• <Intel.co.jp のその他の情報

インテル® Xeon® プロセッサー、第 2 世代インテル® Core™ プロセッサー、インテル® Pentium® プロセッサー、インテル® Celeron® プロセッサーとインテル® C206 チップセット

以前の開発コード名 Bromolow (Sandy Bridge + Cougar Point)

これらのクアッドコア・プロセッサーは、高度なメディア、高速パフォーマンス、およびセキュリティー強化用として、インテル® HD グラフィックス P3000/2000、インテル® アドバンスト・ベクトル・エクステンション、およびインテル® AES New Instructions をサポートしています。また、フレキシブル 20 レーン PCI Express* 機能および DDR3 メモリーもサポートします。ビデオを見る

  • メモリーエラー訂正機能: システムリセットを要さずにメモリーエラーを訂正 (Error Correcting Code (ECC))
  • インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0: 仕様の上限値と比較して温度に余裕がある場合に動作周波数を引き上げ、アプリケーションをより高速に実行できます
  • インテル® vPro™ テクノロジー: セキュリティーやリモート管理といった重要な機能を従来になくハードウェアでサポートします
  • インテル® インテリジェント・パワー・テクノロジー: アーキテクチャーの改良により、アイドル状態での電力消費が削減されます

インテル® Xeon® E3 1200 番台搭載プラットフォーム 製品概要:  プレビュー |  ダウンロード

インテル® Xeon® プロセッサー E3-1200 ファミリー データシート、第 1 巻:  プレビュー |  ダウンロード

インテル® Xeon® プロセッサー E3-1200 ファミリー データシート、第 2 巻:  プレビュー |  ダウンロード

インテル® 6 シリーズ・チップセットおよびインテル® C200 シリーズ・チップセット データシート: データシート:  プレビュー |  ダウンロード

サポートされるシステムタイプ:

systemtype

インテリジェントな設計を実現

インテルとつながる

設計支援のリクエスト >

テクニカル・コミュニティーに参加 >

コンタクトオプションを見る >

ニュースレターを購読 >

組込み機器の専門家がチャットのお相手をします。

チャット (期間は月~金曜、言語は英語) を行うか、質問をお送りください

仕様

プロセッサー12345678910111213
プロセッサー・ナンバー 注文コード キャッシュ、動作周波数 電源 メモリー 製品テクノロジー
インテル® Xeon® プロセッサー E3-1275 CM8062307262003 8 MB、3.40 GHz 95 W DDR3-1066/1333 インテル® AES New Instructions、Error Correcting Code (ECC)、インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー、IA-64 アーキテクチャー、デマンド・ベース・スイッチング、インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー、インテル® トラステッド・エグゼキューション・テクノロジー、インテル® vPro™ テクノロジー、ダイレクト I/O 向けインテル® バーチャライゼーション・テクノロジー、エグゼキュート・ディスエーブル・ビット
インテル® Xeon® プロセッサー E3-1225 CM8062307262304 6 MB、3.10 GHz 95 W DDR3-1066/1333 インテル AES-NI、ECC、IA-64、デマンド・ベース・スイッチング、インテル・ターボ・ブースト・テクノロジー、インテル TXT、インテル vPro テクノロジー、インテル VT-d、エグゼキュート・ディスエーブル・ビット
インテル® Pentium® プロセッサー G850 CM8062301046204 3 MB、2.90 GHz 65 W DDR3-1066/1333 拡張版 Intel SpeedStep® テクノロジー、IA-64、エグゼキュート・ディスエーブル・ビット
インテル® Core™ i3-2120 プロセッサー CM8062301044204 3 MB、3.30 GHz 65 W DDR3-1066/1333 拡張版 Intel SpeedStep テクノロジー、インテル ハイパースレッディング・テクノロジー、IA-64、エグゼキュート・ディスエーブル・ビット
インテル® Celeron® プロセッサー G540 CM8062301046804 2 MB、2.50 GHz 65 W DDR3-1066 拡張版 Intel SpeedStep テクノロジー、IA-64、エグゼキュート・ディスエーブル・ビット
チップセット
製品 注文コード パッケージ 電源 機能
インテル® C206 チップセット BD82C206 BD82C206 6.1 W ECC、インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー 7.0、SATA ポート x 6、USB ポート x 14、PCI Express* (PCIe*) I/O ポート x 8 をサポート  

ブロック図

インテル® Xeon®、第 2 世代インテル® Core™、インテル® Pentium®、およびインテル® Celeron® プロセッサーとインテル® C206 チップセット (以前の開発コード名 Bromolow (Sandy Bridge + Cougar Point))

このブロック図には、表示されているインテル® プロセッサー・プラットフォームの機能と接続が記述されています。これらのクアッドコア・プロセッサーでは、インテル® HD グラフィックス P3000/2000、インテル® アドバンスト・ベクトル・エクステンション、およびインテル® AES (高度なメディア、高速パフォーマンス、およびセキュリティー強化用の新しい命令) をサポートします。また、フレキシブル 20 レーン PCI Express* 機能および DDR3 メモリーもサポートします。

フルサイズで表示 >

対応する製品

ツール & ダウンロード

詳細情報を表示

設計リソース

免責事項

open

1. この Web サイトのフォームによりインテルに提供された情報は、インテル® エンベデッド・デザイン・センター・プライバシー・ステートメント: http://www.intel.com/content/www/us/en/intelligent-systems/edc-privacy.html (英語) に従って取り扱われます。

