcting Code (ECC) メモリーがサポートされ、メモリーエラーは自動的に修正されます。

Windows Server* 2003 のサポート終了に備える

小規模ビジネス向けに設計された製品

記事とインサイト

会話に参加する

免責事項

1

性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、他の製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。結果は、2014年4月現在のインテル社内での測定値と SPECint*_rate_base2006 の結果の比較に基づいています。

ベースライン構成: インテル® Xeon® プロセッサー X3480 を搭載した SuperMicro* X8SIE-F、IC 11.1、www.spec.org (http://www.spec.org/cpu2006/results/res2010q4/cpu2006-20101026-13675.html)、 SPECint*_rate_base2006 のスコア:124。

新しい構成:インテル® Xeon® プロセッサー E3-1281 v3 を搭載した SuperMicro* 813M-3、4x4GB DDR3-1600、500GB HDD 7200 RPM、Red Hat* Enterprise Linux* 6.5、IC 14.0。 出典:インテル社内での測定値 (2014年4月)。SPECint*_rate_base2006 のスコア:219。詳細については、http://www.intel.com/content/www/us/en/library/benchmarks.html (英語) を参照してください。

2

インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーに対応したシステムが必要です。インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーおよびインテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0 は、一部のインテル® プロセッサーでのみ利用可能です。 各 PC メーカーにお問い合わせください。実際の性能はハードウェア、ソフトウェア、システム構成によって異なります。 詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/turbo-boost/turbo-boost-technology.html を参照してください。

3

インテル® ハイパースレッディング・テクノロジーに対応したシステムが必要です。詳細については、各システムメーカーにお問い合わせください。性能は、使用するハードウェアやソフトウェアによって異なります。すべてのインテル® プロセッサーで利用できるわけではありません。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/hyper-threading/hyper-threading-technology.html を参照してください。