ご利用のブラウザーのバージョンは、このサイトでは推奨されていません。
次のリンクのいずれかをクリックして、最新バージョンにアップグレードしてくださいますようお願いいたします。

驚異の高並列アプリケーション

インテル® メニー・インテグレーテッド・コア (インテル® MIC) アーキテクチャーを採用したインテル® Xeon Phi™ コプロセッサーは、インテル® Xeon® プロセッサー E5 ファミリーを補完して、コプロセッサー当たり最大 1.2 テラ FLOPS (1 秒当たりの浮動小数点演算命令実行回数) という、最も要求が厳しい昨今のアプリケーションが必要とする高度なパフォーマンスと電力効率を実現します。 これにより、最も高度な並列技術計算ワークロードに対して最適化されたパフォーマンスを実現する一方で、統一されたハードウェアおよびソフトウェア環境を維持できます。1 2 3

データセンターに最適なプロセッサーを探す


購入情報

優れた柔軟性とともに、より高いパフォーマンスを実現する

インテル® スケーラブル・システム・フレームワークの構成要素

より演算処理が多く大量のデータを処理するワークロードに対応可能な、バランスのとれたスケーラブルで柔軟性の高いシステム設計なら、より多くのインサイトが得られます。

免責事項

1

インテル® テクノロジーの機能と利点はシステム構成によって異なり、対応するハードウェアやソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。実際の性能はシステム構成によって異なります。絶対的なセキュリティーを提供できるコンピューター・システムはありません。詳細については、各システムメーカーまたは販売店にお問い合わせいただくか、http://www.intel.co.jp/ を参照してください。

2

性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、他の製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、http://www.intel.com/performance/ を参照してください。

3

記載されているコスト削減シナリオは、指定の状況と構成で、特定のインテル® プロセッサー搭載製品が将来のコストに及ぼす影響と実現されるコスト削減の例を示すためのものです。状況は異なると考えられます。インテルは、いかなるコストまたはコスト削減も保証いたしません。

4

記述は、コプロセッサー 1 基の倍精度理論ピーク性能の計算値に基づきます。16 DP FLOPS/動作周波数/コア x 61 コア x 1.238 GHz = 1.208 テラ FLOPS。

5

結果はインテル社内での分析に基づいて推定されており、情報提供のみを目的としています。システム・ハードウェア、ソフトウェアの設計、構成などの違いにより、実際の性能は掲載された性能テストや評価とは異なる場合があります。

6

倍精度理論ピーク FLOPS の計算値 (インテル® Xeon® プロセッサー E5-2697 v2 (12 コア、2.70GHz) 2 基と、インテル® Xeon Phi™ コプロセッサー 7120P (61 コア、1.238GHz) 1 基を比較) (518GF/s と 1208GF/s を比較)

7

インテル® Xeon® プロセッサー E5-2697 v2 搭載 2-way サーバーとインテル® Xeon Phi™ コプロセッサー 5120D 1 基を比較 (インテルが測定した DGEMM 消費電力当たり性能スコア 548GF/s (451W) と 837GF/s (225W) を比較)

8

インテル® Xeon® プロセッサー E5-2600 製品ファミリー搭載 2-way サーバーとインテル® Xeon Phi™ コプロセッサーを比較 (7.04 倍:2013年12月のインテルによる測定値。単精度モンテカルロ・シミュレーションで、2-way のインテル® Xeon® プロセッサー E5-2697 v2 (12コア、2.70GHz) とインテル® Xeon Phi™ コプロセッサー 7120P (61 コア、1.238GHz) 1 基を比較。78,444 オプション/秒と 552,410 オプション/秒を比較)。