ご利用のブラウザーのバージョンは、このサイトでは推奨されていません。
次のリンクのいずれかをクリックして、最新バージョンにアップグレードしてくださいますようお願いいたします。

ゲーム体験をアップグレード

対応製品

臨場感あふれるゲーム体験

4.2 GHz1 へのスピードアップは始まりに過ぎません。4 コアによるハイパースレッディング・テクノロジーが、より多くの作業を迅速に処理します。インテル® ターボブースト・テクノロジー2は、クロック速度を最大限まで高めて、応答時間を可能な限り短縮し、大容量の 8 MB オンボードキャッシュが快適なマルチタスクを実現します。

インテル® Core™ i7 プロセッサーの製品概要

メガタスク機能を最大限に活用

ゲームプレイとライブ・ストリームを同時進行させながら、スムーズに操作できます。チームメイトとのリアルタイムなコミュニケーションも可能です。さらに、インテル® RealSense™ テクノロジー3 を使用することで、シミュレーションや背景除去など、動画のプロが編集したような、フェイスカム機能でブロードキャストできます。

ゲームの未来を切り開く

VR に対応しており、ゲーム体験や共有、プレイスタイルを一変させるパワーとグラフィックスを獲得できます。最新の VR ヘッドセットへの対応や圧倒的な 4K グラフィックス、高い処理速度とオーバークロックを実現します。4

バーチャル・リアリティーによる驚きの体験

自分にぴったりのゲーミング PC にアップグレード

理想とする PC を構築する場合や今の PC をパワーアップさせる場合にも、最新のインテル® Core™ i7 プロセッサーなら、その圧倒的なパワーであなたを勝利に導きます。また、将来を見据えたアップグレードとしても最適です。

今すぐアップグレード

コアユーザーたちの本音

e スポーツのスタープレーヤー、プロゲーマーとしての配信者、ゲームの開発者たちが、彼らの世界と PC ゲームの未来について独自の視点から語ります。

関連製品

システム構成の詳細

インテル® Core™ i7-6700K プロセッサー (4GHz (最大 4.20 GHz)、4C/8T、8MB、TDP 91W) 測定時の構成 - マザーボード: ASUS* Z170MPLUS、メモリー: 4GB x 4 DDR4-2133 MHz、ストレージ: インテル 750 PCIe SSD-400 GB、OS: Windows® 10 (TH2)、グラフィックス: NVIDIA* GTX 980Ti (ドライバー v364.51)、BIOS: BIOS 0506、システム電源管理ポリシー: ハイパフォーマンス

免責事項

1

性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、www.intel.com/benchmarks (英語) を参照してください。

2

インテルのテクノロジーを使用するには、対応するハードウェア、特定のソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。実際の性能はシステム構成によって異なります。絶対的なセキュリティーを提供できるコンピューター・システムはありません。詳細については、各システムメーカーまたは販売店にお問い合わせいただくか、http://www.intel.co.jp/ を参照してください。

3

有効なデバイスが必要です。説明している機能を実現するために、ソフトウェアまたはサードパーティーのアプリケーションが必要になる場合もあります。一部の機能、またはすべての機能が使用できないことがあります。また市販されずに、開発段階に留まっている場合もあります。詳細については、販売店にお問い合わせいただくか、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/realsense-overview.html を参照してください。

4

警告:PC クロック/メモリー周波数または電圧、あるいはその両方を改変した場合、以下の事態が生じるおそれがあります。(i) システムの安定性が低下し、システム、メモリー、プロセッサーの耐用年数が短くなる。(ii) プロセッサーや他のシステム・コンポーネントの故障の原因となる。(iii) システム性能が低下する。(iv) 発熱の増加およびその他の損傷の原因となる。(v) システムのデータ保全性に影響を与える。動作周波数または電圧、あるいはその両方を改変した場合を含め、インテルはメモリーの特定目的への適合性に関して一切の責任を負いません。保証および追加の詳細情報については、メモリーのメーカーにお問い合わせください。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/gaming/overclocking-intel-processors.html を参照してください。