Masthead Light

第 4 世代インテル® Core™ プロセッサーとインテル® Q87 チップセット

以前の Shark Bay デスクトップ (Haswell + Lynx Point)

これらのプロセッサーは、従来 Haswell と呼ばれていたインテル® マイクロアーキテクチャに基づいており、22nm プロセス・テクノロジーと 3-D トライゲート・トランジスタを基盤として製造されています。このプラットフォームは、第 3 世代インテルR Core? プロセッサーを超える優れた CPU、グラフィックス、メディア・パフォーマンス、柔軟性、高度なセキュリティーを備えており、幅広いインテリジェント・システムに最適です。開発者は特定のプロセッサーとインテル® C226 チップセットの組み合わせが使用されているときに誤り訂正符号 (ECC) メモリーを利用することもできます。

  • インテル® HD グラフィックス 4600: ビデオ、2-D/3-D グラフィックス、およびインタラクティブ・コンテンツを表示するデバイスに、ハイエンドなメディア機能とグラフィックス機能を提供します。
  • インテル® アドバンスト・ベクトル・エクステンション 2: 信号・画像処理アプリケーションの整数/マトリックス計算パフォーマンスを高速化します。
  • インテル® Advanced Encryption Standard New Instructions (インテル® AES-NI): データ暗号化および暗号解除のためのハードウェアの高速化をサポートします。
  • インテル® フレックス I/O: ユーザーは 4 ~ 6 個の SATA 6.0 Gbps、 6 ~ 8 個の PCI Express* Gen 2.0、および 4 ~ 6 個の USB 3.0 ポートを、構成のニーズに基づいて割り当てることができます。
  • インテル® vPro™ テクノロジー: セキュリティーやシステム管理といった重要な機能を従来になくハードウェアでサポートします。

インテル® Core™ プロセッサーおよびインテル® Q87 チップセットをベースとした、インテリジェント・システム用プラットフォーム:  プレビュー |  ダウンロード

第 4 世代 Core ファミリー・デスクトップ・データシート 第 1 巻:  プレビュー |  ダウンロード

第 4 世代 Core ファミリー・デスクトップ・データシート 第 2 巻:  プレビュー |  ダウンロード

サポートされるシステムタイプ:

systemtype

インテリジェント・システムの実現

仕様

プロセッサー 123456
プロセッサー・ナンバー 注文コード キャッシュ、動作周波数 電源 メモリー 製品テクノロジー
インテル® Core™ i7-4770S プロセッサー
CM8064601465504 8 MB キャッシュ、最大 3.9 GHz 65 W デュアルチャネル DDR3/DDR3L 1600 @ 1.5 V インテル® AES New Instructions (インテル® AES-NI)、インテル® アドバンスト・ベクトル・エクステンション (インテル® AVX), インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー、インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー (インテル® HT テクノロジー)、インテル® vPro™ technology
インテル® Core™ i7-4770TE プロセッサー
CM8064601538900 8 MB キャッシュ、最大 3.3 GHz 45 W デュアルチャネル DDR3/DDR3L 1600 @ 1.5 V インテル AES-NI、インテル AVX、インテル・ターボ・ブースト・テクノロジー、インテル HT テクノロジー、インテル vPro テクノロジー
インテル® Core™ i5-4570S プロセッサー CM8064601465605 6 MB キャッシュ、最大 3.6 GHz 65 W デュアルチャネル DDR3/DDR3L 1600 @ 1.5 V
インテル AES-NI、インテル AVX、インテル・ターボ・ブースト・テクノロジー、インテル HT テクノロジー、インテル vPro テクノロジー
インテル® Core™ i5-4570TE プロセッサー CM8064601484301 4 MB キャッシュ、最大 3.3 GHz 35 W デュアルチャネル DDR3/DDR3L 1600 @ 1.5 V インテル AES-NI、インテル AVX、インテル・ターボ・ブースト・テクノロジー、インテル HT テクノロジー、インテル vPro テクノロジー、オプションの誤り訂正符号 (ECC)

インテル® Core™ i3-2120 プロセッサー

CM8064601482416

4 MB キャッシュ、3.5 GHz

54 W

デュアルチャネル DDR3/DDR3L 1600

@ 1.5 V

インテル® グラフィックス 4600、インテル AES-NI, インテル AVX 2.0、インテル HT テクノロジー、インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー (インテル® VT)、オプションの誤り訂正符号 (ECC)

インテル® Core™ i3-2120 プロセッサー

CM8064601484402

4 MB キャッシュ、2.4 GHz

35 W

デュアルチャネル DDR3/DDR3L 1600

@ 1.5 V

インテル® HD グラフィックス 4600、インテル AVX 2.0、インテル HT テクノロジー、インテル VT、オプションの誤り訂正符号 (ECC)

