インテル® Atom™ プロセッサー搭載システムでの Windows Embedded Standard* 7 (WES7) のインストールガイド

 通知・免責事項 をお読みになってから、このガイドをご利用ください。

 

このガイドでは、Microsoft* から提供される Windows Embedded Standard* 7 (WES7) インストール・ディスクを使用します。WES7 は、別のハードドライブや USB ドライブ上のイメージからインストールすることもできます。ユーザー本人がライセンスを取得したバージョンの Windows Embedded System 7* オペレーティング・システムを用意する必要があります。

 

  1. 最初に光学ドライブから起動し、続いて WES7 ディスクから起動するように BIOS を設定します。
  2. [Build an Image] を選択します。

     

    図 1

     

  3. 使用許諾契約に同意すると、[Choose how to create your image] 画面が表示されます。

     

    図 2

     

  4. イメージによって、その用途に対応した機能は異なります。[Application Compatibility] を選択して、Windows Embedded Standard 7* のすべての機能をインストールします。
  5. 次の画面には、選択したイメージに応じて、インストールされるドライバーと機能が表示されます。この時点で、機能を追加または削除することができ、これらの変更は必要なディスク空き容量 (右下に表示) に反映されます。
  6. WES7 をインストールする場所を選択します。

     

    図 3

    1. このディスクにインストールするオペレーティング・システムが WES7 のみである場合は、ディスクをフォーマットして、最大限のサイズで新しいパーティションを作成します。これにより、現在ディスクにあるすべてのデータは消去されます。
    2. WES7 を別のオペレーティング・システムと一緒にインストールする場合は、利用可能なパーティションの 1 つを選択します。パーティションの空き容量が 0.0MB と表示されている場合は、Windows 対応のファイルシステムでフォーマットされていない可能性があります (例えば、Linux でよく使用される EXT ファイルシステムは非対応です)。このようなときには、そのパーティションを選択してフォーマットします。
  7. これで、WES7 がインストールされました。使用するハードウェアにもよりますが、この処理には約 1.5 時間かかります。

     

    図 3

インテリジェントな設計を実現

インテル® EDC サポート

テクニカルサポートおよびセールスサポートへアクセスする、インテル® EDC アカウントに登録する、またはアカウントの管理を行う。

お問い合わせ >

設計リソース