2. インテル・プロセッサー・ナンバーはパフォーマンスの指標ではありません。プロセッサー・ナンバーは同一プロセッサー・ファミリー内の製品の機能を区別します。異なるプロセッサー・ファミリー間の機能の区別には用いません。詳細については、www.intel.com/content/www/us/en/processors/processor-numbers.html を参照してください。

3. エグゼキュート・ディスエーブル・ビットを利用するにはエグゼキュート・ディスエーブル・ビットに対応したシステムが必要です。お使いのシステムにこの機能が搭載されているかは、各 PC メーカーにお問い合わせください。詳細については、http://www.intel.com/technology/xdbit/index.htm (英語) を参照してください。

4. インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー (インテル® HT テクノロジー) を利用するには、同テクノロジーに対応するシステムが必要です。詳しくは各 PC メーカーへお問い合わせください。性能は、使用するハードウェアやソフトウェアによって異なります。インテル® ハイパースレッディング・テクノロジーは、旧世代のインテル® Core™ i5-750 プロセッサーでは利用できません。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/hyper-threading/hyper-threading-technology.html を参照してください。

5. インテル® vPro™ テクノロジーは高度な機能であり、利用するにはセットアップと有効化を行う必要があります。利用できる機能と得られる結果は、ハードウェア、ソフトウェア、IT 環境のセットアップと構成によって異なります。詳細については、 http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/vpro/vpro-technology-general.html を参照してください。

6. インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジーを利用するには、インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジーに対応したチップセット、ネットワーク・ハードウェア、ソフトウェアを搭載し、インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジーの機能が有効化されたシステムが、企業 LAN に接続されている必要があります。ノートブック PC の場合、ホスト OS ベースの VPN 上や、ワイヤレス接続時、バッテリー駆動時、スリープ時、ハイバネーション時、電源切断時には、インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジーを利用できないことや、一部の機能が制限されることがあります。実際の結果はハードウェア、セットアップ、構成によって異なります。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/intel-active-management-technology.html を参照してください。

7. インテル® アンチセフト・テクノロジーを利用するには、同テクノロジーに対応したチップセット、BIOS、ファームウェア、ソフトウェアを搭載したシステムと、同テクノロジーに対応したサービス・プロバイダーのサービスへの加入が必要です。すべての条件下で絶対的なセキュリティーを提供できるシステムはありません。提供状況と機能については、各システムメーカーとサービス・プロバイダーにお問い合わせください。データやシステムの紛失や盗難など、サービス利用の結果生じたいかなる損害に対しても、インテルは責任を負いません。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/anti-theft/anti-theft-general-technology.html (英語) を参照してください。

8. インテル® ハイデフィニション・オーディオ (インテル® HD オーディオ) 対応システムが必要です。詳細については、各 PC メーカーにお問い合わせください。音質は機器および実際のインプリメンテーションによって異なります。インテル® HD オーディオの詳細については、http://www.intel.com/design/chipsets/hdaudio.htm (英語) を参照してください。

9. インテル® 64 アーキテクチャーを利用するには、64 ビットに対応したプロセッサー、チップセット、BIOS、ソフトウェアを搭載するシステムが必要です。性能は、使用するハードウェアやソフトウェアによって異なります。詳細については、各 PC メーカーにお問い合わせください。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/microarchitecture/intel-64-architecture-general.html を参照してください。

10. インテル® ステーブル・イメージ・プラットフォーム・プログラム。インテル® SIPP ガイドラインを満たしたシステムの提供状況については、各 PC メーカーにお問い合わせください。インテル® SIPP はクライアント PC のみを対象にしたプログラムであり、サーバーやインテル® ベースのハンドヘルド機器やハンドセットには適用されません。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/computer-upgrades/pc-upgrades/sipp-intel-stable-image-platform-program.html を参照してください。

11. すべての条件下で絶対的なセキュリティーを提供できるコンピューター・システムはありません。インテル® トラステッド・エグゼキューション・テクノロジー (インテル® TXT) を利用するには、インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー、インテル® TXT に対応したプロセッサー、チップセット、BIOS、Authenticated Code モジュール、インテル® TXT に対応した Measured Launched Environment (MLE) を搭載するコンピューター・システムが必要です。さらに、インテル® トラステッド・エグゼキューション・テクノロジーを利用するには、システムが TPM v1.s を搭載している必要があります。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/data-security/security-overview-general-technology.html を参照してください。

12. インテル® バーチャライゼーション・テクノロジーを利用するには、同テクノロジーに対応したインテル® プロセッサー、BIOS、および仮想マシンモニター (VMM) を搭載したコンピューター・システムが必要です。機能性、性能もしくはその他の特長は、ご使用のハードウェアやソフトウェアの構成によって異なります。ご利用になる OS によっては、ソフトウェア・アプリケーションとの互換性がない場合があります。各 PC メーカーにお問い合わせください。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/virtualization/virtualization-technology/hardware-assist-virtualization-technology.html を参照してください。

13. インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーを利用するには、同テクノロジーに対応したシステムが必要です。各 PC メーカーにお問い合わせください。実際の性能はハードウェア、ソフトウェア、システム構成によって異なります。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/turbo-boost/turbo-boost-technology.html を参照してください。