インテル® Pentium® プロセッサー G3420

CM8064601482514

3 MB キャッシュ、3.2 GHz

54 W

デュアルチャネル DDR3/DDR3L 1600

@ 1.5 V

インテル® HD グラフィックス、インテル AVX、インテル VT、オプションの誤り訂正符号 (ECC)

インテル® Pentium® プロセッサー G3320TE

CM8064601484501

3 MB キャッシュ、2.3 GHz

35 W

デュアルチャネル DDR3/DDR3L 1600

@ 1.5 V

インテル® HD グラフィックス、インテル AVX、インテル VT、オプションの誤り訂正符号 (ECC)

このプラットフォームのすべてのプロセッサーを比較
チップセット
製品 注文コード パッケージ 電源 機能
インテル® Q87 チップセット DH82Q87 FCBGA 708
4.1W 4 ~ 6 個の SATA ポート (2 ~ 4 個の SATA 6.0 Gbps)、合計 14 個の USB ポート (USB 3.0 が 4 ~ 6 個)、6 ~ 8 個の PCI Express* (PCIe*) Gen 2.0 ポート。インテル® vPro™ テクノロジーに対応
インテル® C226 チップセット DH82C226 FCBGA 708
4.1W
ECC および Intel® AMT 9.0 をサポート。4 ~ 6 個の SATA 6.0 Gbps ポート、合計 14 個の USB ポート (USB 3.0 が 4 ~ 6 個)、6 ~ 8 個の PCIe Gen 2.0 ポート

インテル® H81 チップセット

DH82H81

FCBGA 708

4.1W

4 個の SATA ポート (2 個の SATA 6.0 Gbps)、合計 10 個の USB ポート (2 個の USB 3.0)、6 個の PCIe Gen 2.0 ポート

ブロック図

第 4 世代インテル® Core プロセッサーとインテル® Q87 チップセット:ブロック図

このブロック図には、表示されているインテル® プロセッサー・プラットフォームの機能と接続が記述されています。これらのプロセッサーは、従来 Haswell と呼ばれていたインテル® マイクロアーキテクチャに基づいており、22nm プロセス・テクノロジーと 3-D トライゲート・トランジスタを基盤として製造されています。このプラットフォームは、第 3 世代インテルR Core? プロセッサーを超える優れた CPU、グラフィックス、メディア・パフォーマンス、柔軟性、高度なセキュリティーを備えており、幅広いインテリジェント・システムに最適です。選択したプロセッサーをインテル® C226 チップセットとともに使用する場合は、ECC メモリも利用できます。

フルサイズで表示 >

設計リソース

免責事項

open

1. インテル・プロセッサー・ナンバーはパフォーマンスの指標ではありません。プロセッサー・ナンバーは同一プロセッサー・ファミリー内の製品の機能を区別します。異なるプロセッサー・ファミリー間の機能の区別には用いません。詳細については、www.intel.com/content/www/us/en/processors/processor-numbers.html を参照してください。

2. インテル® AES New Instructions (インテル® AES-NI) を利用するには、インテル® AES-NI に対応したプロセッサーを搭載したコンピューター・システム、および命令を正しい手順で実行する他社製ソフトウェアが必要です。インテル® AES-NI は、一部のインテル® プロセッサーで利用できます。提供状況については、各 PC メーカーなどにお問い合わせください。詳細については、http://software.intel.com/en-us/articles/intel-advanced-encryption-standard-instructions-aes-ni/ (英語) を参照してください。

3. インテル® vPro™ テクノロジーは高度な機能であり、利用するにはセットアップと有効化を行う必要があります。利用できる機能と得られる結果は、ハードウェア、ソフトウェア、IT 環境のセットアップと構成によって異なります。詳細については、 http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/vpro/vpro-technology-general.html を参照してください。

4. インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーに対応したシステムが必要です。インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーおよびインテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0 は、一部のインテル® プロセッサーでのみ利用可能です。 各 PC メーカーにお問い合わせください。実際の性能はハードウェア、ソフトウェア、システム構成によって異なります。 詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/turbo-boost/turbo-boost-technology.html を参照してください。

5. 一部のインテル® Core™ プロセッサーで利用できます。インテル® ハイパースレッディング・テクノロジーに対応したシステムが必要です。各 PC メーカーにお問い合わせください。性能は、使用するハードウェアやソフトウェアによって異なります。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/hyper-threading/hyper-threading-technology.html を参照してください。

6. インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー (インテル® AMT) を利用するには、インテル® AMT の有効化と、企業 LAN に接続されておりインテル® AMT 対応チップセット、ネットワーク・ハードウェア、およびソフトウェアを搭載しているシステムが必要です。ノートブック PC の場合、ホスト OS ベースの VPN 上や、ワイヤレス接続時、バッテリー駆動時、スリープ時、ハイバネーション時、電源切断時には、インテル® AMT を利用できないことや、一部の機能が制限されることがあります。実際の結果はハードウェア、セットアップ、構成によって異なります。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/intel-active-management-technology.html を参照してください。