Masthead Light

第 4 世代インテル® Core™ vPro™ プロセッサー・ファミリー

企業のセキュリティーを強化しながらビジネスクラスのパフォーマンスを実現

インテル® vPro™ テクノロジー1 に対応した最新のプロセッサーは、企業全体のセキュリティーを強化しながら、ユーザーが必要とするパフォーマンスを実現できるように設計されています。この第 4 世代インテル® Core™ vPro™ プロセッサー・ファミリーは、ビジネス対応のタブレットとノートブック PC の切り替えが可能な 2 in 1 デバイスで利用でき、ますます普及しつつあるモバイル環境における理想的なソリューションとなっています。 

強化されたセキュリティー、簡素化されたパスワード管理

内蔵された各種セキュリティー2機能により、IT の主要な課題 (マルウェアとルートキットからの保護、強力なパスワード、より適切なデータ保護、パワフルな修復機能など) に対応します。例えば、インテル® アイデンティティー・プロテクション・テクノロジー3 では、「パスワードなし」の VPN 体験を実現できます。これにより、モバイルユーザーが複数のパスワードを覚えることなく、ネットワークを保護できます。 

パフォーマンスの向上

パフォーマンスの向上

第 4 世代インテル® Core™ vPro™ プロセッサー・ファミリーを搭載したデバイスは、企業全体の生産性向上に役立ちます。バッテリー持続時間が長く、システムを瞬時に起動して、必要なアプリケーションやファイルに高速アクセスできます。4 

最新のノートブック PC と 4 年前の PC の比較 >

屋内位置情報サービスで、より迅速にリソースを発見5

ハイペースで進歩する今日の職場では、屋内位置情報サービスを使用して必要なリソースをより迅速に見つけることにより、時間を節約し職場環境を改善できます。医療から金融サービス、製造業に至るまで、さまざまな業界のお客様がすでにこの機能を活用しています。

位置情報サービスの詳細 >

ALT テキスト

インテル® Pro ワイヤレス・ディスプレイで、より簡単で安全なコラボレーション 6

インテル® Pro ワイヤレス・ディスプレイの使用により、会議室のテレビやプロジェクターにワイヤレスで接続できるため、コラボレーションが簡素化され、セキュリティーも向上します。 

ワイヤレス・ディスプレイ機能に関する情報 >

 

あらゆるデバイスをリモート制御

インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー7 (インテル® AMT) を利用すれば、大量のデバイスをリモートからアクセス、追跡、管理できます。インテル® AMT 対応の新しいデバイスを使用することで、オペレーティング・システムの状態や電源が切断されているかどうかに関係なく、ネットワークに接続されているクライアントを診断、隔離、修復できます。1,7 また、セキュリティー侵害が発生する前にセキュリティー・アップデートをユーザーに配布することにより、セキュリティーの脅威を予防的に管理できます。

詳細情報

ドライバーのアップデートが必要ですか?

ドライバーを自動的に識別して検出します。

インテル® ドライバー・アップデート・ユーティリティー >

エンタープライズ製品

インテル® Core™ vPro™ プロセッサー・ファミリー搭載の 2 in 1 デバイス

免責事項

open

1.   すべての条件下で絶対的なセキュリティーを提供できるコンピューター・システムはありません。内蔵セキュリティー機能は、一部のインテル® Core™ プロセッサーで提供されているものであり、この機能を利用するには、別途ソフトウェア、ハードウェア、サービスの購入、またはインターネットへの接続が必要となる場合があります。結果は、システム構成によって異なります。対応状況と機能については、各システムメーカーとサービス・プロバイダーにお問い合わせください。データやシステムの紛失や盗難など、サービス利用の結果生じたいかなる損害に対しても、インテルは責任を負いません。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/data-security/security-overview-general-technology.html を参照してください。

2. すべての条件下で絶対的なセキュリティーを提供できるコンピューター・システムはありません。一部のインテル® プロセッサーで利用できる内蔵セキュリティー機能を使用するには、別途ソフトウェア、ハードウェア、サービスまたはインターネットへの接続、あるいはその両方が必要となる場合があります。結果はシステム構成によって異なります。詳細については、各システムメーカーにお問い合わせください。  詳細については、http://www.intel.com/content/www/jp/ja/security/security-at-home.html を参照してください。 

3. すべての条件下で絶対的なセキュリティーを提供できるシステムはありません。インテル® アイデンティティー・プロテクション・テクノロジーを利用するには、インテル® アイデンティティー・プロテクション・テクノロジーに対応した第 2 世代以降のインテル® Core™ プロセッサー・ファミリーを搭載したシステム、および同テクノロジーに対応したチップセット、ファームウェア、ソフトウェア、インテル® アイデンティティー・プロテクション・テクノロジーに対応した Web サイトが必要です。各システムメーカーにお問い合わせください。データやシステムの紛失や盗難など、サービス利用の結果生じたいかなる損害に対してもインテルは責任を負いません。詳細については、http://ipt.intel.com (英語) を参照してください。

4. インテル® スマート・コネクト・テクノロジーを利用するには、一部のインテル® プロセッサー、インテル製のソフトウェアおよび BIOS のアップデート、インテル® ワイヤレスアダプター、インターネット接続が必要です。ソリッドステート・メモリーまたはドライブと同等のデバイスを必要とすることがあります。実際の結果はシステム構成によって異なります。詳細については、各システムメーカーにお問い合わせください。

5. 位置情報サービス (LBS) には第 3 世代または第 4 世代インテル® Core™ vPro™ プロセッサー・ファミリー搭載のモバイルシステムまたは Ultrabook™ が必要です。この機能を有効にするには、ローカル・ワイヤレス・ネットワークのセットアップおよび追加のサードパーティー製ソフトウェアが必要です。利用できる機能と得られる結果は、使用するハードウェア、ソフトウェア、IT 環境のセットアップと構成によって異なります。位置情報の正確性は、ワイヤレス・アクセス・ポイントの場所、ソリューションが導入される物理環境など、いくつかの要因によって異なります。

6. インテル® ワイヤレス・ディスプレイ対応 PC、タブレット、スマートフォン、互換性のあるアダプター、およびテレビが必要です。1080p と Blu-ray*、その他の著作権保護されたコンテンツの再生は、ビルトイン・ビジュアルが有効になっている一部のインテル® プロセッサーでのみ利用可能です。各 PC メーカーにお問い合わせください。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/intel-wireless-display.html を参照してください。

7. インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー (インテル® AMT) を利用するには、インテル® AMT の有効化と、企業 LAN に接続されておりインテル® AMT 対応チップセット、ネットワーク・ハードウェア、およびソフトウェアを搭載しているシステムが必要です。ノートブック PC の場合、ホスト OS ベースの VPN 上や、ワイヤレス接続時、バッテリー駆動時、スリープ時、ハイバネーション時、電源切断時には、インテル® AMT を利用できないことや、一部の機能が制限されることがあります。実際の結果はハードウェア、セットアップ、構成によって異なります。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/intel-active-management-technology.html を参照してください。