新しいテクノロジーで進化する脳外科手術の現場

学校法人 東京女子医科大学 先端生命医科学研究所では、脳外科手術の現場に、インテル® RealSense™ テクノロジーを導入。手術室の限られた空間でジェスチャーよるコンピューター操作を可能にしました。これにより、術者は術場を離れることなく、必要な画像やさまざまな情報を自分の意志でコントロールできるようになりました。この新しいテクノロジーを活用することで、手術をより精密かつ正確に行うことができ、医療安全という側面にも大きく貢献できると期待を寄せています。