インテル IT 2015-2016 年パフォーマンス・レポート

インテル IT 2015-2016 年パフォーマンス・レポートでは、生産性、デジタル化、サイバー・セキュリティーの 3 つの観点から、インテルのイノベーションを加速しているテクノロジーのトレンドに焦点を当てています。本レポートでは、インテル IT 部門が、新たなテクノロジーを存分に活かしてビジネス価値を作り出し、組織変革を推進している様子をご紹介します。インテル IT 部門はビジネス目標に照準を合わせた優れた業務運営を行い、戦略的な意思決定と投資計画でソート・リーダーシップを発揮して、複数のビジネス目標を達成しています。経営陣はインテル IT 部門からの提言をもとに、生産性、デジタル化、サイバー・セキュリティーへの IT 投資により、混乱を回避しながら市場リーダーの地位を保持する方法を検討しています。インテル IT 部門は、ワイヤレスを活用する簡単で安全なやり方で生産性を高める、革新的なソ...リューションも提示しています。インテル IT 部門は、先進の会議機能、および製品の検証やテストを実施するためのコラボレーション・ソリューションを提供して、ビジネス上の信用を確立してきました。これらのソリューションによって、戦略的なビジネス目標の達成を阻む障壁を取り除くことができます。市場投入までの時間の短縮という変わらぬ課題に対応するために、インテル IT 部門は複数のビッグデータ分析テクノロジーに投資して、コスト効率の良い統合的なアプローチによってビジネス・インテリジェンス (BI) を牽引しています。データの収集、抽出、変換、処理、レンダリングの方法をさらに進化させて、市場ニーズに対する理解を深めて対応力を高めていくには、デジタル化を最優先にしなくてはなりません。セキュリティーの脅威は、あらゆる業界で急激に増加しています。インテル IT 部門は、脅威を検知し、隠れた脆弱性を修正する、信頼できるセキュリティー・アーキテクチャーを採用することで、会社全体を保護しています。インテル IT 部門は、監視、脅威インテリジェンス、エンドユーザーのトレーニング、脅威に対するプロアクティブな対応などへの投資を続けることで、今日の危険に満ちたサイバー世界に対して、耐障害性を向上させています。

関連ビデオ