Masthead Light

インテル® Galileo 開発ボード

インテル® Galileo ボードは、インテル® Pentium® ブランドの 32 ビットのシステム・オン・チップ (SoC) である、インテル® Quark SoC X1000 アプリケーション・プロセッサーをベースとしたマイクロコントローラー・ボードです。インテル® アーキテクチャーをベースとし、Arduino Uno* R3 用シールドとのピン互換性をハードウェアとソフトウェア両方のレベルで備えた初のボードです。

 

このプラットフォームは Microsoft Windows*、Mac OS*、Linux* の各ホスト・オペレーティング・システムをサポートしており、インテルのアーキテクチャーを利用した開発を容易にします。また、Arduino ソフトウェアの統合開発環境 (IDE) を簡素化する効果もあります。

 

インテル Galileo ボードは、Arduino ソフトウェア開発環境とのソフトウェア互換性を備えており、簡単に導入して活用することができます。ハードウェアとソフトウェア両方のレベルにおいて Arduino との互換性を持つとともに、PC 業界標準の各種 I/O ポートおよび I/O 機能も備えているため、Arduino シールドのエコシステム外でもネイティブの用途と機能を発揮します。フルサイズの mini-PCI Express* スロット、100 Mb イーサネット・ポート、micro-SD スロット、RS-232 シリアルポート、USB ホストポート、USB クライアント・ポート、8 MB NOR フラッシュを標準で搭載しています。

 

この SoC は、インテル® 純正プロセッサーおよび周辺のネイティブ I/O 機能により、開発者のコミュニティーにも学生にもフル機能を提供します。また、より複雑なインテル® Atom™ プロセッサーやインテル® Core™ プロセッサー・ベースを設計するための、簡単でコスト効果の高い開発環境を探しているプロの開発者にも便利です。

 

インテル Galileo のブロック図

物理的特徴

  • USB コネクター、UART ジャック、イーサネット・コネクター、電源ジャックの領域を拡大し、長さ 10 cm×幅 7 cm を確保
  • 4 つのねじ穴で表面またはケースに装着可能
  • リセットボタンにより、スケッチと接続シールドをリセット可能


プロセッサーの機能

  • 命令セット・アーキテクチャー (ISA) 互換 32 ビット インテル® Pentium® プロセッサー
    • 16 KB L1 キャッシュ
    • 512 KB のオンダイ・エンベデッド SRAM
    • シングルスレッド、シングルコア、一定の動作周波数でプログラミングが簡単
    • ACPI 互換の CPU スリープステートをサポート
    • 統合型リアルタイム・クロック (RTC)、電源オフ時用の 3 V コイン型電池付き (オプション)
    • 動作周波数 400 MHz


ストレージオプション

  • ファームウェア (ブートローダー) および最新のスケッチを格納する 8 MB レガシー SPI フラッシュ
    • 256 KB ~ 512 KB のスケッチ格納専用メモリー
    • 512 KB のエンベデッド SRAM
    • 256 MB DRAM
    • 最大 32 GB の micro SDカード (オプション)
    • USB 2.0 互換ドライブ対応 USB ストレージ
    • EEPROM ライブラリーを使ってプログラム可能な 11 KB EEPROM

リソース

発注する

インテル® Galileo 開発ボードを購入できます。

Mouser に発注する >

インテル® Quark SoC

インテル® Quark テクノロジー:製品概要

PDF を見る >