• <検索へ戻る

組み込み機器向けソフトウェア開発ツール (インテル Vtune など)

推奨される手順と詳細情報へのリンク

 

手順 1: システムおよびアプリケーションの解析

  • ソフトウェア: インテル® VTune™ Amplifier XE 2011。 インテル® VTune™ パフォーマンス・アナライザーを使うと、コンパイルし直さなくても、グラフィカル・ユーザー・インターフェイスを通じて簡単にパフォーマンス・チューニングが行えます。このアナライザーは、プログラミング言語やコンパイラーを選ばず、GNU などの業界標準のコンパイラーや、インテルおよび Microsoft の C、C++、Fortran コンパイラーをサポートしています。また、インテル VTune アナライザーは Microsoft .NET (C# および Visual Basic) や Java* のようなマネージドランタイム環境もサポートしています。

 

手順 2: ライブラリーおよびコンパイラーによるコードの最適化

  • インテル® スレッディング・ビルディング・ブロック。インテル® スレッディング・ビルディング・ブロックは、スケーラブルなマルチコア・パフォーマンスの実現に向けたスレッド化作業を単純化する C++ テンプレートベースのランタイム・ライブラリーです。
  • インテル® コンパイラー。インテル・コンパイラーは、一般的な開発環境に統合して使用することができ、他の一般的なコンパイラーとのソースおよびバイナリーレベルでの互換性を提供します。
  • インテル® インテグレーテッド・パフォーマンス・プリミティブ。インテル® IPP ライブラリーには、ビデオ、画像処理、圧縮、暗号化、オーディオ、音声認識、信号処理用の関数のほか、デジタルメディアおよびデータ処理アプリケーション向けのコーデック・コンポーネント関数が用意されています。
  • インテル® マス・カーネル・ライブラリー。インテル® マス・カーネル・ライブラリーには、エンジニアリング、科学計算、財務などのアプリケーション向けに高度に最適化され、十分にスレッド化された数学関数群が用意されています。
  • インテル® Message Passing Interface ライブラリー。インテル® Message Passing Interface ライブラリー 3.2 は、Message Passing Interface v2 仕様を実装したマルチファブリック対応メッセージ・パッシング・ライブラリーです。インテル® プラットフォームで標準のライブラリーを提供します。

 

手順 3: デバッグ

  • インテル® Inspector XE。Windows および Linux オペレーティング・システムに対応したインテル® スレッド・チェッカーは、32 ビット / 64 ビット・アプリケーションにおけるデータレースやデッドロックなどの発見が困難なスレッド化エラーを正確に検出する解析ツールです。

 

手順 4: パフォーマンス・チューニング

  • ソフトウェア: インテル® VTune™ Amplifier XE 2011。インテル® VTune™ Amplifier XE は、パフォーマンス・プロファイリング・ツールであり、インテル® スレッド・プロファイラー・ツールが付属する以前のインテル® VTune™ パフォーマンス・アナライザーに基づいて構築されています。  インテル・スレッド・プロファイラーでは、スレッド化されたアプリケーションの動作を可視化して、スレッドの動きややり取りを把握することができます。解析に役立つように、コールスタックとソースコード中のパフォーマンス問題の正確な位置を示します。インテル® VTune™ パフォーマンス・アナライザーを使うと、コンパイルし直さなくても、グラフィカル・ユーザー・インターフェイスを通じて簡単にパフォーマンス・チューニングが行えます。このアナライザーは、プログラミング言語やコンパイラーを選ばず、GNU などの業界標準のコンパイラーや、インテルおよび Microsoft の C、C++、Fortran コンパイラーをサポートしています。また、インテル VTune アナライザーは Microsoft .NET (C# および Visual Basic) や Java* のようなマネージドランタイム環境もサポートしています。

よくある質問 (FAQ)

 

JTAG のサポートは必要ですか?

デバイスドライバー、ミドルウェア、BIOS、または独自のオペレーティング・システムの開発に携わっている開発者には、 JTAG (Joint Test Action Group、IEEE1149.1) デバッグ / 解析が最適です。現在 Linux を使用しているか、リアルタイム・オペレーティング・システムを使用している開発者にも JTAG は最適です。

 

JTAG の資料はどこで入手できますか?

情報および資料は、以下のサードパーティー・ベンダーから入手できます。

 

インテル® ソフトウェア・ツールの評価版はどこで入手できますか?

インテル® ソフトウェア開発製品の評価版は無償で提供されており、インテル® 評価版ソフトウェア・センターからダウンロードできます。

 

詳しい情報はどこで入手できますか?

インテルから:インテル開発ツールの詳細については、インテル® ソフトウェア製品のサイトをご覧ください。

OS ベンダーから:インテル・アーキテクチャー・ソフトウェア・ツールについては、組み込み機器向けオペレーティング・システム・ベンダーまでお問い合わせください。

ソフトウェア・ベンダーから:追加ツールの資料は、Transitive および Critical Blue などのソフトウェア・ベンダーから入手できます。

 

詳細情報

インテル® EDC サポート

テクニカルサポートおよびセールスサポートへアクセスする、インテル® EDC アカウントに登録する、またはアカウントの管理を行う。

お問い合わせ >