• <Intel.co.jp のその他の情報
Masthead Light

インテル® Atom™ プロセッサー C2000 製品ファミリー

以前の開発コード名 Rangeley

低消費電力の Silvermont マイクロアーキテクチャーに基づくこの製品ファミリーは、フットプリントを小さくし、インテル® アーキテクチャーのスケーラビリティーを増強することで、高密度な通信とインテリジェント・システムを実現しています。この製品ファミリーは、(2 ~ 8 コアの) マルチコア・プロセシング機能を提供し、高度な I/O アクセラレーションを統合し、スケーラビリティーに優れた単一のシステム・オン・チップ (SoC) を実現しています。

  • 22 ナノメートルのプロセス・テクノロジーに基づく 3 次元トライゲート・トランジスターを採用したこの製品ファミリーは、ワットあたりの最適なパフォーマンスを実現し、中小規模支社のルーター、セキュリティー・アプライアンス、ネットワーク・アクセス、通信サーバー、小規模セル、制御プレーン・プロセシング、ストレージなどの熱量制限のあるソリューションのニーズに対応しています。
  • この製品ファミリーはピン互換性があるため、設計を再利用してプラットフォームをシームレスに拡張できます。7 ~ 20 ワットの熱設計電力 (TDP) により、ファンレス組込み設計などの電力効率の高いネットワーク設計をサポートできます。
  • このプラットフォームをインテル® データプレーン開発キットと組み合わせることにより、パケット処理が高速化され、高速化したネットワーク・トラフィック・データ速度や、関連する制御信号インフラストラクチャー要件に対応できるようになります。

_______________________________________________________________________________________

オンライン・エンベデッド・ボード・プランナー
ボードのプランニング、電力および熱分析の実行、回路図の作成をすべてオンラインで行います。 
試用する >
_______________________________________________________________________________________

インテル Atom プロセッサー C2000 製品ファミリーを使用した製品
ソリューション・アライアンス・パートナーが提供するインテル Atom プロセッサー E3800 製品ファミリーベースの組込み機器向け製品をご確認ください。
カタログを参照する >
_______________________________________________________________________________________

ファームウェア・サポート・パッケージ
Windows* および Linux* 用のインテル® ファームウェア・サポート・パッケージには、プロセッサー、メモリー・コントローラーおよびインテル® チップセット用の初期化機能が、既存のブートローダーに適合する再利用可能なバイナリー・コンポーネントとして含まれています。付属の統合ガイドでは、使用可能な API について説明しています。 
ファームウェア・サポート・パッケージのダウンロード >
_______________________________________________________________________________________

プラットフォーム概要: インテル® Atom™ プロセッサー C2000 製品ファミリーベースの通信インフラストラクチャー向けプラットフォーム:  プレビュー |  ダウンロード

詳細情報

製品のダウンロード

ドキュメント >

ソフトウェア >

インテル® EDC サポート

テクニカルサポートおよびセールスサポートへアクセスする、インテル® EDC アカウントに登録する、またはアカウントの管理を行う。

お問い合わせ >

プロセッサー

プロセッサー12         
プロセッサー・ナンバー 注文コード キャッシュ、動作周波数 電源 メモリー 製品の機能とテクノロジー
インテル® Atom™ プロセッサー C2758 FH8065501516702 4 MB、2.4 GHz 20 W DDR3、3L 1600、最大 64 GB (2 チャネル) 8 コア、ECC メモリー (オプション)、インテル® AES New Instructions、インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー、インテル® QuickAssist テクノロジー
インテル® Atom™ プロセッサー C2738 FH8065501516763 4 MB、2.4 GHz 20 W DDR3、3L 1600、最大 64 GB (2 チャネル) 8 コア、ECC メモリー (オプション)、インテル® AES New Instructions、インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー
インテル® Atom™ プロセッサー C2718 FH8065501516708 4 MB、2 GHz 18 W DDR3、3L 1333、最大 32 GB (2 チャネル) 8 コア、ECC メモリー (オプション)、インテル® AES New Instructions、インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー、インテル® QuickAssist テクノロジー
インテル® Atom™ プロセッサー C2558 FH8065501516709 2 MB、2.4 GHz 15 W DDR3、3L 1600、最大 64 GB (2 チャネル) 4 コア、ECC メモリー (オプション)、インテル® AES New Instructions、インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー、インテル® QuickAssist テクノロジー
インテル® Atom™ プロセッサー C2538 FH8065501516762 2 MB、2.4 GHz 15 W DDR3、3L 1600、最大 64 GB (2 チャネル) 4 コア、ECC メモリー (オプション)、インテル® AES New Instructions、インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー
インテル® Atom™ プロセッサー C2518 FH8065501516710 2 MB、1.7 GHz  13 W DDR3、3L 1333、最大 32 GB (2 チャネル) 4 コア、ECC メモリー (オプション)、インテル® AES New Instructions、インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー、インテル® QuickAssist テクノロジー
インテル® Atom™ プロセッサー C2508 FH8065501516768 2 MB、1.25 GHz 9.5 W DDR3-1333、最大 32 GB (2 チャネル) 4 コア、温度範囲 -40°C ~ 85°C、インテル® AES New Instructions、インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー、インテル® QuickAssist テクノロジー
インテル® Atom™ プロセッサー C2358 FH8065501516711 1 MB、1.7 GHz 7 W DDR3、3L 1333、最大 16 GB (1 チャネル) 2 コア、ECC メモリー (オプション)、インテル® AES New Instructions、インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー、インテル® QuickAssist テクノロジー
インテル® Atom™ プロセッサー C2338 FH8065501516761 1 MB、1.7 GHz 7 W DDR3、3L 1333、最大 16 GB (1 チャネル) 2 コア、ECC メモリー (オプション)、インテル® AES New Instructions、インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー
インテル® Atom™ プロセッサー C2308 FH8065501516754 1 MB、1.25 GHz 6 W DDR3-1333、最大 16 GB (1 チャネル) 2 コア、温度範囲 -40°C ~ 85°C、インテル® AES New Instructions、インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー、インテル® QuickAssist テクノロジー

ブロック図

インテル® Atom™ プロセッサー C2000:ブロック図

ブロック図:インテル® Atom™ プロセッサー C2000 の機能説明 (2013 年 7 月 v.1)

フルサイズで表示 >

ツール & ダウンロード

すべて表示

設計リソース

関連情報

すべて表示

ディスカッション

免責事項

open

1. インテル® AES New Instructions (インテル® AES-NI) を利用するには、インテル® AES-NI に対応したプロセッサーを搭載したコンピューター・システム、および命令を正しい手順で実行する他社製ソフトウェアが必要です。インテル® AES-NI は、一部のインテル® プロセッサーで利用できます。提供状況については、各 PC メーカーなどにお問い合わせください。詳細については、http://software.intel.com/en-us/articles/intel-advanced-encryption-standard-instructions-aes-ni/ (英語) を参照してください。

2. インテル・プロセッサー・ナンバーはパフォーマンスの指標ではありません。プロセッサー・ナンバーは同一プロセッサー・ファミリー内の製品の機能を区別します。異なるプロセッサー・ファミリー間の機能の区別には用いません。詳細については、www.intel.com/content/www/us/en/processors/processor-numbers.html を参照してください。