インテル® エンベデッド・グラフィックス・ドライバー FAQ

BIOS / ファームウェア

1.  UEFI とは何ですか?

 

UEFI は、Unified Extensible Firmware Interface の略です。UEFI は、従来のシステム BIOS の代替となるもので、柔軟性、スピード、効率性に優れており、ドライブサイズの制約もありません。UEFI プリブート・ファームウェアのアーキテクチャーは、32 ビット / 64 ビット / IA64 のいずれかを選択できます。バイナリー互換性はありません。CSM (Compatibility Support Module) を使用して、既存のオペレーティング・システムをブートし、既存のオプション ROM を実行することができます。

インテル® エンベデッド・グラフィックス・ドライバーは、EFI ドライバーをサポートしており、EFI ドライバーは UEFI システム・プリブート・ファームウェアに統合されています。EFI ドライバーは、ファストブート機能をサポートしています。

 

2.  「EPOG」とは何の略ですか? また、どのような目的で使用するのですか?

 

EPOG とは、Embedded Pre-OS Graphics 機能の略です。EPOG は最初、インテル® エンベデッド・グラフィックス・ドライバー 10.2 Gold でサポートされていました。このドライバーは Intel® Boot Loader Development Kit に同梱されているモジュールです。

 

EPOG は CED を使用して設定します。CED によって libepog.a というファイルが提供され、これをファームウェアに統合する必要があります。EPOG 機能により、ユーザーが選択したスプラッシュ・スクリーン (サイズ 50K 未満でピクセル当たり 8 ビットまたは 24 ビットの .bmp 形式) を素早く表示することができます。スプラッシュ・スクリーンは、多くの場合、コーポレート・ロゴの表示に使用されます。現在の EPOG ドライバーは、静止したスプラッシュ・スクリーンのみをサポートしています。業界ベンダーは、スプラッシュ動画も提供していますが、インテルでは現在、これを実装していません。

 

Intel® Boot Loader Development Kit 環境によって EPOG ドライバーに制御が渡されてから、EPOG ドライバーがスプラッシュ・スクリーンを表示するのに通常 500 ミリ秒もかかりません。

 

3.  ビデオ BIOS (VBIOS) とグラフィックス出力プロトコル (GOP) ドライバーは同じものですか?

 

いいえ。GOP ドライバーは、従来のビデオ BIOS の代替となるもので、CSM (Compatibility Support Module) なしで UEFI プリブート・ファームウェアを使用することができます。GOP ドライバーには、32 ビット / 64 ビット / IA64 が用意されており、バイナリー互換性はありません。UEFI プリブート・ファームウェアのアーキテクチャー (32 / 64 ビット) は、GOP ドライバーのアーキテクチャー (32 / 64 ビット) と合わせる必要があります。インテル® エンベデッド・グラフィックス・ドライバーの GOP ドライバーは、ファストブート (高速でプラットフォームを選ぶ) または汎用 (特定のプラットフォームに依存しない) を選択できます。

 

GOP とビデオ BIOS を簡単に比較してみましょう。

 

  • GOP: 64 KB の制限なし。32 ビット・プロテクトモード。CSM 不要。高速 (ファストブート)。UEFI プリブート・ファームウェアのアーキテクチャー (32 / 64 ビット) は、GOP ドライバーと合わせる必要あり。
  • ビデオ BIOS: 64 KB の制限。16 ビット・エグゼキューション。UEFI システム・ファームウェアで CSM 要。GOP CSM よりもパフォーマンスが低い。vBIOS は 32 ビットおよび 64 ビット・アーキテクチャーの両方に対応。

 

4.  VBIOS と GOP ドライバーを 1 つのプラットフォームに共存させることはできますか?

 

いいえ。UEFI プリブート・ファームウェアは、アルゴリズム (現在はバージョン番号) に基づいて実行時に Console_out 用 GFX ファームウェア・コンポーネントを選択するため、それはお勧めしません。最上位のバージョン番号を持つ GFX ファームウェア・コンポーネントが選択され、このアルゴリズムが変更されることがあります。GOP ドライバーのさまざまなインスタンスにも、これと同じことがいえます。

 

5.  EFI プリブート・ファームウェアで、VBIOS オプション ROM はどのようにしてディスプレイ・アダプターにリンクされるのですか?

 

vBIOS オプション ROM は、VGA デバイスの PCI ベンダー/デバイス ID (通常はバス 0、デバイス 2、機能 0) にリンクされており、この情報がコンパイル時に EFI プリブート・ファームウェアに組み込まれるか、マージ・ユーティリティーによってホスト上のイメージに結合されます。

 

6.  Matrox などの外部グラフィックス・カードと内部 LVDS などの内部グラフィックスを使用している場合、どちらの VBIOS が起動されますか?

 

答えは、EFI プリブート・ファームウェアの設定によって異なります。「PCI as primary」オプションがあって有効になっている場合には、Matrox* カードの VBIOS オプション ROM が起動します。「PCI as primary」が有効になっていない場合には、インテル® エンベデッド・グラフィックス・ドライバー VBIOS が起動します。プラットフォームで VBIOS のインスタンスは 1 つしか存在できません。

 

7.  Windows XP* 環境での VBIOS の利用シナリオは?

 

Windows XP* では、グラフィックス・ドライバーがロードされるまで、int 10h により VBIOS を使用してスプラッシュ・スクリーンやメッセージを表示します。OS 起動処理中は、OS がフレームバッファーに直接書き込み、表示用 VBIOS を迂回します。グラフィックス・ドライバーのロード後、全画面 DOS モード時および「ブルースクリーン」時に OS が VBIOS に制御を渡して、スタック情報を表示します。