• <Intel.co.jp のその他の情報

デジタル・ファクトリー

モノのインターネットを活用するための産業分野の組織の配備

デジタル・ファクトリーは、情報技術 (IT) と運用技術 (OT) を従来にない方式で一体化したものであり、役員会議室、工場のフロア、およびサプライチェーンをつないで優れた制御レベル、効率性、および強い競争力を実現します。MES、ERP、SCADA、EMS などのサポートシステムにより、デジタル・ファクトリーは、すべてのネットワーキング・レイヤーとコンピューティング・レイヤーの間をシームレスかつ安全に接続し、また分散型自律式 I/O で組織全体のインテリジェンスを高めることができます。

今日の非常に競争の激しいグローバル経済は、産業用市場にかつてないほどの影響を与えており、あらゆる規模の製造業者が、オートメーションやデータの最適化のレベルを向上させるための検討を進めています。この新たな世界では、データの価値を抽出して利用できる者が、ビジネス拡大のチャンスを見極めて活かす先駆者となります。同時に、技術革新の推進、製品サイクルの短縮、クラウド・コンピューティングの出現、高まる電力効率目標、および切迫したセキュリティーに関する懸念により、従来の工場モデルの限界や、IT 部門と OT 部門の担当者の連携を深める必要性が明らかになっています。変化する顧客のニーズにより、大量の個別対応製品の需要も高まり、企業は、これまで以上に迅速な対応が求められます。

インテルは、その業界の関係先に、ほぼ半世紀にわたる製造経験と技術革新のほかに、クラウド、データセンター、および大量データ・ソリューションの深い専門知識をもたらしています。その専門知識と最先端のソリューションとが一体となって、21 世紀の工場に大変革をもたらすインテルの独自の立場が確立されます。インテルは、応答性を高めるために孤立したシステムを接続する安全で管理しやすいアーキテクチャーを提供し、効率の悪さを解消してコストを削減するためにワークロードを統合システムにまとめ、分析の認識およびプロセスの可視性を最大限に高めています。インテルは、このように接続性、管理しやすさ、およびセキュリティーの確かな基盤を提供して、機器製造企業が自社のシステムデータを、産業分野のモノのインターネットの新たなパラダイムを創造する差別化したビジネス価値に確実に変えるための支援を行っています。

Overhead view of back of man at computer terminal

ソリューション概要: コネクテッド・ファクトリー

次世代の工場は、あらゆるネットワークおよびコンピューティング・レイヤーがシームレスに連携し、インテリジェントな分散型自律式 I/O を備えた「コネクテッド・ファクトリー」へと進化します。

詳しくはこちら >

Overhead view of man in blue at workstation

ビデオ: インテリジェントなコネクテッド・ファクトリー

インテル® アーキテクチャー・ベースのソリューションで構築された工場では、インテリジェンス、セキュリティー、接続性、統合、最適化、および電力効率のメリットが得られます。このインテリジェントなコネクテッド・ファクトリーは、オープン・スタンダード、非常に拡張性の高いプラットフォームに基づきます。そこでは、すべてのシステム (エンドツーエンド) をシームレスに接続することによって、貴重な情報が共有され、未処理のデータが知識と洞察情報に変換されます。

詳しくはこちら >

Man in gray workshirt, handling controller in factory

ビデオ: 仮想化による産業用システムの統合

産業用システムの全体的なコストの削減および複雑さの軽減を実現するために、仮想化され統合されたマシン設計方式が採用されています。

詳しくはこちら >